Windows 10 でぼやけて表示されるアプリを修正する

適用対象: Windows 10

PC に複数のディスプレイを接続している場合や、ディスプレイの構成が変更された場合は、一部のデスクトップ アプリがぼやけて表示されることがあります。Windows 10 (Version 1803 以降) では、この問題を自動的に解決できるため、アプリはぼやけて表示されません。Windows ですべてのアプリを修正できるとは限らないため、アプリによっては、高解像度ディスプレイでぼやけて表示されたままになる場合があります。

この現象が発生する状況の例を次に示します。

  • 高解像度のディスプレイでアプリを開いた後、そのアプリを異なる解像度のディスプレイに移動した場合。
  • ノート PC またはタブレットを異なる解像度のディスプレイにドッキングし、[セカンド スクリーンのみ] モードで表示した場合。
  • 別の PC にリモート接続し、接続先のディスプレイの解像度が接続元と異なっている場合。

ぼやけて表示されるアプリを修正する


ぼやけて表示されるアプリに関する通知をオンまたはオフにする


ぼやけて表示されるアプリの自動修正に関する通知は便利ですが、通知を表示したくない場合もあります。通知をオフにするには、次の 2 つの方法があります。

  • [スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [システム]  > [通知とアクション] の順に選択して、[ディスプレイ設定] をオフにします。
  • [アクション センター]  を選択し、[集中モード] を選択します。この Windows 10 機能を使用すると、通知が表示されるタイミングを管理できます。詳しくは、「Windows 10 で集中モードのオンとオフを切り替える」をご覧ください。