Exchange Server 2010 Service Pack 3 用の更新プログラム ロールアップ 22

適用対象: Exchange Server 2010 Service Pack 3Exchange Server 2010 EnterpriseExchange Server 2010 Standard

Microsoft Exchange Server 2010 サービス パック 3 (SP3) 用の更新プログラムのロールアップ 22 は、2018 年 6 月 19 日にリリースされました。この更新プログラムをインストールする前にExchange Server 2010 の SP3 のすべての中間更新プログラムを削除する必要があります。また、この更新プログラムをインストールする方法に関する重要な情報を参照してください。この累積的な更新プログラムには、セキュリティ以外の問題に対する修正プログラムとセキュリティとセキュリティ以外の問題のすべての以前にリリースされた修正プログラムが含まれています。これらの修正プログラムは、それ以降のExchange Server 2010 の累積的な更新にも含まれます。

この更新プログラムには、Exchange Server 2010 Service Pack 3 用の新しい夏時間 (DST) の更新プログラムも含まれています。 DST の詳細については、「Daylight Saving Time Help and Support Center」(英語情報) を参照してください。  

Exchange Server 2010 の SP3 の更新プログラムのロールアップ 22 を取得します。


Microsoft ダウンロード センター

更新プログラムのロールアップは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード可能なだけです。

この累積的な更新プログラムで修正される問題


この累積的な更新プログラムには、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている問題が修正されます。

  • 4295751 EWS の偽装が Exchange Server 2010 の SP3 では、別のサイト内のリソース メールボックスにアクセスするときに動作していません

更新プログラムの詳細情報


必要条件

Exchange 内で使用するコンポーネントには、Exchange Server をインストールする新しい Visual C++ の前提条件が必要です。2013 を Visual Studio の Visual C++ の再頒布可能パッケージには、前提条件をダウンロードできます。詳細については、 KB 4295081を参照してください。

インストール手順

Exchange Server 2010 の最新の更新プログラムのロールアップをインストールする方法については、こちらを参照してください。

また、以下の更新プログラムのインストール シナリオも参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用した後、必要なサービスが自動的に再起動されます。

アンインストール情報

Exchange Server 2010 の SP3 用の更新プログラムのロールアップ 22 を削除するのには 4295699 の更新プログラムを削除するのにはコントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目を使用します。

詳細情報


Windows Server 2012 の DBCS バージョンにこの更新プログラムをインストールする方法

インストールまたは非 Unicode プログラムの言語の優先順位は、既定の言語に設定されている場合、2 バイト文字セット (DBCS) バージョンの Windows Server 2012 で Exchange Server 2010 の SP3 の更新プログラム ロールアップ 22 をアンインストールすることはできません。この問題を回避するには、最初にこの設定を変更する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. コントロール パネルで、[時計、言語、および地域]、[地域]、[管理] の順に選択します。   
  2. [Unicode 対応でないプログラムの言語] 領域で [システム ロケールの変更] を選択します。   
  3. [現在のシステム ロケール] ボックスの一覧で、[英語 (米国)] を選択し、[OK] を選択します。    
正常にインストールまたは更新プログラム ロールアップ 22 のアンインストールを行う後この言語を必要に応じて設定を元に戻します。

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。