2018 年 7 月 25 日 — KB4340917 (OS ビルド 17134.191)

適用対象: Windows 10, version 1803

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • プロビジョニング パッケージ更新プログラム (PPKG) をインストールした後、Active Directory または Hybrid AADJ++ ドメイン内のデバイスが、Microsoft Intune やサード パーティの MDM サービスから意図せず登録が解除される問題を修正します。 この問題は、Auto MDM Enrollment with AAD Token (AAD トークンを使用して MDM を自動登録する) グループ ポリシーの対象となるデバイスで発生します。  この問題の回避策としてスクリプト Disable-AutoEnrollMDMCSE.PS1  を実行した場合はこの更新プログラムのインストール後に、管理者モードの PowerShell ウィンドウから Enable-AutoEnrollMDMCSE.PS1  を実行してください。

  • 更新されたタイム ゾーン情報に関するその他の問題を修正します。 
  • 有効な入力として EOF を処理するように Universal CRT Ctype ファミリの機能を改善します。 
  • "Push to Install" サービスの登録に関する問題を修正します。
  • ユーザーのログオン時とログオフ時に AppData\Local フォルダーと AppData\Locallow フォルダーが正しく同期されないローミング ユーザー プロファイルの問題を修正します。  詳細については、KB4340390 を参照してください。 
  • Bluetooth 接続に Quality of Service (QoS) パラメーターを使用する周辺機器に関連する問題を修正します。 
  • SQL Server のメモリ使用量が時間の経過と共に増加する問題を修正します。この問題は、証明書がある対称キーを使用してデータを暗号化するときに、 再帰的なループで対称キーを開いて閉じるクエリを実行した場合に発生します。 
  • SSO が有効なワイヤレス PEAP 環境で無効なパスワードを使用すると、その無効なパスワードで 2 つの認証要求が送信される問題を修正します。 余計な認証要求があると、アカウント ロックアウトのしきい値が低い環境で早くアカウント ロックアウトが発生する可能性があります。 変更を有効にするには、regedit を使用して HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RasMan\PPP\EAP\26 に新しいレジストリ キー DisableAuthRetry (Dword) を追加し、値を 1 に設定します。   
  • OpenType フォントが Win32 アプリケーションで印刷されない問題を修正します。 
  • LogOnly モードで有効な場合、メモリ リークを引き起こす DNS の Response Rate Limiting に関する問題を修正します。 
  • セカンダリ モニター上でアプリ ウィンドウを最大化すると黒い画面が表示される RemoteApp セッションの問題を修正します。 
  • Microsoft Outlook などのアプリケーションで、日本語入力中に文字列が意図せず確定される IME の問題を修正します。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

2018 年 7 月の .NET Framework セキュリティ更新プログラムのいずれかをインストールすると、“アクセスが拒否されました”、“クラスが登録されていません”、または“不明な理由で内部エラーが発生しました” というエラーのため、COM コンポーネントが読み込まれません。 最も一般的な失敗の特徴は次のとおりです。

例外の種類: System.UnauthorizedAccessException

メッセージ: アクセスが拒否されました。 (HRESULT からの例外: 0x80070005 (E_ACCESSDENIED))

この問題は KB4343909 で解決されています。

この更新プログラムをインストールすると、Windows が Wi-Fi または VPN 接続を認証するために使用される Personal Information Exchange (PFX) 証明書を認識しなくなります。 その結果、Microsoft Intune は必要な証明書がデバイス上にあることを認識しないため、ユーザー プロファイルの配信にかなりの時間を要します。 この問題は KB4464218 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4340917 のファイル情報をダウンロードしてください。