2018 年 8 月 31 日 — KB4346783 (OS ビルド 17134.254)

適用対象: Windows 10, version 1803

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • アプリケーションがちらつく原因となる Microsoft Foundation Class アプリケーションの問題を修正します。  
  • 透明なオーバーレイ ウィンドウがある Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションで、タッチ イベントとマウス イベントが異なる方法で処理される問題を修正します。 
  • ウィンドウの入れ子が深いアプリケーションの信頼性の問題を修正します。 
  • 入力が大量の場合に FMOD の AMD64 固有の実装が誤った結果を返すことがある Universal CRT の問題を修正します。 FMOD は、Universal C ランタイムを使用する JavaScript および Python 実装で剰余演算子の実装によく使用されます。 
  • _get_pgmptr() 関数が空の文字列を返す原因となる Universal CRT の問題を修正します。 
  • C ロケールの使用時に isprint() がタブに対して TRUE を返す Universal CRT の問題を修正します。 
  • 秘密キーが TPM 2.0 デバイスに格納されている場合に、Microsoft Edge または他の UWP アプリケーションがクライアント認証を実行できない問題を修正します。 
  • 2018 年 4 月の更新プログラムをインストールした後に、"アクセスが拒否されました" エラーでコンピューター証明書の登録または更新が失敗する問題を修正します。 この問題は、レジストリ プロセスのプロセス ID (PID) が SYSTEM 以外の他のすべてのプロセスよりも低い場合に発生します。 
  • CAPI 復号化操作が完了した後に、復号化されたデータがメモリから消去されないことがある問題を修正します。 
  • コードの整合性ポリシーが完了した後、アプリケーションが正しく動作するために必要なすべてのファイルが Device Guard PackageInspector.exe アプリケーションに含まれない問題を修正します。 
  • ユーザーがサインインした後に一部のネットワーク プリンターが接続されない問題を修正します。HKEY_USERS\User\Printers\Connections キーは、影響を受けるユーザーの正しいネットワーク プリンターを示しています。ただし、このレジストリ キーのネットワーク プリンターの不足している一覧は、Microsoft メモ帳、デバイスとプリンターなど、どのアプリでも読み込まれません。  プリンターが表示されなくなったり機能が停止したりすることがあります。 
  • 32 ビット アプリケーションが (通常は LogonUser を呼び出して) 他のユーザーを偽装するときに、64 ビット OS で印刷できない問題を修正します。 この問題は、2017 年 8 月にリリースされた KB4034681 以降のマンスリー更新プログラムをインストールした後に発生します。 影響を受けるアプリケーションの問題を解決するには、この更新プログラムをインストールし、次のいずれかを実行します。
    • Microsoft Application Compatibility Toolkit を使用して、Splwow64Compat App Compat Shim をグローバルに有効にします。
    • 次のレジストリ設定を使用し、32 ビット アプリケーションを再起動します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Print Setting: Splwow64Compat

種類: DWORD

値 1: 1     

  • 認証前にユーザーが資格情報を保存すると、Wi-Fi EAP-TTLS (CHAP) 認証が失敗する問題を修正します。 
  • ストップ コード ”0xD1 DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL” で 802.1x 拡張認証プロトコル (EAP) が有効になっているデバイスがランダムに動作を停止する問題を修正します。 この問題は、カーネル メモリ プールが破損した場合に発生します。 通常、クラッシュは nwifi.sys で発生します。
  • DHCP スコープ設定を変更した後、予約から動的ホスト構成プロトコル (DHCP) オプションが削除されることがある問題を修正します。
  • 今後の Windows 10 クライアント エンタープライズ LTSC および Windows Server エディションをサポートするようにキー管理サービス (KMS) を拡張します。 詳細については、KB4347075 を参照してください。 
  • [新しい Application Guard ウィンドウ] を使用しているときに Microsoft Edge が起動できなくなる可能性のある問題を修正します。 

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
この更新プログラムをインストールすると、Windows が Wi-Fi または VPN 接続を認証するために使用される Personal Information Exchange (PFX) 証明書を認識しなくなります。 その結果、Microsoft Intune は必要な証明書がデバイス上にあることを認識しないため、ユーザー プロファイルの配信にかなりの時間を要します。 この問題は KB4464218 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4346783 のファイル情報をダウンロードしてください。