ユーザー アカウント制御の設定について


スライダーを動かして、ユーザー アカウント制御によって、有害な可能性のある変更からどの程度保護するかを選びます。以下では、各オプションについて詳しく説明します。

  • [常に通知する] は、以下の場合に選びます。
    • プログラムがコンピューターにソフトウェアをインストールしたり、変更を加えたりしようとしたときに通知を表示する。
    • ユーザーが Windows 設定を変更しようとしたときに通知を表示する。
    • 応答するまで他のタスクを実行できないようにする。
    • 注意: このオプションは、定期的に新しいソフトウェアをインストールしたり、知らない Web サイトにアクセスしたりする場合に推奨されます。
  • [プログラムがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する] は、以下の場合に選びます。
    • プログラムがコンピューターにソフトウェアをインストールしたり、変更を加えたりしようとしたときに通知を表示する。
    • ユーザーが Windows 設定を変更しようとしたときに通知を表示しない。
    • 応答するまで他のタスクを実行できないようにする。
    • 注意: このオプションは、定期的に新しいソフトウェアをインストールしたり、知らない Web サイトにアクセスしたりするが、自分で Windows 設定を変更するときは通知を表示しない場合に推奨されます。
  • [プログラムがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (デスクトップを暗転しない)] は、以下の場合に選びます。
    • プログラムがコンピューターにソフトウェアをインストールしたり、変更を加えたりしようとしたときに通知を表示する。
    • ユーザーが Windows 設定を変更しようとしたときに通知を表示しない。
    • 他のタスクを実行できないようにしたり、応答を待機したりしない。
    • 注意: このオプションは、コンピューターのデスクトップが暗転する際に時間がかかる場合にのみ推奨されます。それ以外の場合、上記のいずれかのオプションを選ぶことをお勧めします。
  • [通知しない (UAC 無効)] は、以下の場合に選びます。
    • プログラムがコンピューターにソフトウェアをインストールしたり、変更を加えたりしようとしたときに通知を表示しない。
    • ユーザーが Windows 設定を変更しようとしたときに通知を表示しない。
    • 他のタスクを実行できないようにしたり、応答を待機したりしない。
    • 注意:: このオプションは、セキュリティ上の問題があるため推奨されません。
  • さらにヘルプが必要な場合は、Microsoft コミュニティで質問してください。