Windows 10 のアプリの診断とプライバシー

適用対象: PrivacyWindows 10

Windows 10 のアプリは、干渉し合わないように、よく考えて分離されています。ただし、他に実行中のアプリについて、ある種の情報を参照することが便利な場合があります (たとえば、診断ツールでは実行中のアプリの一覧を取得できると便利です)。これは特に、アプリの開発中や、実行中のアプリについて簡単な情報をレポートするタスク マネージャーなどのアプリで役に立ちます。特定のアプリが他のアプリについての情報を取得することを不安に思う方もいますが、Windows では、このような他の実行中のアプリに関する情報を取得できるアプリを、設定からいつでも制御できます。

職場から割り当てられたデバイスを使っている場合や、個人用のデバイスに職場アカウントを追加している場合は、アプリの診断の制御が既に無効にされていることがあります。この場合、[アプリの診断] の設定ページの上部に "一部の設定は組織によって管理されています" というメッセージが表示されます。

公開される情報

アプリの診断で公開される情報は、次のような、ごく一部の情報のみです。

  • 実行中の各アプリの名前。
  • 実行中の各アプリのパッケージ名。
  • アプリを実行しているアカウントのユーザー名。
  • アプリのメモリ使用量、および開発中に通常使われるその他のプロセス レベルの情報。

アプリの診断を使うことができるアプリを管理する方法

通常、特定のアプリやサービスを許可またはブロックするには、次のようにします。

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [アプリの診断] の順に選択します。
  2. [アプリが他のアプリに関する診断情報にアクセスできるようにする]オンになっていることを確認します。
  3. [他のアプリに関する診断情報にアクセスできるアプリを選ぶ] で、個々のアプリとサービスの設定をオンまたはオフにします。

ほとんどのアプリに対してアプリの診断情報の取得をブロックするには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [アプリの診断] の順に選択します。
  2. [アプリが他のアプリに関する診断情報にアクセスできるようにする]オフになっていることを確認します。これにより、お使いのアカウントではそのデバイスのアプリの診断が無効になりますが、他のユーザーが各自のアカウントでサインインしたときはアプリの診断を有効にできます。

アプリの診断のプライバシー設定の例外

デスクトップ アプリは [他のアプリに関する診断情報にアクセスできるアプリを選ぶ] の一覧に表示されず、[アプリが他のアプリに関する診断情報にアクセスできるようにする] の設定によって影響を受けません。デスクトップ アプリを許可またはブロックするには、各アプリケーションの設定を使います。