Windows 10 の診断、フィードバック、プライバシー

適用対象: PrivacyWindows 10

Windows 10 デバイスの状況は、診断とフィードバックによって Microsoft に送信されます。

Microsoft では、お客様が使用する Windows の診断情報を収集することで、また、お客様の声に耳を傾けるため、いつでも Microsoft にフィードバックをお送りいただけるようになっています。さらに、特定のタイミングに、何らかの機能がうまく動作しているかどうかをお尋ねする具体的な質問を Windows 10 に表示するなどの方法でもフィードバックをお願いしています。

収集されるデータと収集の理由

この診断データは、以下で詳しく説明するように、Windows を安全かつ最新の状態に保ち、問題点のトラブルシューティングを行い、製品の機能強化を行うことを目的として、Microsoft で使用されます。オプションの診断データを送信することを選択したかどうかに関係なく、デバイスはセキュリティで保護され、正常に動作します。このデータは Microsoft に送信され、1 つ以上の固有の識別子と共に保存されます。これらの識別子によって、個別のデバイスの個別のユーザーを識別し、デバイスのサービス問題および使用パターンを理解することが可能になります。

  • 必須の診断データは、デバイス、その設定と機能、正常に機能しているかどうかに関する情報です。これは、デバイスの信頼性、セキュリティ、正常な動作を保つのに最小限必要な診断データです。
  • オプションの診断データには、デバイスとその設定、機能、デバイスの正常性に関する追加の詳細情報が含まれます。オプションの診断データには、参照している Web サイト、デバイスのアクティビティ ("使用状況" とも呼ばれます)、および高度なエラー レポートに関する情報も含まれます。オプションの診断データには、システムやアプリがクラッシュしたときのデバイスのメモリの状態も含まれる可能性があります (この中には、問題の発生時に使用していたファイルの一部が意図せず含められる場合があります)。必須の診断データは、オプションの診断データを送信するように選択した場合に常に含まれます。必須の診断データのみを送信した場合でもデバイスは安全かつ正常に動作しますが、オプションの診断データを送信することを選択した場合に収集される追加情報により、Microsoft が問題を特定して修正し、Windows をご利用のすべてのお客様のメリットとなる製品強化を行いやすくなります。

オプションの診断データを送信することを選択した場合でも、前述のデータの一部がデバイスから収集されないことがあります。Microsoft では、オプションの診断データの一部を限られたデバイス (サンプル) からのみ収集することで、すべてのデバイスから収集するデータの量を最小限に抑えています。診断データ ビューアーを実行することで、お使いのデバイスがサンプルに含まれているかどうかと、デバイスからどのようなデータが収集されているかを示すアイコンを表示できます。診断データ ビューアー ツールをダウンロードする手順については、[スタート]  > [設定]  > [プライバシー]  > [診断 & フィードバック] をご覧ください。

Windows 診断で収集される特定のデータ項目は、記載された目的で必要なデータを Microsoft が柔軟に収集できるようにするため変更される可能性があります。たとえば、Microsoft がユーザーのコンピューター利用体験に影響を与える最新のパフォーマンスの問題をトラブルシューティングしたり、新たに販売される Windows 10 デバイスを更新したりできるようにするため、Microsoft が以前に収集していなかったデータ項目を必要とする可能性があります。必須の診断データとオプションの診断データで収集されるデータ タイプの最新の一覧については、Windows の必須 ([基本] レベル) 診断イベントおよびフィールドに関するページと Windows 10 オプション ([完全] レベル) の診断データに関するページをご覧ください。 

Microsoft では、必須の診断データを使って Windows デバイスを最新の状態に保ちます。以下の情報が使用されます。

  • デバイスで発生している問題を更新プロセスで修正できるかどうかを判断するのに役立つ基本的なエラー情報。
  • デバイスが次のオペレーティング システムやアプリのリリースに対応していて互換性があるかどうか、および更新可能かどうかを調べるのに役立つ、デバイスとその設定および機能に関する情報 (デバイスにインストールされているアプリケーションやドライバーなど)。
  • デバイスの更新プロセスがダウンロード、インストール前、インストール後、再起動後、セットアップの各段階を順調に進んでいるかどうかを調べるのに役立つ、更新プロセス自体からのログ情報。
  • 更新の展開が成功したかどうかを評価し、更新の成功と失敗に関連するデバイスの特性 (ハードウェア、周辺機器、設定、アプリケーションなど) を調べるのに役立つ、すべての Windows デバイスにおける更新のパフォーマンスに関するデータ。
  • アップグレードに失敗したデバイスとその理由について、同じアップグレードを再度提供するかどうかを判断するのに役立つデータ。

Microsoft では、必須の診断データとオプションの診断データの両方を、Windows と関連する製品やサービスの信頼性とセキュリティを保つために問題をトラブルシューティングする目的で使用します。

必須の診断データは次の目的で使用されます。

  • お客様が使用している膨大な数のハードウェア、システム、ソフトウェアの組み合わせを把握する。
  • 特定のハードウェア、システム、ソフトウェアの組み合わせに基づいて問題を分析し、特定または限定された一連のデバイスのどこで問題が発生しているかを特定する。
  • アプリやプロセスでパフォーマンスの問題 (アプリのクラッシュやハングなど) が発生しているかどうか、デバイスでクラッシュ ダンプ ファイルがいつ作成されているかを特定する (クラッシュ ダンプ自体は、オプションの診断データを送信することを選択するなど、追加のアクセス許可なしでは収集されません)。
  • 診断送信システム自体の有効性を理解し、問題を修正する。

Microsoft では、ユーザーがオプションの診断データを送信することを選択した場合に収集される追加データを使用して、より迅速に問題を特定し解決できるようにしています。

以下の情報が使用されます。

  • 問題の原因となったアプリでユーザーが行っていた操作と、デバイスで実行されている他のアプリやプロセスの影響についてわかることを理解するのに役立つ、アプリのアクティビティに関する情報。
  • アプリケーションのパフォーマンスの問題に関して収集するデータについて理解し、修正するのに役立つ、デバイスの正常性に関する情報 (バッテリ レベルや入力に対するアプリケーションの反応速度など)。
  • エラーやクラッシュが発生した特定の条件に関連するデータを理解するのに役立つ、高度なエラー レポートやクラッシュ ダンプに含まれる情報。

必須の診断データは、Windows を強化する目的で使用されます。また、オプションの診断データは、Windows と関連する製品やサービスを強化する目的で使用されます。

Microsoft では、必須の診断データを、Windows デバイスの最新かつ安全な状態の確保、問題解決、アクセシビリティ、信頼性、パフォーマンス、既存の Windows 機能の強化、アプリやドライバーおよび他のユーティリティの互換性、プライバシー、エネルギー効率に関連した製品向上を目的として使用します。

Microsoft では、必須の診断データを以下の目的で使用します。

  • お客様のデバイス、周辺機器、および設定 (とその構成) に関する情報は、多くの Windows 10 ユーザーに最も大きいプラスの効果をもたらす機能強化を判断するために、製品向上に優先順位を付ける目的で使用されます。
  • デバイスにインストールされているアプリに関する情報は、人気のアプリのアプリ互換性テストと機能強化に優先順位を付けるために使用されます。

オプションの診断データを送信することを選択した場合に収集される追加データは、Windows と関連する製品やサービスにとってより有用な機能強化を実現するために使用されます。

  • アプリのアクティビティ情報は、アプリ互換性テストに優先順位を付け、最も利用されているアプリや機能の強化を行うのに役立ちます。
  • デバイスの特性、構成、アプリのアクティビティがデバイスの正常性に与える影響に関する情報 (バッテリー残量など) は、分析を行って、Windows デバイスのパフォーマンスを高める変更を加えるために使用されます。
  • Microsoft ブラウザーでの閲覧履歴に関する統計情報は、より効果的な検索結果を提供できるよう Bing の検索アルゴリズムの調整に使用されます。

デバイスが組織の IT 部門によって管理されている場合は、デバイスで設定されているグループ ポリシーで診断データが管理される方法について追加の変更点がある場合があります。詳しくは、「組織内の Windows 診断データの構成」をご覧ください。企業がデバイスの管理を Microsoft に依頼する場合は、Microsoft で企業のデバイスを管理、監視、トラブルシューティングするために診断およびエラー データを使用します。

[エクスペリエンスのカスタマイズ] をオンにすることを選択した場合、ユーザーのニーズに応じて Microsoft の製品やサービスを強化するため、Windows 診断データ (選択内容に応じて [基本] または [完全]) を使用してカスタマイズされたヒント、広告、推奨事項が表示されます。診断データの設定で [基本] を選んでいる場合、パーソナライズはデバイス、その設定と機能、正常に機能しているかどうかに関する情報に基づいて行われます。  [完全] を選んでいる場合、パーソナライズは閲覧した Web サイト、アプリや機能の使い方に関する情報に加えて、デバイスの正常性に関する追加情報にも基づいて行われます。ユーザーが [完全] を選択した場合に受け取ったクラッシュ ダンプ、音声、キー入力、手描き入力データの内容はカスタマイズに使用されません。 

エクスペリエンスのカスタマイズには、Windows のカスタマイズおよび最適化に関する提案と、Windows のエクスペリエンスに役立つ Microsoft やサード パーティの製品とサービス、機能、アプリ、ハードウェアに関する広告と提案が含まれます。たとえば、デバイスを最大限に活用できるように、ユーザーが知らない可能性のある機能や新機能について、情報が表示されます。Windows デバイスに問題が発生している場合は、ソリューションが提案されることもあります。ロック画面を写真でカスタマイズする、好きな種類の写真をもっと表示する、好きでない種類の写真を表示しないようにする、などの機会を提示されることもあります。ブラウザーで動画をストリーミングしている場合、より効率的なストリーミングが可能な Microsoft Store アプリが推奨されることもあります。または、ハード ドライブの領域が不足している場合は、Windows から OneDrive を試してみるように推奨されたり、ハードウェア容量を追加購入するように推奨されることもあります。

[手書き入力とタイプ入力を改善する] をオンにした場合、Microsoft では、手書き認識、オートコンプリート、次の単語の予測、スペル修正などの機能を強化するために、キー入力または手描き入力されたコンテンツのサンプルを収集します。このデータは集計データとして、手描き入力とキー入力のプラットフォーム品質を全体的に向上するために使用されます。Microsoft が手描き入力およびタイピング入力の診断データを収集すると、小さなサンプルに分割され、元の内容の再構築やユーザーとの関連付けにつながるような一意の識別子、シーケンス情報、その他のデータ (メール アドレス、数値など) は、処理によって取り除かれます。また、ユーザーが文章に行う手動変更や辞書に追加した単語など、関連するパフォーマンス データが含まれます。このデータはエクスペリエンスのカスタマイズには使用されません。

診断とフィードバックの設定を制御する方法

Windows 10 デバイスの最初のセットアップ時に、デバイスのプライバシー設定 ([診断データ] 設定を含む) を選択できます。これは、[基本] または [完全] に設定できます。

セットアップ時には、[エクスペリエンスのカスタマイズ][オン] または [オフ] にするかどうかを選択できます。新しいバージョンの Windows では、[手書き入力とタイプ入力を改善する][オン] または [オフ] にするかどうかを選択できます。

Windows 10 のセットアップ完了後にこれらの設定を変更する場合は、次のセクションの適切な手順に従います。

診断データの設定を変更するには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断 & フィードバック] の順に選択します。
  2. [診断データ] で、必要に応じてオプションを選択します。オプションが使用できない場合は、ご使用のデバイスが職場や組織によって管理されている可能性があります。その場合は、[診断 & フィードバック] 画面の上部に "一部の設定が組織によって非表示になっているか、管理されています" というメッセージが表示されます。

エクスペリエンスのカスタマイズの設定を変更するには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断 & フィードバック] の順に選択します。
  2. [エクスペリエンスのカスタマイズ] の下で、必要に応じて設定を選択します。

診断データを表示するには

診断データ ビューアーを使用すると、デバイスの診断データをリアルタイムで表示できます。表示できるデータは、診断データ ビューアーの実行中に利用できるデータのみであることに注意してください。診断データ ビューアーでは、診断データの履歴は表示できません。

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断 & フィードバック] の順に選択します。
  2. [診断データ ビューアー] 設定が [オン] になっていることを確認し、[診断データ ビューアー] を選択します。

診断データを削除するには

[診断データを削除します] で、デバイスの診断データを削除できます。このオプションを選択しても、ユーザー アカウントに関連付けられている診断データは削除されません。また、診断データの Microsoft への送信は停止されません。

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断 & フィードバック] の順に選択します。
  2. [診断データを削除します] で、[削除] を選択します。

Microsoft アカウントに関連付けられた追加の診断データを表示および制御するには、Microsoft プライバシー ダッシュボードにアクセスしてください。

入力および手書きサービスを全体的に向上させるために Microsoft が入力と手書きの情報を利用できないようにするには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断 & フィードバック] の順に選択します。
  2. [手描き入力とタイプ入力を改善する] の下で、必要に応じて設定を選択します。この設定が存在しない以前のバージョンの Windows では、[診断データ][基本] を選択します。

フィードバックを求められる頻度を変更するには

場合によっては、お使いの製品またはサービスについて、評価やフィードバックをお願いするメッセージが表示されることがあります。このようなフィードバックを求められる頻度を調整するには、[フィードバックを求められる頻度] の設定を使用できます。

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断 & フィードバック] の順に選択します。
  2. [フィードバックを求められる頻度] で、必要に応じてオプションを選択します。

フィードバックを自発的に送信するには

  1. 検索バーに、「フィードバック Hub」と入力します。
  2. 現在の問題に関するいくつかのキーワードを、"Windows の機能向上のため、フィードバックをお送りください" と表示されたボックスに入力して、Enter キーを押します。
  3. ご自分の問題が見つかったら、賛成票を投じます。見つからない場合は、[新しいフィードバックの追加] を選択し、フォームに記入します。