Windows 10 でスクリーンショットを取得してコメントを追加する方法

適用対象: Windows 10

何かをコピーする場合、画面のスナップショットを取得するのが最も簡単な方法であることがあります画面をキャプチャするには、既にキーボードの PrintScreen キーを使う方法がありますが、Windows ロゴ キー  + Shift + S キーを押すと、新しいモダンな切り取りエクスペリエンスが開き (切り取りバーとも呼ばれます)、カーソルをドラッグしてキャプチャする領域を選択できます 

ここでは、Windows 10 で切り取り & スケッチを使って、スクリーンショットを取得してコメントを追加する一般的な方法をいくつか紹介します

スクリーンショットを撮る


方法 1: 切り取り & スケッチ アプリを使う 

  • [スタート] ボタンを選択し、検索フィールドに「切り取り & スケッチ」と入力します。 

  • 切り取りバー[新規] ボタンを押して、切り取りを開始します 

 切り取りバーでは、次の種類の切り取り領域をキャプチャできます。 

  • 四角形の切り取り領域。オブジェクトの周りにカーソルをドラッグして四角形を描きます。 

  • 自由形式の切り取り領域。オブジェクトの周りに任意の図形を描きます。 

  • 全画面の切り取り領域。画面全体をキャプチャします。 

画面の領域を切り取ると、切り取った画像がクリップボードに追加され、すぐに別のアプリに貼り付けることができます。画面のプロンプトから、切り取り & スケッチ アプリを使ってコメントを付けることや、画像を保存または共有することもできます。

方法 2: PrintScreen キーを使う 

これまでも、PrintScreen キーで画面全体をキャプチャしてクリップボードに送ることができましたが切り取りバーを開くと、より多くの切り取りツールを使って正確な切り取りを行えます。画面キャプチャのオプションを制御しやすくするために、Windows ロゴ キー  + Shift + S を押す代わりに、PrintScreen キーを押して新しい切り取りバーを開くように設定できます。 

新しい切り取り機能のキーボード ショートカットを有効にするには、[スタート] [設定]  [簡単操作] [キーボード]  の順に選択します。

方法 3: Window ロゴ キー + Shift + S ショートカットを使う 

  • Windows ロゴ キー + Shift + S キーを押したままにすると、切り取りバーいつでも開くことができます。

切り取り & スケッチで切り取り領域にコメントを追加する


切り取り & スケッチでの編集用に画像を開く 

切り取り & スケッチから画像を開くには、[ファイルを開く] を選択するか、エクスプローラーやフォトなどのアプリから [切り取り & スケッチ] ウィンドウに画像をドラッグ アンド ドロップします。  

切り取り & スケッチで画像にコメントを追加する 

切り取り & スケッチには、画像にコメントを付けるためのツールとして、ペン、鉛筆、蛍光ペンが用意されています。いずれかのツールをクリックして選択したらもう一度クリックすると色や太さを変更できます。   

これらのツールはペン デバイスに適していますが、[タッチによる手書き] ボタン アイコンを選択すると、マウスやタッチ操作でも使用できます。

その他のツール 

  • 特定のストロークを削除するには、消しゴム ツールを使います。または、消しゴム ツールを 2 回クリックすると、すべてのインクを消去するオプションが表示されます。 
  • 直線や円弧を描くには、定規ツールまたは分度器ツールを使います。
  • 定規や分度器を非表示にするには、定規または分度器のボタンをもう一度押します。
  • 定規や分度器を配置または回転するには、2 本指のタッチ ジェスチャ ([タッチによる手書き] が選択されている場合) またはマウス ホイールを使います。
  • コメントを付けた画像をトリミングするには、トリミング ツールを使います。
  • トリミングを元に戻すには、もう一度トリミング ツールを選択し、[キャンセル] を押して、画像を元の領域全体に復元します。 

表示をパンする 

場合によっては、コメントを付けようとしている画像が [切り取り & スケッチ] ウィンドウよりも大きいことがあります。表示をパンするには、スクロール バーを使うことができるほか、タッチ入力を使うか ([タッチによる手書き] ボタンが選択されていない場合) Ctrl キーを押しながらマウス ボタンをドラッグする方法もあります。  

拡大

、虫めがねアイコンを使ってスクリーンショットを拡大または縮小すると、書き込みが容易になります。Ctrl キーを押しながら + ボタンまたは-ボタンをタップすることで、スクリーンショットを拡大または縮小することもできます。

切り取り領域を保存および共有する 

切り取り & スケッチでは、コメント付きの切り取り領域を開いたときと編集を行うごとに、その画像がクリップボードにコピーされます切り取り & スケッチを使って、コメント付きの画像をファイルに保存したり共有して別のアプリで開いたり紙への印刷や pdf ファイルへの出力を行ったりすることもできます。  

切り取り & スケッチでキーボードを使う 

コメントを付けるにはペンやマウスが最適ですが、切り取り & スケッチには多数のキーボード ショートカットも用意されています。Alt キーを押したままにすると、アクセス キーがアクティブになります。  

切り取り & スケッチで使用できるキーボード ショートカット


 ショートカット キー 

 操作 

Ctrl + N 

新しい切り取り領域を作成する 

Ctrl + O 

ファイルを開く 

 Shift + 方向キー 

 カーソルを動かして四角形の切り取り領域を選択する 

Ctrl + E 

消しゴムを選択する 

 Ctrl + P 

 コメントを印刷する 

 Ctrl + Z 

 コメントを元に戻す