Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1 および Windows Server 2008 SP2 用の .NET Framework 4.5.2 の更新プログラムについて (KB 4488669)

適用対象: .NET Framework

この Windows 7 Service Pack 1 (SP1)、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)、および Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) 用の更新プログラムには、Windows .NET Framework 4.5.2 の累積的信頼性の強化が含まれています。この更新プログラムは、定期的な保守ルーチンの一部として適用することをお勧めします。この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件」と「再起動の必要性」のセクションを参照してください。

重要

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Add language packs to Windows」(英語情報) を参照してください。

品質と信頼性の強化


CLR1

  • 解析された日付が次の元号の開始年よりも大きいか、同じ場合、Framework が例外を投げる問題を修正します。Framework がそうした例外を投げることはもうありません。
  • 元号の 1 年目に合わせて書式を変更し、書式パターンに “y年” を使用する日本の元号の日付を更新しました。年に数字の 1 を使う代わりに、記号の “元” とあわせて年の書式をサポートします。また、“元” を含む日の数字の書式変更もサポートします。
  • 日本の元号の書式で元年の文字を出力するためにシングル クォーテーションを付ける必要があった問題を解決しました。

1共通言語ランタイム (CLR)

この更新プログラムの関連情報


Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 に関連するこの更新プログラムの詳細については、次の Microsoft サポート技術情報を参照してください。

4489486 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 の 2019 年 3 月の更新プログラム (KB 4489486)

Windows Server 2008 SP2 に関連するこの更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

4489489 Windows Server 2008 SP2 用の .NET Framework 2.0 SP2、3.0 SP2、4.5.2、および 4.6 の 2019 年 3 月の更新プログラム (KB 4489489)

既知の問題


回避策 1
この問題が発生していないものの、新しいバージョンの .NET Framework にアップグレードすることを計画している場合、次の手順を実行します。

  1. この更新プログラム (4488669) をインストール済みの場合はアンインストールします。
  2. .NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2 にアップグレードします。
  3. 該当する .NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2 用の更新プログラム (4488666) を適用します。更新プログラム (4488669) には、この更新プログラムと同じ修正が含まれています。

回避策 2
この問題が発生しておらず、現在新しいバージョンの .NET Framework にアップグレードすることを計画していない場合、この問題の修正を安心して待つことができます。

回避策 3
新しいバージョンの .NET Framework にアップグレードした後にこの問題が発生した場合、次の手順を実行します。

  1. 新しいバージョンの .NET Framework (4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2) をアンインストールします。
  2. 目的のバージョンの .NET Framework (4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2) を再インストールします。これでシステムが良好な状態に戻ります。
  3. 該当する .NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2 用の更新プログラム (4488666) を適用します。更新プログラム (4488669) には、この更新プログラムと同じ修正が含まれています。

状態          
マイクロソフトはこの問題を調査中であり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログに移動してください。

Windows Software Update Services (WSUS)

WSUS サーバーで、次の手順を実行します。

  1. [スタート]、[管理ツール]、[Microsoft Windows Server Update Services 3.0] の順に選択します。
  2. [ComputerName] を展開し、[操作] を選択します。
  3. [更新のインポート] を選択します。
  4. ブラウザーのウィンドウが開き、ActiveX コントロールをインストールするようにというメッセージが表示される場合があります。操作を続行するには、ActiveX コントロールをインストールする必要があります。
  5. この ActiveX コントロールをインストールすると、[Microsoft Update カタログ] 画面が表示されます。Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の場合は「4489486」と [検索] ボックスに入力し、Windows Server 2008 SP2 の場合は「4489489」と入力し、[検索] を選択します。
  6. 実際の環境のオペレーティング システム、言語、プロセッサに合った .NET Framework パッケージを選択します。[追加] を選択してバスケットに追加します。
  7. 必要なパッケージをすべて選択したら、[バスケットの表示] を選択します。
  8. WSUS サーバーにパッケージをインポートするには、[インポート] を選択します。
  9. パッケージがインポートされたら、[閉じる] を選択して WSUS に戻ります。

これで、WSUS 経由で更新プログラムをインストールすることができます。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 4.5.2 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報


このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2012

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法