2019 年 3 月 13 日 — KB4489899 (OS ビルド 17763.379)


機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 一部のユーザーに影響があるトラッキングとデバイスの調整に関する Microsoft HoloLens の問題を修正します。 この更新プログラムをインストールしてから 10 - 15 分後に改善が見られる場合がありますが、最良の結果を得るためにホログラムをリセットすることをお勧めします。 
  •  特定の種類の MSI ファイルおよび MSP ファイルのインストールまたはアンインストール時に “エラー 1309” を受け取ることがある問題を修正します。
  • KB4482887 をインストールした後、Destiny 2 などの特定のゲームをプレイしているときに、デスクトップ ゲームのグラフィックやマウスのパフォーマンスが低下することがある問題を修正します。 
  • Microsoft Edge、Internet Explorer、Microsoft Scripting Engine、Windows シェル、Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Windows カーネルモード ドライバー、Windows Server、Windows Linux、Windows Hyper-V、Windows Datacenter Networking、Windows ストレージおよびファイルシステム、Windows ワイヤレス ネットワーク、Microsoft JET データベース エンジン、Windows カーネル、Windows、Windows Fundamentals を対象としたセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

この更新プログラムのインストール後、Internet Explorer 11 に認証の問題が発生することがあります。 この問題は、リモート デスクトップ プロトコル (RDP) やターミナル サーバーのログオンなど、同じ Windows Server コンピューター上の複数の同時ログイン セッションに複数のユーザーが同じユーザー アカウントを使用する場合に発生します。 お客様から報告された現象の一部の例を次に示します。

  • キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空と表示される。
  • キーボード ショートカットは正しく動作しない場合がある。
  • Web ページの読み込みと表示が適切に実行されないことがある。
  • 資格情報プロンプトに関する問題。
  • ファイルをダウンロードするときの問題。

Windows Server コンピューターにログオンするときに 2 人のユーザーが同じユーザー アカウントを共有しないように、一意のユーザー アカウントを作成します。 さらに、特定の Windows Server の単一のユーザー アカウントに対して複数の RDP セッションを無効にします。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

複数のオーディオ デバイスを搭載しているコンピューターにこの更新プログラムをインストールした後、内蔵または外付けのオーディオ出力デバイス用に高度なオプションを提供するアプリケーションが突然動作しなくなる場合があります。 この問題は、“既定のオーディオ デバイス” とは異なるオーディオ出力デバイスを選択した場合に発生します。 動作しなくなることがあるアプリケーションの例を次に示します。

  • Windows Media Player
  • Realtek HD Audio Manager
  • Sound Blaster Control Panel

 

一時的な解決策として、アプリケーションに用意されているオプションで “既定のオーディオ デバイス” を選択します。詳細については、アプリケーションのユーザー マニュアルを参照してください。

たとえば、Windows Media Player で [既定のオーディオ デバイス] を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Windows Media Player を開き、[ツール] > [オプション] > [デバイス] の順に選択します。
  2. デバイスを選択し、[プロパティ] を選択します。
  3. 次のダイアログで、[オーディオ デバイスの選択] のドロップダウン メニューの一覧から [既定のオーディオ デバイス] を選択します。

次に、[設定] > [システム] > [サウンド] > [アプリの音量とデバイス設定] にあるアプリケーションごとのオーディオ設定で、アプリケーションから目的のオーディオ デバイスにオーディオを送信できます。 

マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、2019 年 3 月後半に解決策を提供できる見込みです。

この更新プログラムをインストールした後、appendChild()insertBefore()moveNode() などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML6 によってアプリケーションの応答が停止します。

Internet Explorer 10 設定のグループ ポリシーの基本設定 (GPP) を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を編集すると、グループ ポリシー エディターが応答しなくなることがあります。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。
このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 上で、アプリケーション プロトコル ハンドラー用のカスタム URI スキームからローカルのイントラネット サイトおよび信頼済みサイトに対応するアプリケーションが起動しない場合があります。

新しいウィンドウまたはタブで開くには、URL リンクを右クリックします。

または

Internet Explorer でローカル イントラネットおよび信頼済みサイトに対して保護モードを有効にします。

  1. [ツール] > [インターネット オプション] > [セキュリティ] の順に選択します。
  2. [セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください] 設定内で [ローカル イントラネット] を選択し、[保護モードを有効にする] を選択します。
  3. [信頼済みサイト] を選択し、[保護モードを有効にする] を選択します。
  4. [OK] を選択します。

これらの変更を加えた後は、ブラウザーを再起動する必要があります。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムをインストールした後に、可変のウィンドウ拡張を使用するように構成された Windows 展開サービス (WDS) サーバーから、Preboot Execution Environment (PXE) を使用してデバイスを起動しようとすると問題が発生することがあります。 この問題により、イメージのダウンロード中に WDS サーバーへの接続が中断することがあります。 この問題は、可変のウィンドウ拡張を使用していないクライアントまたはデバイスには影響がありません。

この問題を緩和するには、次のいずれかのオプションを使用して、WDS サーバー上の可変のウィンドウ拡張を無効にします。

オプション 1:
管理コマンド プロンプトを開き、以下を入力します。

Wdsutil /Set-TransportServer /EnableTftpVariableWindowExtension:No

オプション 2:
Windows 展開サービス UI を使用します。

  1. Windows 管理ツールから Windows 展開サービスを開きます。
  2. サーバーを展開し、WDS サーバーを右クリックします。
  3. プロパティを開き、[TFTP] タブの [可変のウィンドウ拡張を有効にする] をオフにします。  

オプション 3:
次のレジストリ値を 0 に設定します。

“HKLM\System\CurrentControlSet\Services\WDSServer\Providers\WDSTFTP\EnableVariableWindowExtension”。

可変のウィンドウ拡張を無効にした後は、WDSServer サービスを再起動します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4470788) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4489899 のファイル情報をダウンロードしてください。