サントメ プリンシペおよびクズロルダ用の Windows でのタイム ゾーンの変更

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials 詳細

概要


この記事では、サントメ プリンシペおよびクズロルダ (カザフスタン) 用の Windows でタイム ゾーンを変更する更新プログラムについて説明します。 この更新プログラムをインストールする前に、必要条件を確認してください。
 

この更新プログラムは、以下のオペレーティング システムに適用されます。

  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1
  • Windows RT 8.1
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows 7 SP1
  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

注意事項

  • Windows 10 および Windows Server 2016 用の更新プログラムを入手するには、Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴サポート技術情報の記事に記載されている最新の累積的な更新プログラムをインストールします。
  • Windows XP Embedded POSReady 2009 用の更新プログラムを入手するには、KB 4487990 を参照してください。

場所による変更


サントメ プリンシペ

2019 年 1 月 1 日、午前 2 時に、サントメのタイムゾーンは UTC+01:00 から UTC+00:00 に移動しました。

タイム ゾーンのキー名 表示名 古いタイム ゾーン 新しいタイム ゾーン
サントメ標準時 (UTC+00:00) サントメ (UTC+01:00) サントメ  (UTC+00:00) サントメ



クズロルダ

2018 年 12 月 21 日、現地時間の午前 0 時に、カザフスタンのクズロルダ地域のタイム ゾーンは UTC+06:00 から UTC+05:00 に移動しました。 顧客はクズロルダの新しいタイム ゾーンに切り替えることができるようになりました。これは (UTC+05:00) クズロルダとして表示されます。

タイム ゾーンのキー名 表示名 古いタイム ゾーン 新しいタイム ゾーン
クズロルダ標準時 (UTC+05:00) クズロルダ (UTC+06:00) アスタナ (UTC+05:00) クズロルダ

更新情報


この記事で説明されている更新プログラムは、サントメ プリンシペおよびクズロルダ (カザフスタン) のタイム ゾーンを変更します。

DST の変更による他のマイクロソフト製品への影響については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows で DST を設定する方法の詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。

注: この更新プログラムを適用すると、以下のようなメッセージが表示されることがあります。 


このメッセージは、既に正しい更新プログラムが適用されているか、Windows Updates または Microsoft Update により自動的にこの更新プログラムがインストールされていることを示します。 Windows オペレーティング システムを更新するために他に必要な作業はありません。

この更新プログラムの入手方法


Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows 7 SP1

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update でオプションの更新プログラムのロールアップの一部として提供されます。 これらのオペレーティング システム用にリリースされた更新プログラムのロールアップの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。


Windows Update の実行方法の詳細については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。
 

方法 2: Windows Server 更新サービス

この更新プログラムは、WSUS を介してインストールできるようになりました。
 

方法 3: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

注: Microsoft Internet Explorer 6.0 以降のバージョンを実行している必要があります。
 

 

Windows Server 2008 SP2

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update でオプションの更新プログラムとして提供されます。 Windows Update の実行方法の詳細については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。
 

方法 2: Windows Server 更新サービス

この更新プログラムは、WSUS を介してインストールできるようになりました。
 

方法 3: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

注: Microsoft Internet Explorer 6.0 以降のバージョンを実行している必要があります。

 

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1、または Windows Server 2008 の Service Pack 2 がインストールされている必要があります。

Windows Server 2012 にこの更新プログラムをインストールするための必要条件はありません。
 

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリを変更する必要はありません。
 

再起動の必要性

この更新プログラムのインストール後に、コンピュータを再起動する必要はありません。
 

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。