ファームウェア更新後、Surface Pro LTE Advanced が LTE に接続できない

適用対象: Surface Pro with LTE Advanced

現象


SIM カードが Microsoft Surface Pro LTE Advanced に正しく挿入されていても、Long-Term Evolution (LTE) 接続に失敗し、「切断」状態になる可能性があります。 場合によっては、使用可能なネットワークの一覧に [携帯ネットワーク] オプションが表示されなくなり、この接続を試せません。

原因


この問題は、特定の SIM が挿入された 履歴のある LTE モデムのファームウェアを更新した場合に発生することがあります。 更新により、LTE モデムに保有されているアクセス ポイント名 (APN) 情報に不整合が発生します。

これは通信事業者に起因する問題ではありません。 挿入された SIM と各通信事業者用のモデム ファームウェアに予め準備された APN 情報によって発生することを確認しました。

ファームウェア更新は、Windows Update による自動適用または Surface ドライバーおよび ファームウェア パックの手動更新によって実行されますが、いずれも場合もこの問題を引き起こします。

さらに、更新を実行するための管理者のアクセス許可を持つアカウントが必要です。

解決方法


この問題を回避したい場合、またはこの問題がすでに発生した場合、次の方法に従って回復できます。

次の修正プログラムをインストールし、デバイスを再起動します。
Surface Pro LTE (第 5 世代) のドライバーおよびファームウェア

「Surface モバイル ブロードバンド」デバイスのファームウェア バージョンが「190307-1128-REL-c7.1-00003」と表示されたら、ファームウェア更新は完了です。

注: お使いのコンピューターに異なるバージョンの Surface 更新ツールがインストールされている可能性があります。 エラー 「A newer version of Surface Pro Update 19_015_07 (64 bit) is already installed (新しいバージョンの Surface Pro Update 19_015_07 (64 ビット) が既にインストールされています)」 が表示された場合、[ プログラムの追加と削除 ] を開いて Surface update 19_035_01 (64 ビット) またはこのツールの他のバージョンをアンインストールする必要があります。

状態


Surface 開発部門と LTE モデムの製造元と協力して、この問題を解決した新しいモデム ファームウェアを提供していきます。 この修正プログラムは今後 Windows Update を介してリリースされます。