Windows Server 2008 での 6003 へのビルド番号の変更

適用対象: Windows Server 2008 Standard

概要


KB4489887  以降のマンスリー ロールアップ パッケージを Microsoft Server 2008 SP2 に適用すると、オペレーティング システムのバージョン文字列が変更されます。 バージョン文字列の “ビルド番号”部分は 1 増え、リビジョン番号は約 4,000 減ります。  

以前のマンスリー ロールアップ パッケージでは、ビルド番号は固定されており、バージョン文字列のリビジョンのコンポーネント (別称: QFE 値) のみが増えていました。. 

: 

バージョン番号は、メジャー、マイナー、ビルド、およびリビジョンの 4 つのコンポーネントで構成されています。  バージョン番号の形式は次のとおりです。major.minor.build.revision 

最新の 2019 年 3 月 13 日のマンスリー ロールアップ (KB4489880) をインストールした Microsoft Server 2008 SP2 を実行している場合、次のバージョン文字列が表示されます。 

  • 6.0.6002.24564   

最新の 2019 年 3 月 20 日のマンスリー ロールアップのプレビュー (KB4489887) をインストールした Microsoft Server 2008 SP2 を実行している場合、次のバージョン文字列が表示されます。 

  • 6.0.6003.20491 [2019 年 3 月 20 日のマンスリー ロールアップのプレビュー以降の更新プログラムがインストールされている場合、文字列の最後のコンポーネントの数値が高くなることがあります。] 

バージョン文字列変更を確認する方法: 

  • コマンド ラインから ver’ または winver’ を 実行して Windows のバージョンを表示する 

  • Microsoft Windows バージョン管理 API から返される値 

  • OS バージョン管理情報を表示する WMI インターフェイスを使用する 

  • エクスプローラー でプロパティ ダイアログ ボックスを表示する 

この変更が行われる理由 

オペレーティング システム内のバージョン番号とその数値の範囲は、サービスの内部関数に対して意味を持ちます  バージョン文字列のリビジョン部分に使用されている数字は、設定された範囲内にとどまるために必要です。  ビルド番号を 6002 から 6003 に増加することによって、バージョン文字列全体を一意なものに維持しつつ、リビジョン番号を以前に使用した番号から開始することを可能にします。 

この変更により、残りのライフサイクル期間中、バージョンに関する問題なしに Microsoft Server 2008 SP2 のサービスを引き続き提供できます。   

必要な操作 

バージョン文字列の変更のみが確認された場合は、必要な操作はありません。   Microsoft Server 2008 SP2 は引き続き機能し、正常にサービス更新プログラムを受信します。 

アプリケーション コードまたはスクリプト“ Windows Vista SP2” の識別子としてバージョン文字列 “6002” に依存している場合、同じ Windows Server SP2 バージョンを “6002” として現在識別しているアプリケーション コードとスクリプトを新しい値の “6003” に対応させるために更新する必要があることがあります。