2019 年 9 月 24 日 - バージョン 1803 バージョン 1803 の .NET Framework 4.8 の KB4515842 累積的な更新プログラム

適用対象: .NET Framework

2019 年 9 月 24 日、Windows 10 の更新プログラムバージョン 1803 には、Microsoft .NET Framework 4.8 の累積的な信頼性の向上が含まれています。定期的なメンテナンス ルーチンの一部として、この更新プログラムを適用することをお勧めします。この更新プログラムをインストールする前に、前提条件再起動の要件セクションを参照してください。

品質と信頼性の強化


BCL1
  • Multithread アクセスを処理するために同時実行ディクショナリを使用して、BinaryFormatter.GetTypeInformationで発生するスレッドの競合に影響する問題を解決します。
WPF2
  • セルのデータ項目が再仮想化された場合に、選択プロパティ(SelectIndex、SelectItem、SelectValue)を変更しようとするデータグリッド セル内の WPF コンボボックス (または任意のセレクター) に影響する問題を解決します。 基になるコレクションから削除されます。これは、セレクターのItemSourceプロパティがセルのDataContext設定を通じてデータバインドされている場合に発生する可能性があります。仮想化モードと選択プロパティに対して宣言されているバインディングによっては、データ項目のプロパティの予期しない変更 (null に) や、UI を再利用する他のデータ項目の予期しない表示 (null として) が含まれる場合があります。は、以前に再仮想化された項目にアタッチされていました。
  • スペル チェックが有効になっている WPF テキスト ボックスまたは RichTextBox 要素がクラッシュし、ハイパーリンクの近くにテキストを挿入するなど、状況によっては "ExecutionEngineException" エラーが返される問題を解決します。
  • システム認識または気付かない子ウィンドウをホストし、.NET Framework 4.8 で実行されるモニターごとの認識 WPF アプリケーションに影響する問題を解決します。この .NET バージョンは時折クラッシュし、"System.Collection.Generic.KeyNotFoundException" 例外を返します。
CLR3
  • Mscoree.dll を繰り返しロードおよびアンロードするシナリオで、ハンドル リークが発生する可能性のある問題を解決します。
  • 予期されるNullReferenceException結果を配信する代わりに、プロセスの終了を誤って引き起こすまれなケースを処理します。

1 基本クラス ライブラリ (BCL)2 Windows Presentation Foundation (WPF)3 共通言語ランタイム (CLR)

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


この更新プログラムのインストール

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、マイクロソフト更新プログラム カタログの Web サイトを参照してください。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 451842 のファイル情報をダウンロードしてください。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 4.8がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以前にリリースされた更新プログラム4511521を置き換えます。

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法