対象の Windows 7 SP1 およびサーバー 2008 R2 SP1 デバイスが拡張セキュリティ更新プログラムを入手できることを確認するための更新プログラム

適用対象: Windows 7 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

概要


このオプションのセキュリティ更新プログラムは、対象の Windows 7 Service Pack 1 (SP1) およびサーバー 2008 R2 SP1 デバイスが、2020年1月14日のサポート終了日後に、延長されたセキュリティ更新プログラム (ESUs) を引き続き取得できることを確認するのに役立ちます。

注意事項

  • この更新プログラムには、実際のセキュリティコンテンツはありません。 この更新プログラムはテストパッケージであり、テスト環境に展開することをお勧めします。 この更新プログラムは、ESU の対象となるオンプレミスデバイスにインストールします。
  • この更新プログラムは、Windows Server 2008 R2 SP1 用の x64 ベースアーキテクチャにインストールすることができます。また、「ライフサイクルに関する FAQ-拡張セキュリティ更新プログラム」に記載されている windows エディション。
  • この更新プログラムは、x86 および x64 ベースの windows 7 SP1 のアーキテクチャと、「ライフサイクルに関するFAQ-拡張セキュリティ更新プログラム」に記載されている windows エディションにインストールできます。
  • この更新プログラムは、Windows 7 仮想デスクトップ (WVD) および Windows 7 Embedded OS には適用されません
  • この更新プログラムをインストールしても、2020年1月14日からセキュリティ更新プログラムを入手することには影響はありません。
  • テクニカルサポートを受けるには、延長されたセキュリティ更新プログラムを購入し、延長されたサポート日を超えて製品のテクニカルサポートを受けるためのサポート計画を有効にしておく必要があります。 1-800-Microsoft (642-7676) に連絡してサポートを受けてください。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムのインストール

リリースチャネル 使用可能 次のステップ
Windows Update または Microsoft Update なし この更新プログラムは使用できなくなりました。 記事の上部にある「注」を参照してください。
Microsoft Update カタログ なし この更新プログラムは使用できなくなりました。 記事の上部にある「注」を参照してください。
Windows Server Update Services (WSUS) なし

この更新プログラムは使用できなくなりました。 記事の上部にある「注」を参照してください。

インストール手順

  1. この更新プログラムは、Microsoft Update Catalog または Windows Server Update Services などのリリースチャネルのいずれかからインストールします。
  2. この更新プログラムが正常にインストールされたことを確認するには、更新履歴などの通常の手順を実行します。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、オンプレミスのデバイスに次のものがインストールされている必要があります。

  1. 以下の SHA-1 コード署名サポート更新プログラムとサービススタック更新 (SSU) またはそれ以降の SU の更新プログラムをインストールします。
    • 4474419 Windows Server 2008 R2、Windows 7、Windows Server 2008 の SHA-1 コード署名サポート更新プログラム: 2019 年9月23日
    • 4490628 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のサービス スタック更新プログラム: 2019 年 3 月 13 日
  2. 次のサービススタック更新 (SSU) と月間ロールアップをインストールします。
    • 4516655 Windows 7 SP1 および Server 2008 R2 SP1 のサービススタック更新: 2019 年9月10日
    • 4519976 2019年10月8日: KB4519976 (毎月のロールアップ)
  3. ESU キーをインストールしてアクティブ化します。 ESU キーをインストールしてアクティブ化する方法については、Microsoft の技術コミュニティの web サイトで、「資格のあるWindows デバイス用の拡張セキュリティ更新プログラムを入手する方法」を参照してください。  ライセンス認証を行った後は、現在の更新とサービス戦略を使用して、windows update、windows Server update Services (WSUS)、または希望する更新プログラム管理ソリューションのいずれかを展開することができます。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後で、デバイスを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

トラブルシューティング


この更新プログラムのインストールに失敗した場合は、次のトラブルシューティング手順を実行します。

  1. 「前提条件」セクションで説明されているすべての前提条件が正常にインストールされていることを確認します。 これを行うには、「command Get hotfix-ID KB<番号>を使用できます。  また、どの更新に対しても、再起動が保留になっていないことを確認します。
  2. この更新プログラムは、 Esu の対象エディションとサポートされるアーキテクチャにインストールされていることを確認してください。
  3. 通常使用しているスクリプトまたはslmgr.vbs/dlvを使用して、esu キーがインストールされ、正常にライセンス認証されていることを確認します。 このブログ記事を参照して esu のキーの状態を確認します。
  4. 上記のいずれかの手順で問題が発生した場合は、カスタマーサポート番号1-800-Microsoft (642-7676) に連絡してサポートを受けてください。