2020 年 3 月 17 日 — KB4541331 (OS ビルド 17763.1131)

適用対象: Windows 10, version 1809, all editionsWindows Server version 1809Windows Server 2019, all editions

注目点


  • ドキュメント共有に印刷するときにエラーが発生する問題を更新します。 
  • ユーザーにパスワードの入力を求められたときに、サインイン中にタッチ キーボードが表示されない問題を更新します。 
  • サモアのタイム ゾーンを選択すると、通知領域の時計と日付領域の間違った曜日にカレンダーの日付が表示される問題を更新します。 
  • Windows の更新プログラムとのアプリケーションとデバイスの互換性を向上させます。

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • ドキュメント リポジトリに接続する際にエラーが発生する問題を修正します。 
  • マルチモニター環境でドラッグするときに発生する Microsoft Foundation Class (MFC) ツールバーの描画に関する問題を修正します。 
  • ユーザーがパスワードの入力を求められたときに、サインイン中にタッチ キーボードが表示されない問題を修正します。 
  • 新しい子ウィンドウがちらつき、完全な視覚的コントラストが設定されているサーバー デバイス上で白い四角形として表示される問題を修正します。 
  • パスが MAX_PATH よりも長い場合、ファイル エクスプローラーに誤ったフォルダー プロパティが表示される問題を修正します。 
  • サモアのタイム ゾーンを選択すると、通知領域の時計と日付領域の間違った曜日にカレンダーの日付が表示される問題を修正します。 
  • OpenEventLogA() 関数を使用してログを読み取る際の問題を修正します。 
  • Credential Guard が有効になっているマシンがドメインに参加できない問題を修正します。 エラー メッセージは、「このサーバーのクロックは、プライマリ ドメイン コントローラのクロックとの同期がとれてい ません」です。 
  • ハイブリッド Azure Active Directory に参加しているコンピューターでセッションにサインインまたはロック解除するときに最大 2 分の遅延を引き起こす可能性がある問題を修正します。 
  • Azure Active Directory の使用時に認証が失敗し、ユーザーのセキュリティ識別子 (SID) が変更された問題を修正します。 
  • ドメイン コントローラー (DC) が _MSDCS.<フォレスト ルート ドメイン> DNS ゾーンに小文字および混合またはすべて大文字のドメイン ネーム システム (DNS) サービス (SRV) レコードを登録する可能性がある問題を修正します。 これは、DC コンピューター名に 1 つ以上の大文字が含まれている場合に発生します。 
  • Azure Active Directory 環境で認証が失敗し、エラーが表示されない問題を修正します。 
  • セッション オブジェクトを取得するときに CPU 使用率が高くなる問題を修正します。 
  • リモート データセンターに SQL サーバーが存在する可能性があるグローバル分散データセンターで、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) の応答時間が長くなる問題を修正します。 
  • OAuth、セキュリティ アサーション マークアップ言語 (SAML)、WS フェデレーション、WS-Trust など、AD FS に送信されるすべてのトークン要求のパフォーマンスが向上します。 
  • AD FS フロントエンド サーバーとバックエンド SQL サーバーが異なるデータセンターにある場合に OAuth トークンを取得する際の待機時間の長い問題を解決します。 
  • msDS-parentdistname のアクティブ ディレクトリおよびアクティブ ディレクトリ ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) で構築された属性を復元します。 
  • 多要素認証 (MFA) が有効になっていないユーザーに対して、SAML エラーおよびサードパーティ製アプリへのアクセスが失われる問題を解決します。 
  • Windows のすべての更新プログラムに対してアプリケーションとデバイスの互換性を確保できるように Windows エコシステムの互換状態を評価する処理に関する問題を修正します。
  • Microsoft User Experience Virtualization (UE-V) 設定の移動を防止して、新しいメッセージ、転送されたメッセージ、および返信に使用される署名ファイルを有効にする問題を修正します。
  • backgroundCacheRefreshEnabled 機能が有効になっているときに発生する AD FS サーバー上の CPU 使用率が高い問題を解決します。  
  • 正しくない SAM アカウントの種類グループの種類を持つ記憶域レプリカ管理者グループを作成する問題 を修正します。 これにより、プライマリ ドメイン コントローラ (PDC) エミュレータを移動するときに記憶域レプリカ管理者グループを使用できなくなります。
  • Microsoft Defender 高度脅威対策 (ATP) 自動インシデント応答 (IR) が原因で、一部のコンピューターが特定の状況下で自動的にスリープ モードに入ることを防ぐ問題を解決します。
  • 一部のマシンで Microsoft Defender ATP の脅威と脆弱性の管理を正常に実行できないという問題を修正します。
  • Microsoft Defender ATP 自動 IR の非 ASCII ファイル パスのサポートが向上します。
  • Windows 10 バージョン 1809 にアップグレードする際に、一部のシナリオでエラー 0xEF の停止が発生する問題を解決します。
  • ReFS で複製されたファイルに対する多数の操作を伴うシナリオで、Resilient File System (ReFS) のブロック複製のパフォーマンスを向上させます。
  • 最大のユーザー アカウント制御 (UAC) 設定で構成された標準ユーザー アカウントが、システム設定を使用してオンデマンド言語機能 (FOD) をインストールできない問題を修正します。
  • 仮想プライベート ネットワーク (VPN) への接続を完了しようとすると失敗する問題を修正します。代わりに、ステータスは「接続中」のままです。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
KB4493509 のインストール後、一部のアジア言語パックをインストールしたデバイスで "0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND" というエラーが発生することがあります。
  1. 最近追加した言語パックをすべてアンインストールし、再インストールします。 手順については、「Windows 10 で入力および表示の言語設定を管理する」を参照してください。
  2. [更新プログラムの確認] をクリックし、2019 年 4 月の累積的な更新プログラムをインストールします。 手順については、「Windows 10 を更新するを参照してください。

: 言語パックを再インストールしても問題が緩和されない場合は、次の手順で、お使いの PC をリセットしてください。

  1. [設定] アプリで [回復] に移動します。
  2. 回復オプション [この PC を初期状態に戻す] の [開始する] をクリックします。
  3. [個人用ファイルを保持する] を選択します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

手動または自動構成プロキシを使用するデバイス (特に仮想プライベート ネットワーク (VPN)) を使用するデバイスは、通知領域のネットワーク接続ステータス インジケーター (NCSI) に限られるか、またはまったくインターネット接続ステータスを示さない場合があります。 これは、VPN に接続または VPN から切断された場合、または双方の状態を変更した後に発生する可能性があります。 この問題が発生したデバイスでは、WinHTTP または WinInet を使用するアプリケーションを使用してインターネットに接続する際に問題が発生する可能性があります。 この状態のデバイスで影響を受ける可能性のあるアプリの例としては、Microsoft Teams、Microsoft Office、Microsoft Office 365、Microsoft Outlook、Internet Explorer 11、および一部のバージョンの Microsoft Edge が含まれますが、これらに限定されません。

この問題は KB4554354 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラムサービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。 よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4539571) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update または Microsoft Update あり [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。
Microsoft Update カタログ あり  この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) なし

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4541331 のファイル情報をダウンロードしてください。 

注: 一部のファイルには、CSV ファイルの [ファイル バージョン] 列に誤って “該当なし” が含まれています。 これにより、サードパーティ製のスキャン検出ツールを使用してビルドを検証する際に、誤検出または偽陰性が発生する可能性があります。