2020 年 3 月 12 日 — KB4551762 (OS ビルド 18362.720 および 18363.720)

適用対象: Windows 10, version 1903, all editionsWindows Server version 1903Windows 10, version 1909, all editions

注目点


  • ファイルとプリンターへの共有アクセスを提供する Microsoft サーバー メッセージ ブロック 3.1.1 プロトコルの問題を更新します。

機能追加および修正


以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
2020 年 3 月 10 日の更新プログラムで Windows Server コンテナーを使用すると、32 ビットのアプリケーションとプロセスで問題が発生する可能性があります。 Windows コンテナーの更新に関する重要なガイダンスについては、「Windows コンテナーのバージョンの互換性」と「Windows Server のコンテナーの更新」を参照してください。
手動または自動構成プロキシを使用するデバイス (特に仮想プライベート ネットワーク (VPN)) を使用するデバイスは、通知領域のネットワーク接続ステータス インジケーター (NCSI) に限られるか、またはまったくインターネット接続ステータスを示さない場合があります。 これは、VPN に接続または VPN から切断された場合、または双方の状態を変更した後に発生する可能性があります。 この問題が発生したデバイスでは、WinHTTP または WinInet を使用するアプリケーションを使用してインターネットに接続する際に問題が発生する可能性があります。 この状態のデバイスで影響を受ける可能性のあるアプリの例としては、Microsoft Teams、Microsoft Office、Microsoft Office 365、Microsoft Outlook、Internet Explorer 11、および一部のバージョンの Microsoft Edge が含まれますが、これらに限定されません。 この問題は KB4554364 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラムサービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。 よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4541338) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update および Microsoft Update あり なし。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品: Windows 10 Version 1903 以降

分類: セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4551762 のファイル情報をダウンロードしてください。 

注: 一部のファイルには、CSV ファイルの [ファイル バージョン] 列に誤って “該当なし” が含まれています。 これにより、サードパーティ製のスキャン検出ツールを使用してビルドを検証する際に、誤検出または偽陰性が発生する可能性があります。