2020 年 6 月 10 日 - KB4561608 (OS ビルド 17763.1282)

適用対象: Windows 10, version 1809, all editionsWindows Server version 1809Windows Server 2019, all editions

注目点


  • Internet Explorer と Microsoft Edge を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。
  • Windows で基本的な操作を実行する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。
  • Microsoft Office 製品を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。
  • 入力デバイス (マウス、キーボード、スタイラスなど) を使用する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。
  • Microsoft Xbox および Microsoft Store のセキュリティを向上させます。
  • ユーザー名およびパスワードの検証に関する更新プログラム。
  • ファイルの保存と管理に関する更新

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • ユーザーがネットワーク フォルダーから .msi ファイルを更新できない問題を修正します。  
  • サーバーのドメイン コントローラーの昇格が失敗する原因となる問題を修正します。 これは、Local Security Authority Subsystem Service (LSASS) プロセスが Protected Process Light (PPL) として設定されている場合に発生します。 
  • 「暗号化 Oracle 修復」ポリシー設定のサポートを追加し、既定値を [脆弱] から [軽減] に変更することにより、CVE-2018-0886 で説明されているセキュリティの問題に修正します。 リモート デスクトップを使用している場合に、これが環境に与える影響の詳細については、KB4093492 を参照してください。
  • Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Internet Explorer、Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Windows Media、Windows カーネル、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows Input および Composition、Windows Shell、Microsoft Xbox、Microsoft Store、Windows クラウド インフラストラクチャ、Windows Fundamentals、Windows Management、Windows 認証、Windows 暗号化、Microsoft HoloLens、Windows Virtualization、Windows ストレージおよびファイル システム、Windows ファイル サーバーおよびクラスタリング、Windows ハイブリッド ストレージ サービス、Microsoft JET データベース エンジン、Windows Update Stack のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
KB4493509 のインストール後、一部のアジア言語パックをインストールしたデバイスで "0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND" というエラーが発生することがあります。
  1. 最近追加した言語パックをすべてアンインストールし、再インストールします。 手順については、「Windows 10 で入力および表示の言語設定を管理する」を参照してください。
  2. [更新プログラムの確認] をクリックし、2019 年 4 月の累積的な更新プログラムをインストールします。 手順については、「Windows 10 を更新するを参照してください。

: 言語パックを再インストールしても問題が緩和されない場合は、次の手順で、お使いの PC をリセットしてください。

  1. [設定] アプリで [回復] に移動します。
  2. 回復オプション [この PC を初期状態に戻す] の [開始する] をクリックします。
  3. [個人用ファイルを保持する] を選択します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムをインストールした後、特定のプリンターが印刷に失敗する可能性があります。 印刷しようとすると、印刷スプーラーがエラーをスローするか、予期せず終了することがあり、影響を受けるプリンターからの出力はありません。

印刷しようとしているアプリで問題が発生する可能性もあります。 アプリからエラーが表示されたり、アプリが予期せず終了したりする可能性があります。

注: この問題は、PDF への印刷など、ソフトウェアベースのプリンターにも影響を与える可能性があります。
この問題は KB4567513 で解決されています。
一部のデバイスでは、ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) ファイル (lsass.exe) が次のエラー メッセージで失敗する場合があります。「重要なシステム プロセス C:\WINDOWS\system32\lsass.exe に失敗しました (状態コード: c0000008)。 コンピューターを再起動する必要があります。」 マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラムサービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。 よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4562562) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update および Microsoft Update あり なし。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品: Windows 10

分類: セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4561608 のファイル情報をダウンロードしてください。 

注: 一部のファイルには、CSV ファイルの [ファイル バージョン] 列に誤って “該当なし” が含まれています。 これにより、サードパーティ製のスキャン検出ツールを使用してビルドを検証する際に、誤検出または偽陰性が発生する可能性があります。