Excel のファイル保存方法について


概要


この資料では、Microsoft Excel のファイル保存方法について説明します。

詳細


Excel で既存のファイルを保存する場合、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで指定した保存先のフォルダに一時ファイルが作成されます。 一時ファイルには、ブックのすべての内容が格納されます。 一時ファイルを正常に保存できた場合、一時ファイルの名前は、Excel により、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに指定したファイル名に変更されます。


このファイル保存処理により、元のファイルが破損することはありません。 保存処理が成功しなかった場合は、元のファイルが使用可能です。


Excel でファイルを保存しようとする場合、次の手順が実行されます。
  1. Excel は、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに指定された保存先フォルダに、ランダムに名前を付けた (たとえばファイル名拡張子の付かない Cedd4100 など) 一時ファイルを作成します。 ブック全体が一時ファイルに書き込まれます。
  2. 既存のファイルに変更が保存される場合、元のファイルは削除されます。
  3. Excel は一時ファイルの名前を変更します。 Excel は一時ファイルに、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに指定されたファイル名 (Book1.xls など) を付与します。

保存に関する重要事項

  • Excel が一時ファイルを作成して保存した後、すべての変更は一時ファイルに書き込まれます。
  • Excel が既存のファイルを削除できない場合、エラー メッセージが表示されます。 元のファイルおよび一時ファイルの両方が保存先のフォルダに残されます。
  • Excel が既存のファイルを削除できても、一時ファイルの名前を変更できない場合、エラー メッセージが表示されます。 保存先のフォルダには一時ファイルのみが残されます。
  • Excel が新しいファイルを初めて保存する場合、一時ファイルは作成されません。 Excel は [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに指定されたファイル名でファイルを保存します。

その他の情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
214073
[XL] ファイル保存時のエラー メッセージ
289273
[XL2002] 自動バックアップ機能の概要
324521
[XL2002] ワークシートを誤って削除した場合や変更した場合の回復方法

関連情報


この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 814068 (最終更新日 2004-01-27) を基に作成したものです。