システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 1 で、配布マネージャーはパッケージの処理を開始する前に起動後のいくつかの時間を必要があります。

適用対象: Microsoft System Center Configuration Manager 2007

問題の説明


システム センター構成マネージャーを使用するには多くのパッケージまたは配布ポイントがあるサイトで、配布マネージャー コンポーネントを起動後のいくつかの時間を処理するパッケージの利用可能なあります。

さらに、以下のようなメッセージは、配布マネージャー (Distmgr.log) ログに記録されます。
DP <DP パス> SMS_DISTRIBUTION_MANAGER <日付><時間> でパッケージ <パッケージ名> の <URL> への SigURL を設定する.

原因


起動プロセス中には、配布マネージャーは、各配布ポイントの各パッケージの署名とコンテンツ パス Url を設定します。配布マネージャーでは、このアクティビティの完了に時間がかかります。長い遅延が発生するため、このアクティビティが完了する前に、配布マネージャーはパッケージの配布を処理しない、します。

解決策


サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft システム センター構成マネージャー 2007 では、このマイクロソフト web サイトから利用可能なは、最新の service pack を入手します: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3318741a-c038-4ab1-852a-e9c13f8a8140
このサービス パックで解決される問題のリストは、Microsoft のナレッジ ベースで次の文書番号をクリックします。
971348 ] ボックスの一覧の修正プログラムとシステム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 2 に含まれる更新プログラム

修正プログラムを適用します。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後に、コンピューターを再起動することはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Distmgr.dll4.0.6221.1114449,46430-Nov-200820:05x86

ファイルの属性情報は、インターナショナル クライアント パック 1 (ICP1) とインターナショナル クライアント パック 2 (ICP) 2 の両方に適用されます。


重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
この問題を解決するには、システム センター構成マネージャー 2007 のサイト サーバーに修正プログラム 956194 を適用します。

DP プロパティ チェックを無効にします。

サイトにこの修正プログラムを適用した後、DP プロパティ チェック、配布マネージャーの起動中に無効にすることによって問題を解決できます。

この問題を修正するには、「私の問題を修正」セクションに進んでください。自分がこの問題を解決するとはではなく場合、は、自分で自分で解決する」セクションに移動します。

Fix it で解決する

この問題を自動的に修正する] をクリックします
この問題を解決する] リンク。をクリックし、
を実行します
ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスし、このウィザードの手順に従います。





注: このウィザードは英語版しかない場合があります。ただし、この自動修正プログラムは、他言語バージョンの Windows でも動作します。

注: 問題のあるコンピューターを使用中でない場合は、自動修正プログラムをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

「この問題は解決しましたか?」セクションに進んでください。

自分で解決する


DP プロパティ チェックを無効に、レジストリを変更することによって、次の手順に従います。
  1. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\SMS\Components\SMS_DISTRIBUTION_MANAGER
  2. 次の新しい値を作成します。
    : DoNotVerifyDPPropertiesOnStartUp
    : REG_DWORD
    : 1
    注: これは、配布マネージャーの起動時に、DP プロパティ上で実行する検証を無効にします。

    DoNotVerifyDPPropertiesOnStartUpの項目が存在しない場合、またはその値が 0 に設定されている場合は、配布マネージャーは、起動プロセス中に DP プロパティを確認します。DoNotVerifyDPPropertiesOnStartUpの項目の値は 1 に設定されている場合、この検証動作は無効になります。

問題は解決しましたか?


問題が解決したかどうかを確認してください。問題を修正すると場合に、この資料でが完了したら。問題が解決しない場合は、サポートに問い合わせてください。

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報


この遅延は、配布マネージャー コンポーネントが再起動されるときに発生する検証ステップが原因です。 この修正プログラムには、構成マネージャー管理者がこのタスクを無効にすることができます。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明