Windows Server 2008 R2 フェールオーバー印刷クラスターの安定性の更新


現象


この更新プログラムは、Windows Server 2008 R2 を実行しているプリント サーバー フェールオーバー クラスターの次の問題を修正します。すべてのプリント サーバー フェールオーバー クラスター ノードに、その基本的な機能を確認するのには、Windows Server 2008 R2 を実行しているは、この更新プログラムをインストールすることと、基本的な管理性を維持することをお勧めします。


問題 1

次のような状況を考えます。
  • 共有プリンターは、Windows Server 2008 R2 を実行しているプリント サーバーのフェールオーバー クラスターにインストールされます。
  • 関連するドライバーのプリント プロセッサでは、複数の依存ファイルがあります。
  • プリント サーバーが別のノードにフェールオーバーします。
このシナリオでは、共有プリンターが表示されません新しいノードにフェールオーバー操作の後。


問題 2

次のような状況を考えます。
  • 共有プリンターは、Windows Server 2008 R2 を実行しているプリント サーバーのフェールオーバー クラスターにインストールされます。
  • 一部のクライアントは、この共有プリンターへの接続を開きます。
  • プリント サーバーが別のノードにフェールオーバーします。
このシナリオでは、スプーラー サービスを停止ことがありますこのプリンター サーバー リソースが別のノードにフェールオーバーした後に応答します。したがって、すべてのジョブの失敗を印刷します。


問題 3

印刷バックアップ復元移行ユーティリティ (Printbrm.exe) を使用して Windows Server 2008 R2 を実行しているプリント サーバー フェールオーバー クラスター上のプリンターを復元するとき、一部のプリンターを復元することはできませんし、次のエラー メッセージが表示されます。
1081 無効なプリンター名

原因


問題 1 の原因

1 つだけの依存ファイルは、すべてのフェイル オーバー操作で目的のノードにコピーされます。プリンターは、いくつかの依存ファイルが利用できないために、フェールオーバー操作の後がありません。



2 の問題の原因

プリント サーバーのフェールオーバー クラスターは、無限ループに入ります。



問題 3 の原因

プリント プロセッサをプリント サーバーのフェールオーバー クラスターに追加するのには印刷スプーラー リソースする必要があります最初にオフラインに、し、オンラインになります。この問題は、印刷スプーラー リソースが再びオンラインになる前に、プリンターが復元されるために発生します。

解決策


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、コンピューターはWindows Server 2008 R2 を実行している必要があります。さらに、フェールオーバー クラスタ リング機能をインストールする必要があります。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用する前に、印刷スプーラー サービスが停止した場合は、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ
マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとに、個別に記載されている「その他ファイルの Windows Server 2008 R2 の情報」です。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Win32spl.dll6.1.7600.20794751,10404-Sep-201006:11x64
Win32spl.dll6.1.7600.20794492,03204-Sep-201005:44x86
サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Win32spl.dll6.1.7600.207941,512,96004-Sep-201005:24IA-64
Win32spl.dll6.1.7600.20794492,03204-Sep-201005:44x86

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

追加ファイル情報

Windows Server 2008 R2 の追加のファイル情報

サポートされているすべての x 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の追加ファイル
ファイル名Amd64_174b1605f26232c12d55b6efee689ba5_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20794_none_897015457b71f83c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ722
日付 (UTC)07-Sep-2010
時刻 (UTC)15:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_2f769c89a9ea81f837ecd10959347095_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20794_none_cd7e7c35fb374cbe.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ722
日付 (UTC)07-Sep-2010
時刻 (UTC)15:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_a9079f83de747ac09dbec37ac9890918_31bf3856ad364e35_7.1.7600.20794_none_2944246b401ee3f1.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,086
日付 (UTC)07-Sep-2010
時刻 (UTC)15:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-p..ooler-networkclient_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20794_none_95e5fea7a3c1a472.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ10,428
日付 (UTC)04-Sep-2010
時刻 (UTC)07:05
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-p..ooler-networkclient_31bf3856ad364e35_7.1.7600.20794_none_87567aed2ea84d41.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ6,373
日付 (UTC)04-Sep-2010
時刻 (UTC)07:14
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,093
日付 (UTC)07-Sep-2010
時刻 (UTC)15:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-p..ooler-networkclient_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20794_none_a03aa8f9d822666d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ10,426
日付 (UTC)04-Sep-2010
時刻 (UTC)06:07
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-p..ooler-networkclient_31bf3856ad364e35_7.1.7600.20794_none_91ab253f63090f3c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ6,371
日付 (UTC)04-Sep-2010
時刻 (UTC)06:08
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべての IA64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル
ファイル名Ia64_ece035f2349b433511cfc3026749b535_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20794_none_57346c3db1fee85b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,084
日付 (UTC)07-Sep-2010
時刻 (UTC)15:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows-p..ooler-networkclient_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20794_none_39c90719eb623c38.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ10,426
日付 (UTC)04-Sep-2010
時刻 (UTC)06:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,463
日付 (UTC)07-Sep-2010
時刻 (UTC)15:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-p..ooler-networkclient_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20794_none_a03aa8f9d822666d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ10,426
日付 (UTC)04-Sep-2010
時刻 (UTC)06:07
プラットフォーム該当なし