現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

クラスター サービスの停止と実行、バックアップ ・ アプリケーションで同時に Windows Server 2008 R2 の応答

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2277439
現象
次のシナリオを検討してください:
  • インストールは、フェールオーバー クラスタ リング機能をコンピューターが実行されている Windows Server 2008 R2。
  • このコンピューターで、実行バックアップ アプリケーションを使用してボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) に並列処理します。
このシナリオでは、クラスター サービスが停止応答します。
原因
を呼び出し、VSS ライターは、クラスターの間で競合状態のためのこの問題は発生します。 場合は、OnBackupShutdownメソッドの呼び出しが発生する間、OnFreezeメソッドの呼び出しとOnThawメソッドの呼び出し、クラスター ハイブのロックが解放されていません。 そのため、デッドロックが発生すると、およびクラスター サービスが応答を停止します。
解決方法

更新プログラムに関する情報

はサポートされている修正プログラムはマイクロソフトから入手可能です。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響をされていない場合は、そのため、この修正プログラムが含まれている次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つこと推奨。

修正プログラムがダウンロード可能な場合がこの資料の先頭に「使用可能な修正プログラム ダウンロード」セクションにあります。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

メモその他に問題が発生するか、トラブルシューティングが必要な場合は、個別のサービス要求を作成する必要があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの完全な一覧についての電話番号または別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:メモの修正プログラムが使用可能な言語の「使用可能な修正プログラム ダウンロード」フォームが表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語のないため、です。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、Windows Server 2008 R2 を実行する必要があります。 また、インストールは、フェールオーバー クラスタ リング機能が必要があります。

レジストリ情報

このパッケージで修正プログラムを使用していないするのには、変更するのには、レジストリにします。

再起動の要件

再起動後、適用する、コンピューターを再起動する必要がありますこの修正プログラム。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが置き換え以前にリリースされた修正プログラム。

ファイル情報

次の表に記載されている属性を持つファイル、グローバルなバージョンのこの修正プログラムをインストールします。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルに一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルは、ローカル コンピューターのローカル時間と、現在の夏時間 (DST) バイアスで表示されます。 ファイルの特定の操作を実行するとさらに、日付および時刻が変わる可能性があります
Windows Server 2008 R2 のファイルについてのメモ
重要ですWindows 7 の の修正プログラムおよび Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれています。 ただし、修正プログラム、修正プログラムの要求] ページの両方のオペレーティング システムの下に一覧表示されます。 1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、「Windows 7 と Windows Server 2008 R2」ページが表示されている修正プログラムを選択します。 常に各修正プログラムを適用するのには、実際のオペレーティング システムを判断するのには記事の対象製品」を参照してください。
  • MANIFEST ファイル (マニフェスト) および MUM ファイル (.mum) それぞれの環境にインストールされているです。個別に表示「Windows Server 2008 R2 ファイルの追加情報」セクション。 MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルで、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。 セキュリティ カタログ ファイルの属性がないが、Microsoft デジタル署名署名されている。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 x
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Clussvc.exe6.1.7600.207604,583,93620-7 月-201005: 28x64
サポートされているすべての IA x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Clussvc.exe6.1.7600.207607,706,11220-7 月-201004: 23IA-64
状況
マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。
詳細
詳細については、表示がクラスター ログに、コール スタック情報のセクション。

VSS の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:の詳細については、CVssWriterクラスで、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
980253クラスター サービスを停止する場合は、バックアップ アプリケーションで並列実行を応答が Windows Server 2008 で
ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明

追加のファイル情報

Windows Server 2008 R2 のファイルの追加について

他のファイルをすべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 x
ファイル名Amd64_a5459988b1efc49eb308562558659abd_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20760_none_b29c91cd59243e57.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ715
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)07: 42
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_dc9233eda6ab1ef2ecbef13d0015f3f4_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20760_none_dd0844c70a5990a7.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ715
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)07: 42
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-ウィンドウ-f.overcluster-clussvc_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20760_none_1650dbd7d44eb4f1.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ7,438
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)06: 42
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ1,893
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)07: 42
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-ウィンドウ-f.overcluster-clussvc_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20760_none_20a5862a08af76ec.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ4,604
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)05: 24
プラットフォーム該当なし
他のファイル
ファイル名Ia64_9d61a1d07584e650bf13f850ded8bb29_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20760_none_3a85c5c3a952785b.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ1,070
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)07: 41
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-ウィンドウ-f.overcluster-clussvc_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20760_none_ba33e44a1bef4cb7.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ7,436
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)06: 30
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ1,463
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)07: 41
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-ウィンドウ-f.overcluster-clussvc_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20760_none_20a5862a08af76ec.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ4,604
日付 (UTC)20-7 月-2010
時刻 (UTC)05: 24
プラットフォーム該当なし

コール スタック情報

は、次のクラスター ログ エントリで、ロックが取得されることを示す、OnFreezeメソッドのパス、および、OnBackupShutdownOnThawメソッドと呼ばれる:
00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:50.808 INFO [VSS] OnPrepareBackup returning - true00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:56.122 INFO [VSS] HandleBackupGum - Initiating the backup00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:56.122 INFO [VSS] HandleOnFreezeGum - Stopping the Death Timer00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:56.122 INFO [VSS] HandleBackupGum - Acquiring lock and flushing DB00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:56.122 INFO [VSS] HandleBackupGum - Completed the backup Request00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:56.124 INFO [VSS] OnFreeze returning true00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:57.236 INFO [VSS] OnBackupShutdown - Snap Shot Id = 350a310a-ef17-45a2-89bf-5d678b9a32ff [VSS] OnThaw returning false00000e04.00002714::2010/01/22-12:20:57.236 INFO Current request is Aborted - Context4194304[VSS] OnThaw returning false

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2277439 - 最終更新日: 08/12/2010 09:50:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2277439 KbMtja
フィードバック
rClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("