"ファイルが破損しているため、開くことができません" というエラー メッセージが Office 2010 で添付ファイルを開くと表示される

現象
Microsoft Outlook 2010 で Microsoft Office 電子メールの添付ファイルを開こうとすると、Microsoft Office 2010 によってファイルの問題が報告され、ファイルが開きません。

エラー メッセージの詳細

次のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。

Microsoft Excel

ファイルが破損しているため、開くことができません。

Microsoft Word

ファイルを開こうとして、エラーが発生しました。

Microsoft PowerPoint

ファイル名のコンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります。


解決方法
"ファイルが破損しているため、開くことができません" エラーを修正するには、コンポーネントのセキュリティ設定を既定の設定に戻します。 この問題を自動的に解決するには、「簡易修正ツールで解決する」セクションに進んでください。この問題を手動で解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

簡易修正ツールで解決する

この問題を自動的に解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] をクリックし、簡易修正ツール ウィザードの手順に従います。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、簡易修正ツール ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

簡易修正ツール 20190

手動でコンポーネントのセキュリティ設定を既定の設定に戻すには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] ボックスに「dcomcnfg」と入力します。次に、[プログラム] の一覧の [dcomcnfg] をクリックします。
  2. ナビゲーション ウィンドウで、[コンポーネント サービス] を展開し、[コンピューター] を展開して、[マイ コンピューター] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。




  3. [既定のプロパティ] タブを開き、次の値を設定します。
    • 既定の認証レベル: 接続
    • 既定の偽装レベル: 識別する




  4. [OK] をクリックします。

fixit fix it fixme
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2387587 - 最終更新日: 03/31/2016 07:32:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Excel 2010, Microsoft Word 2010, Microsoft PowerPoint 2010

  • consumeroff2010track kbmsifixme kbfixme kbsmbportal KB2387587
フィードバック
のコンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります。" エラーが、Office ファイルが添付されている電子メールを受信すると表示されます。この問題の解決方法を示します。" />
のコンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります。" エラーが、Office ファイルが添付されている電子メールを受信すると表示されます。この問題の解決方法を示します。" />