Windows インストーラー エラーのトラブルシューティング方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2438651
現象
インストール、アンインストール、または Windows ベースのコンピューター上のプログラムを更新するとき次のエラー メッセージのいずれかが表示される可能性があります。
エラー メッセージ 1
Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。
エラー メッセージ 2
Windows インストーラー サービスを起動できませんでした。
エラー メッセージ 3
ローカル コンピューター上の Windows インストーラー サービスを開始できませんでした。エラー 5: アクセスが拒否されました。
解決方法
自動的に問題を解決するには、トラブルシューティングを実行します。
この問題を自動的に修正を実行します」プログラムをインストールまたはアンインストールできないことに問題を修正します。"破損したレジストリ キーのためのプログラムのインストールまたはアンインストールをブロックする問題を修復するトラブルシューティング ツールです。
問題を手動で修正します。
重要: この資料では、多くの方法と手順を実行には、管理者としてコンピューターにログオンしている必要があります。
管理者権限を持つアカウントを使用しているかどうかを決定するには
管理者権限を持つアカウントを使用しているかどうかを確認するのに実行しているオペレーティング システムに応じて、次のいずれかを使用します。
Windows 7 および Windows Vista
  1. 日付と時刻] ダイアログ ボックスを開きます。
    1. [スタート] をクリックします。
    2. 検索の開始に次のコマンドを入力またはプログラムとファイルを検索して ボックス、および Enter キーを押します。
      timedate.cpl
      日付と時刻] ダイアログ ボックスが表示されます。
      この手順のスクリーン ショット
  2. 変更日付と時刻をクリックします。ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示されたら、[続行] をクリックします。
    この手順のスクリーン ショット
  3. クリックしたときの動作に応じて、次のいずれかの操作続行:
    • お使いのコンピューターはパスワードを要求していない場合、は、管理者アカウントを使用してログオンして既に。キャンセル] をクリックして 2 回、[日付と時刻の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。Windows インストーラーの問題を解決する用意が整いました。
    • お使いのコンピューターでは、パスワードを求めは、管理者アカウントでログオンしていません。
Windows XP および Windows Server 2003
  1. 日付と時刻] ダイアログ ボックスを開きます。
    1. 開始]をクリックし、[実行] をクリックします。
    2. 実行] ダイアログ ボックスで次のコマンドを入力し、 [ok]を押します。
      timedate.cpl
      この手順のスクリーン ショット
  2. 結果に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • 日付と時刻のプロパティ] ダイアログ ボックスが表示された場合は、既にログオンして管理者としてします。ダイアログ ボックスを閉じますキャンセルをクリックします。
      この手順のスクリーン ショット
    • 次のメッセージを受信する場合は、管理者としてログオンしていません。
      管理者としてログオンしていない場合にメッセージが表示されているスクリーン ショットが表示されます。
管理者としてコンピューターにログオンしていることを確認して後、は、Windows インストーラーの問題のトラブルシューティングを開始できます。

Windows インストーラーの問題を特定します。

Windows インストーラー エンジンが破損している場合、[無効] または [インストールされている正しく、これが発生するプログラムのインストールに関する問題です。

原因と考えられる問題をインストール、アンインストール、またはプログラムを更新するとき、Windows インストーラーの問題を識別するのにには、以下の方法を使用します。
方法 1: Windows インストーラー エンジンが正常に動作するかどうかを決定します。
  1. 開始] をクリックします。[スタート] ボタン、種類 cmd [検索] ボックスまたは [実行] をクリックし、入力 cmd ダイアログ (Windows XP または Windows Server 2003) で、コマンド プロンプト ウィンドウを開くには Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトで次のように入力します。 MSIExec、し、Enter キーを押します。
  3. MSI エンジンが動作している場合、エラー メッセージは表示されませんする必要があります。エラー メッセージが表示された場合は、問題に関するトラブルシューティング情報を検索するには、Bing や Google などの検索エンジンにエラー メッセージのテキストを入力します。
  4. インストールまたはアンインストールを再度実行してください。
方法 2: Windows インストーラー サービスが [無効] に設定されていないことを確認します。
  1. 開始] をクリックします。[スタート] ボタン、種類 services.msc [検索] ボックスまたは [実行] をクリックし、入力 services.msc ダイアログ (Windows XP または Windows Server 2003) と、サービスを開くには Enter キーを押します。
  2. Windows インストーラーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [スタートアップの種類] ボックスは、無効に設定されている場合は、手動に変更します。
  4. [OK] をクリックして [プロパティ] ウィンドウを閉じます。
  5. Windows インストーラーサービスを右クリックし、[開始] をクリックします。エラーのないサービスを開始する必要があります。
  6. インストールするか、もう一度アンインストールしてみてください。
方法 3: Windows インストーラーのバージョンを確認し、必要に応じて最新のバージョンにアップグレードします。
重要: このメソッドは、Windows XP、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2003 R2、および Windows Server 2008 にのみ適用されます。
  1. 開始] をクリックします。[スタート] ボタン、種類 cmd ボックスに、検索または実行] をクリックして (Windows XP または Windows Server 2003) は、ダイアログ ・ ボックスにservices.mscと入力し、enter キーを押してコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. コマンド プロンプトで次のように入力します。 MSIExec、し、Enter キーを押します。MSI エンジンが動作している場合は、エラー メッセージが表示する必要がありますしないと別のダイアログ ボックスを開く必要があります。MSI のバージョンが表示されます。
  3. ダウンロードおよびインストールの場合は、インストーラーは、バージョン 4.5 ではありません、 Windows インストーラー 4.5.
  4. インストールするか、もう一度アンインストールしてみてください。
方法 4: インストーラー エンジンを再登録します。
重要: このメソッドでは、Windows XP と Windows 2000 Server をのみ適用されます。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 cmd、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、次を入力し、各行の後 Enter キーを押します。
    MSIExec/unregister

    ファイル名を指定して
  3. インストールするか、もう一度アンインストールしてみてください。

インストールまたは更新の処理が正常に完了しなかったことを修正します。

インストールまたは更新メソッドの実行を完了しません

アンインストールするに、プログラムの更新またはインストールするために使用できるいくつかの方法があります。さらに、メソッドまたはメソッドを使用することがありますが開始されていないか正常に完了しました。この場合、またはプログラムの更新をインストールするに他のいくつかの方法を試してください。

ソフトウェアをインストールするために使用する一般的な方法は、次のように。
  • CD または DVD メディアを挿入し、インストールが自動的に起動できるようにします。
  • CD、DVD、リムーバブル メディア、またはプログラムのインストール ファイルが格納されているその他の場所を参照し、セットアップ プログラムをダブルクリックし、します。セットアップ ファイルは、通常、次のいずれかです。
    • 自動実行または Autorun.exe
    • セットアップまたは Setup.exe
    • インストールまたは Install.exe
  • Web サイトからプログラムをダウンロードするときは、[実行] をクリックします。

インストール メディアを読み取ることができません。

インストール CD メディアや DVD メディアが汚れや傷は、そのため、CD または DVD リーダーで読み取ることができなく。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
方法 1: CD または DVD をクリーニングします。
これを行うには、CD または DVD ディスク クリーニング キットを使用します。またはを柔らかくて埃の出ない綿の布を使用してディスクの銀色の面を軽く拭きます。プラスチックまたは筋が残ることができますこれとは、紙の布は使わないでください。ディスクをクリーニングするときは、ディスクの中央から外向きにふきます。円形のモーションを使用することはしません。問題が引き続き発生する場合は、湿らせた布か商用 CD または DVD ディスク クリーニング ソリューションを使用してディスクをクリーニングします。ディスクを完全に乾かしてから、ドライブに挿入することです。
方法 2: は、コンピューターまたはその他のリムーバブル メディアにインストール ファイルをコピーします。
これを行うは、場所をメモし、その場所からインストーラーを実行します。インストール ファイルがという名前の Autorun.exe または Setup.exe では、通常、これは異なる場合があります。確認していない場合は、インストール プロセスを実行する方法については、フォルダー内の Readme ファイルを確認してください。実行可能ファイル (.exe) がある場合は勧め仕入先から具体的な指示なしで直接 .msi ファイルを実行すること。

注: <b>複数の Cd または Dvd が必要な場合、逆の順序で同じフォルダーにすべてのディスクをコピーすることが勧め (高いディスク番号が最初)。メッセージが表示され、その場所からインストールする場合、既存ファイルの上書きを許可すること。
方法 3: インストール パッケージの最新バージョンを入手します。
CD または DVD からインストールしようとした場合は、次の操作を行います。
  • ソフトウェア パッケージの最新バージョンのソフトウェア製造元の web サイトを確認してください。ダウンロードし、新しいバージョンをインストールします。
  • もしも既に最新のバージョンを入手済みであれば、製造元の web サイトからプログラムをダウンロードおよびインストールを実行します。

ダウンロードまたはコピーしたインストール ファイルが破損しています。

方法 1: コンピューターにインストール ファイルをコピーします。
お使いのコンピューター上のローカル ハード ディスクまたは他のリムーバブル メディアには、インストール ファイルをコピーします。場所に注意してくださいし、その場所からインストールを実行します。インストール ファイルがという名前の Autorun.exe または Setup.exe では、通常、これは異なる場合があります。確認していない場合は、インストールを実行する方法については、フォルダー内の Readme ファイルを確認してください。実行可能ファイル (.exe) がある場合は勧め仕入先から具体的な指示なしで直接 .msi ファイルを実行すること。
  • インターネットからプログラムをインストールする場合は、お使いのコンピューター上のローカル ハード ディスク上のフォルダーまたはその他のリムーバブル メディアにファイルを保存 (選択を保存[ダウンロード] ダイアログ ボックスで実行をするのではなく)、ファイルを redownload します。その後、その場所からインストールを実行します。
  • 場合は、インストール ファイルは、ネットワーク (たとえば、市販または社内環境) では、お使いのコンピューター上のローカル ハード ディスク上のフォルダーにすべてのファイルをコピーし、その場所からインストールを実行します。
方法 2: インストール パッケージの最新バージョンを入手します。
パッケージをダウンロードして、それをインストールしようとしたときとの間にいくつかの時間が経過している場合は、次の操作を行います。
  • ソフトウェア パッケージの最新バージョンのソフトウェア製造元の web サイトを確認してください。ダウンロードし、新しいバージョンをインストールします。
  • 最新バージョンがある場合、もう一度プログラムをダウンロードし、インストールを実行します。

お使いのコンピューター上で実行中のプログラムは、インストール プロセスに干渉すること

インストール プロセスを妨げている可能性のあるプログラムを無効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックします。[スタート] ボタン、種類 msconfig [検索] ボックスし、[ msconfig.exe] をクリックします。

    ユーザー アカウント制御の許可 管理者のパスワードまたは確認のメッセージが表示されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  2. [全般] タブで、スタートアップのオプションを選択し、[スタートアップ項目を読み込む] チェック ボックスをオフにし。
  3. [サービス] をクリックしてすべての Microsoft のサービスを非表示にする場合、すべて無効にする] をクリックします。
  4. [ OK] をクリックし、[再起動] をクリックします。
  5. ソフトウェア プログラムのインストールを実行してください。
  6. 問題のトラブルシューティングが完了したら、通常スタートアップ モードでコンピューターを再起動します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. 開始] をクリックします。[スタート] ボタン、、[検索] ボックスにmsconfigと入力し、[ msconfig.exe] をクリックします。

      ユーザー アカウント制御の許可 管理者のパスワードまたは確認のメッセージが表示されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
    2. [全般] タブ、[通常スタートアップ] をクリックを選択し、[ OK] をクリックし、[再起動] をクリックします。
MSConfig を使用する方法の詳細については、次を参照してください。 Windows 8 の、Windows 7 または Windows Vista でクリーン ブートを実行することによって、問題のトラブルシューティング方法.

プログラムが正常にアンインストールされなかったことを修正します。

通常のプログラムを削除する方法はいくつかあります。このような場合は、プログラムを削除するのにはいくつかの他のメソッドを実行してください。

ソフトウェアをインストールするために使用する一般的な方法は、次のように。
方法 1: (該当する場合)、[アンインストール] オプションを使用して、
  1. 開始] をクリックします。[スタート] ボタン、し、[すべてのプログラム] をクリックします。
  2. をアンインストールしようとしているプログラムのフォルダーを選択し、フォルダーを開きます。
  3. アンインストール オプションがある場合は、それを使用してください。
方法 2: コントロール パネルを使用してオプション
  1. 開始] をクリックします。[スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、プログラムと機能、または追加し、[プログラムの削除] をクリックし、[プログラムのアンインストール] をクリックします。
  2. プログラムを選択し、[アンインストール] をクリックします。指示に従います。
トラブルシューティングの詳細
注: <b>次の手順は、上級ユーザーのみに適しています。

過度に長いファイル名およびフォルダー名をを確認します。

260 文字より長いファイルまたはフォルダーの名前がないことを確認します。

パスの最大の長さの制限の詳細についてを参照してください。 ファイル、パス、および名前空間の名前を付ける.

MSI ログを有効にして、.msi に詳細ログ ファイルを読み取る

ほとんどのプログラムは、インストール ログを作成します。このようなログが見つからない場合は、詳細な MSI ログを有効にできます。詳細については、 Windows インストーラーのロギングを有効にする方法.

注: <b>ブートス トラップ アプリケーション (.exe) を使用せず、.msi ログ ファイルを実行している場合は、詳細ログのパラメーターを追加できます。たとえば、次のコマンドを実行できます。
Msiexecパス\your_msi.msi/L * vパス\your_msi_log.txt
Msiexec コマンド ライン パラメーターのリストは、次を参照してください。 コマンド ライン オプション.

インストールの失敗をログに記録通常"戻り値 3" の問題が発生した場所と、インストールのロールバックの開始位置。戻り値 3 のログ エントリの前にすぐにエラーの説明が表示されます。

Wilogutl.exe を使用して、ログ ファイルを分析するには

使用することができます、 Wilogutl.exe Windows インストーラーのインストールからログ ファイルを分析するツールです。このツールは、ログ ファイル内で見つかったエラーの解決方法を提案する可能性があります。最新版の使用可能になります。 Windows ソフトウェア開発キット.

コマンド ・ ラインで Wilogutl.exe ツールを使用する方法の例は次のとおりです。
wilogutl/q/lc:\mymsilog.log /o c\outputdir\

プログラムを手動でアンインストールします。

Windows のインターフェイス経由でプログラムの一部を手動でアンインストールすることができます。たとえば、プログラム ファイルとフォルダーを削除できませんする必要があります。これを行う手順をアンインストールしようとしているプログラムで実行している Windows のバージョンによっては広く、異なる場合がありますので規範となる手順記載されていません。ファイルとそのプログラムのフォルダーを識別するためにアンインストールしようとしているプログラムに十分に慣れていない場合は、行うことこの方法を実行することです。一般に、プログラム ファイルとフォルダーの削除を開始するとき、オペレーティング システムの損傷のリスクを実行します。ご自身の責任でこのメソッドを使用します。

プログラムを手動でアンインストールを検討している場合は、次の注意してください。
  • このメソッドを使用する前に、システムの復元ポイントを作成することを確認します。
  • 作業を開始する前に、個人データやプログラムをアンインストールする場合のインストール フォルダーに最終的に可能性がありますがドキュメントに移動します。たとえば、[ドキュメント] フォルダーにこの材料を移動します。
  • プログラム ファイルを手動で削除することはできません、する場合、ファイルが使用されている、または他のいくつかのプログラムがファイルへのアクセスおよび削除することができないことがあります。などのウイルス対策ソフトウェア ファイルにアクセスすることがあります。ウイルス対策ソフトウェアがプログラム ファイルにアクセスすると、削除が不可能になる、この同じウイルス対策ソフトウェアの従来の方法でプログラムをアンインストールするが拒否されていることがあります。
詳細
インストールする、またはプログラムをアンインストールする方法の詳細については、以下を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2438651 - 最終更新日: 11/01/2015 02:39:00 - リビジョン: 40.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Starter, Windows Vista Ultimate, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Starter Edition, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows 2000 Enterprise Edition, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Standard Edition

  • kbsurveynew kbexpertiseinter kbinfo kbcip kbconsumer kbquadrantinstall kbmt KB2438651 KbMtja
フィードバック