現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX sys.syscommittab システム ・ テーブルの保存期間を変更 SQL Server 2008 での追跡後クリーンアップされません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2446860
Microsoft Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • 使用できます、 変更の追跡 自動クリーンアップ データベースのプロパティの Microsoft SQL Server 2008。

    メモ は、 自動クリーンアップ プロパティは、データ変更の追跡を自動的にクリーンアップされます。
  • 設定は、 保存期間 保有期間の単位 [プロパティ] します。
このシナリオでは、 sys.syscommittab システム テーブルの変更の追跡は、一定期間後はクリーンアップされません。

メモ
  • 最新のコミットされたトランザクションから変更履歴を表示するには、次のクエリを実行します。トランザクションの保有期間よりも古い場合、この問題が発生しました。
    Use <Database Name>select top 10 * from sys.dm_tran_commit_table order by commit_time
  • 使用されるディスク容量を取得する、 sys.syscommittab システム テーブルは、専用管理者接続 (DAC) を使用して、サーバーへの接続し、次のクエリを実行します。
    sp_spaceused 'sys.syscommittab'
解決方法

SQL Server 2008 Service Pack 1

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 11 で最初リリースされました。

この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2413738 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 11
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
Microsoft SQL Server 2008 SQL Server サービス ・ パックの特定の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

SQL Server 2008 Service Pack 2

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 2 の累積的な更新の 2 に初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2467239 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2402659 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされたビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 2 のインストールには SQL Server 2008 Service Pack 2 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
変更の追跡の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2446860 - 最終更新日: 07/07/2011 07:41:00 - リビジョン: 4.0

  • kbfix kbqfe kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB2446860 KbMtja
フィードバック
var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write(" >