マイクロソフトは、Communicator の詳細については、Mac 2011 13. 1 更新

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2476505
更新プログラムの詳細
この更新プログラム共有機能でマイクロソフトの Communicator 2011/Mac のデスクトップを紹介します。

更新プログラムに含まれる機能強化

マイクロソフトは、Communicator for Mac 2011 13. 1年更新プログラムは、次の機能強化が含まれます。

マイクロソフトの Communicator を Mac 2011 の向上

  • Communicator 2011/Mac のデスクトップ共有機能が含まれています。
    この更新プログラムは、デスクトップ共有機能について説明します。 デスクトップは、会話中に連絡先をここで共有できます。 たとえば、プレゼンテーション スライド デッキ、または連絡先を表示するドキュメントがある場合は、セッション、IM ウィンドウから直接共有するデスクトップを開始できます。 デスクトップを共有すると、デスクトップ共有セッションに参加に招待されたその他のユーザーの共有] 画面で実行しているすべてのタスクを表示できます。
前提条件
マイクロソフトは、Communicator for Mac 2011 13. 1年更新プログラムをインストールする前に、コンピューターが Mac 2011 と Mac OS X の v10.5.8 またはそれ以降のバージョンの Mac OS X オペレーティング システムを Microsoft Communicator をしていることを確認します。

クリックして、コンピューターがこの必要条件を満たしていることを確認するのにはこの Mac についてにはアップルメニューです。

更新プログラムを入手する方法

マイクロソフトの自動更新は、Communicator for Mac 2011 13. 1年更新プログラムがあります。 自動更新は、マイクロソフトのソフトウェアを自動的に最新の状態に保つプログラムです。

自動更新を使用するには、Microsoft Office プログラムを起動します。 その後、上、ヘルプメニューをクリックして更新のチェック.

Office for Mac 2011 のリソースの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
リリース日: 2010 年 12 月 13日、

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2476505 - 最終更新日: 12/13/2010 17:26:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbautoupdate kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmt kbsurveynew KB2476505 KbMtja
フィードバック