現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server ブラウザー サービス修正: 着信方向の要求を定期的に応答しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2526552
マイクロソフト Microsoft SQL Server 2008年で配布または Microsoft SQL Server 2008 R2 1 つのダウンロード可能なファイルとして修復します。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
SQL Server ブラウザー サービスまたは Microsoft SQL Server 2008 Microsoft SQL Server 2008年の R2 を定期的に受信要求に応答しません。

データベース エンジンのインスタンスに接続しようとした場合、この問題が発生すると、接続は失敗します。さらに、次のエラー メッセージ受信記録または。
  • クライアントに次のエラー メッセージが表示されます。
    SQL Server への接続を確立中に、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからなかったかアクセスできませんでした。インスタンス名が正しいこと、および、SQL Server のリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください。(プロバイダー: SQL ネットワーク インターフェイス、エラー: 26 - エラーを検索するサーバーのインスタンスの指定)
  • 次のエラー メッセージがイベント ログにはいくつかの時間を秒で記録されます。
    • SQLBrowser サービス (イベント ID 8)、クライアントの要求を処理できませんでした。
    • SQLBrowser 要求の処理は、特定の IP アドレスに対しては、重大なエラーが発生しました。このアドレスでの要求の処理を停止した (イベント ID 14) されています。

  • 組み込みの診断 (BID) トレース データを使用する場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
    <CSsrp::SSRPWorkerThread|ERR|RET>ワーカー スレッドを終了しました: 0 {WINERR}</CSsrp::SSRPWorkerThread|ERR|RET>
メモこの問題から回復するには、SQL Server のブラウザー サービスを再起動する必要します。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 サービス パック 1

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新 14 まずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
2527187 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 14
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
970365 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 のビルド
特定の SQL Server の Service Pack の Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 サービス パック 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server の Service Pack で提供されるすべての修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。

SQL Server 2008 サービス パック 2

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 2 の累積的な更新 4 で最初リリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
2527180 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 4
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2402659 SQL Server 2008 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 のビルド
特定の SQL Server の Service Pack の Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 2 のインストールには、SQL Server 2008 サービス パック 2 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server の Service Pack で提供されるすべての修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。

SQL Server 2008 R2


この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 7 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
2507770 SQL Server 2008 R2 を累積的な更新プログラム パッケージ 7
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、前回公開された SQL Server 2008 R2 修正プログラムに含まれていたセキュリティ修正プログラムおよび修正プログラムがすべて含まれています。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
981356 SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1


この問題に対する修正は SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積的な更新 1 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
2544793 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム パッケージ 1
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2567616 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。



状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • IPv6 コンポーネントを無効にします。

    IPv6 コンポーネントを無効にする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
    929852 Windows Vista、Windows 7 および Windows Server 2008 で、特定のインターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) コンポーネントを無効にする方法
  • 別名ポートのハードコーディングするノードで、SQL Server のローカル インスタンスを使用します。
  • SQL Server のローカル インスタンスが影響を受けるクライアント アプリケーションでのポートのハードコーディングします。
  • SQL Server のブラウザー サービスをローカルで頻繁に要求を送信するアプリケーションを無効にします。

    たとえば、頻繁に SQL Server ブラウザー サービスに要求を送信いくつかローカルのバックアップ ・ アプリケーションを無効にします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2526552 - 最終更新日: 10/23/2012 02:10:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup

  • kbqfe kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbfix kbmt KB2526552 KbMtja
フィードバック
r varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("