現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 環境において、Office Outlook 2007 および Outlook 2010 のユーザーの空き時間情報を表示できない場合のトラブルシューティング方法

はじめに

重要この資料は、Exchange Online のみを使用し、Office 365 の Exchange Online とオンプレミス Exchange Server の間でハイブリッド展開を構成していない組織のユーザーにのみ適用されます。ハイブリッド展開を構成している場合は、以下の VKB 資料を参照してください。

2667844 オンプレミス Exchange Server と Office 365 Exchange Online でハイブリット展開されたリモート ユーザーの空き時間情報を表示することができない

上記資料では、Microsoft Office 365 環境において、Microsoft Office Outlook 2007 と Microsoft Outlook 2010 で他のユーザーの空き時間情報を表示できない場合のトラブルシューティング方法について記載しています。ユーザーが空き時間情報を表示できないシナリオは、いくつか考えられます。
  • 予定表で会議リクエストを実行しようとした。
  • Outlook の他のユーザーの空き時間情報を表示しようとした。
このようなシナリオでは、Outlook が Exchange Availability サービスおよび Exchange 自動検出サービスに接続できず、情報が表示されない可能性があります。

トラブルシューティング前に実行すること


トラブルシューティング


その他のトラブルシューティング方法

手順

下のリンクをクリックすると、問題の買い解決に役立つガイド付きチュートリアルが Web ブラウザーに表示されます。

ガイド付きの手順を開始してください。

トラブルシューティング前に実行すること

トラブルシューティングを開始する前に、以下の 2 つの条件が満たされていることを確認してください。

トップに戻る

Office 365 デスクトップ セットアップ ツールを実行していることを確認する

Office 365 でデスクトップを設定する方法の詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

トップに戻る

コンピューターが Office 365 のシステム要件を満たしていることを確認する

Office 365 のシステム要件については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。 
Office のインストールを更新する場合、問題が解決しているか確認するため、空き時間情報を読み込むかどうかをテストします。問題が解決していない場合、「トラブルシューティング」セクションの手順を進めます。

トップに戻る

トラブルシューティング

状況に応じて、以下のいずれか 1 つ、または複数の方法でトラブルシューティングしてください。

トップに戻る

Availability サービスへのアクセスに関するトラブルシューティング

手順 1 から手順 3 までは、問題の原因を切り分けるのに役立ちます。これらの手順の結果に基づき、問題の原因がローカル コンピューターであるのか、組織の構成が原因であるのかを確認できます。

トップに戻る

手順 1: ユーザー アカウントで Exchange Online の Availability サービスにアクセスできるかを確認する


Exchange Online で空き時間情報を取得するには、Availability サービスへの接続が必要です。Outlook のプロファイルが構成されると、Availability サービスのエンドポイントは自動検出サービスにより提供されます。組織で利用する構成により、自動検出サービスは、オンプレミス環境にポイントする、もしくは Exchange Online サーバーに直接ポイントするよう構成されます。重要なのは、自動検出サービスが、空き時間情報を読み出せないユーザーのリクエストに応答しているか確認することです。以下の手順で確認します。
  1. Web ブラウザーを起動し、https://testconnectivity.microsoft.com/ (英語) を開き、Microsoft Remote Connectivity Analyzer ツールにアクセスします。
  2. [Office 365] タブをクリックし開きます。
  3. [Microsoft Office Outlook Connectivity Tests” (Microsoft Office Outlook 接続テスト) の下に表示されている [Outlook Autodiscover] (Outlook 自動検出) をクリックしてから [Next] (次へ) をクリックします。
  4. “Outlook Autodiscover” (Outlook 自動検出) ページでフォームに情報を入力し、[Perform Test] (テストの実行) をクリックします。
  5. テスト完了後、“Test Details” (テストの詳細) ページで各テスト手順を展開し、問題を切り分けます。テストが成功した場合、自動検出クエリの結果を確認できます。結果は、自動検出サービスにより提供される URL の一覧を表示します。成功した結果は以下のようになります。


    Screen shot of the Test Details page that shows the results of the Autodiscover test in Remote Connectivity Analyzer

    テストが失敗した場合、Office 365 管理者は自動検出サービスが組織内で正しく設定されているか確認してください。確認方法の詳細については、「手順 3: 自動検出 DNS レコードを作成または変更する」セクションを参照してください。

トップに戻る

手順 2: 電子メールの自動構成のテスト ツールを利用して、Outlook が自動検出サービスに接続できるか確認する


自動検出サービスが組織の外部から動作することを確認したら、ローカル コンピューターで正常に動作するかを確認します。電子メールの自動構成のテスト ツールで、自動検出サービスと Availavility サービスが Outlook クライントで動作しているか確認します。以下の手順に従ってください。
  1. Outlook を起動します。
  2. Ctrl キーを押したまま、通知領域で Outlook アイコンを右クリックし、[電子メールの自動構成のテスト] をクリックします。
  3. [電子メール アドレス] のボックスにて、正確な電子メール アドレスであるか確認します。
  4. [電子メールの自動構成のテスト] ウィンドウで、[Guessmart を使用する] のチェック ボックスをオフにし、[セキュア Guessmart 認証] チェック ボックスをオンに選択します。
  5. [AutoDiscover を使用する] のチェック ボックスをオンにしてから、[テスト] をクリックします。
テストが成功し、Outlook で正しい Availabiliy サービスの URL を読み出すことができることを確認します。正常な結果は以下のような表示になります。


正常な結果


テストが成功しない場合、ローカル コンピューターが自動検出サービスに接続できていない可能性があります。ローカル コンピューターから接続できない一般的な理由は以下の通りです。
  • ローカルのファイアウォールが Outlook から自動検出サービスへの接続をブロックしている。
  • Office 365 デスクトップ セットアップ ツールがコンピューター上で実行されていない。
さらに、上記手順で空き時間情報の問題が解決しない場合は、「その他の方法」セクションを参照してください。

トップに戻る

手順 3: 自動検出 DNS レコードを作成または変更する


カスタム ドメインとは、Office 365 の既定ドメインである DomanName.onmicrosoft.com とは別に Office 365 に追加されるドメインです。組織において、Exchange Onlineでカスタム ドメインを使用しており、またすべてのユーザーを Office 365 へ移行させた場合、Exchange Online の自動検出サービスへのエンドポイントへ移行ユーザーをリダイレクトするように DNS レコードを構成する必要があります。autodiscover.contoso.com の CNAME レコードを作成し、autodiscover.outlook.com を参照させる必要があります。

ここでは “contoso.com” の部分を組織のドメイン名に置き換えてください。

自動検出 CNAME レコードには以下の情報を含める必要があります。
  • エイリアス:autodiscover
  • ターゲット: autodiscover.outlook.com
詳細については、「Office 365 の外部ドメイン ネーム システム レコード」を参照してください。

注: Exchange ハイブリッド展開を構成している場合、既存の SMTP ドメイン用の自動検出パブリック DNS レコードが、オンプレミス環境を参照するようセットアップします。詳細については、「ハイブリッド展開の前提条件」を参照してください。

トップに戻る

その他のトラブルシューティング方法

以下の手順でも、一般的な空き時間情報の問題を解決できる場合があります。

Outlook と /cleanfreebusy スイッチを同時に実行する

Outlook には問題の修復に利用できる、いくつかのコマンドライン スイッチがあります。空き時間情報の問題を修復する際は、以下の手順を用いてスイッチを実行します。
  1. Outlook を終了します。
  2. Outlook.exe のパスを確認するために、以下の手順に従います。
    1. [スタート]、[プログラムとファイルの検索] を順にクリックします 。
    2. [名前] ボックスにて、「Outlook.exe」 と入力して、Enter キーを押下します。
    3. Outlook の実行ファイルのパスについては以下の通りです。
      • Outlook 2007 の既定のパスは次の通りです: \Program Files\Microsoft Office\Office12\Outlook.exe
      • Outlook 2010 の既定のパスは次の通りです: \Program Files\Microsoft Office\Office14\Outlook.exe
    4. [ファイル] メニューより、[終了] をクリックします 。
  3. [スタート] をクリックして、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  4. [名前] ボックスにおいて、ファイル名を含む Outlook のパスを入力してから、スペース キーを一度押し、「/cleanfreebusy」と入力します。

    例えば、Outlook 2007 のコマンドは、以下の通りです。

    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\Outlook.exe." /Cleanfreebusy
    .
    注:長いファイル名を保持するために、引用符を使用してすべてのパスを入力します。
  5. 問題が解決しているか確認します。
トップに戻る


UseLegacyFB レジストリ値が構成されているか判断する

重要: この方法には、レジストリを変更する手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が生じる場合があります。そのため、手順を実行する際は慎重に進めてください。万一に備え、変更する前にレジストリのバックアップをお勧めします。そうすることで、問題が生じた場合にも、レジストリを修復することができます。レジストリのバックアップおよび修復方法の詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料番号をクリックして資料を参照してください。

322756: Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

組織が最近 Office 365 に移行した場合、Outlook 2007 は以前の環境で使用していたレジストリのエントリを使用するように構成されている可能性があります。このエントリにより、Outlook は [Schedule+ Free Busy] パブリック フォルダー上のアカウントの空き時間情報を使用することになります。パブリック フォルダーは、Exchange Online の空き時間情報の参照場所としては利用されません。以下の手順を用い、この構成の有無を確認します。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 以下のレジストリ サブキーを特定して展開します。 

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Offlice\12.0\Outlook\Options\Calendar
  3. UseLegacyFB レジストリ エントリを探します。UseLegacyFB レジストリ エントリがある場合、そのエントリを削除します。または、UseLegacyFB レジストリ エントリの値を0」に変更します。

トップに戻る

注: 1 人のユーザーを除くすべてのユーザーの空き時間情報を表示できる場合、問題は空き時間情報を表示できないユーザーに発生しています。当該ユーザーに対しトラブルシューティングを実行し、クライアントが空き時間情報を表示できない理由を確認します。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号:2581088 - 最終更新日: 04/12/2016 08:50:00 - リビジョン: 23.0

Microsoft Exchange Online

  • o365 kbgraphxlink o365a o365e o365p o365m o365022013 kbtshoot kbgraphic KB2581088
フィードバック
"display:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">