現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX: データ コレクターのジョブが SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 の MDW データベースのデータをクリアするまでに時間がかかる

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2584903

Microsoft Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 の修正プログラムは 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的なあるため各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、前 SQL Server 2008 R2 SP1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 管理データ ウェアハウス (MDW) データベースは、Microsoft SQL Server 2008 または Microsoft SQL Server 2008 R2 内の大量のデータを含む snapshots.query_stats テーブルを持ちます。
  • MDW データベースからデータを消去するために次のデータ コレクター ジョブを実行します。
    mdw_purge_data_ [<MDW database="" name=""></MDW>]
このシナリオでは、データを消去するのには、データ コレクターのジョブの時間がかかります。

注:
  • データを消去するために、データ コレクター ジョブは、 core.sp_purge_data ストアド プロシージャを呼び出します。
  • SQL Server 2008 R2 でこの問題の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
原因
この問題は、 snapshots.query_stats テーブルに大量のデータが含まれている場合、mdw_purge_data ジョブがバッチ指向のクリア操作を実行するのに長く時間がかかるために発生します。
解決方法

サービス パックの情報

SQL Server 2008

SQL Server 2008 でこの問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. SQL Server 2008 の最新の service pack を入手します。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    968382 SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法
  2. 既存の MDW データベースを SQL Server 2008 の最新の service pack をインストールした後、管理データ ウェアハウス構成ウィザードを実行して更新する必要があります。


SQL Server 2008 R2

SQL Server 2008 R2 でこの問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. SQL Server 2008 R2 の最新のサービス パックを取得します。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    2527041 SQL Server 2008 R2 用の最新の service pack の入手方法
  2. 既存の MDW データベースを SQL Server 2008 R2 の最新の service pack をインストールした後、管理データ ウェアハウス構成ウィザードを実行して更新する必要があります。
  3. Sp_purge_orphaned_notable_query_text ストアド プロシージャは次のように更新します。

    既存のプロシージャ

    -- Deleting TOP N orphaned rows in query plan table by joining info from temp table variable-- This is done to speed up delete query. DELETE TOP (@delete_batch_size) snapshots.notable_query_plan FROM snapshots.notable_query_plan AS qp , #tmp_notable_query_plan AS tmpWHERE tmp.[sql_handle] = qp.[sql_handle]
    更新手順

    -- Deleting TOP N orphaned rows in query text table by joining info from temp table-- This is done to speed up delete query. DELETE TOP (@delete_batch_size) snapshots.notable_query_text FROM snapshots.notable_query_text AS qt, #tmp_notable_query_text AS tmpWHERE tmp.[sql_handle] = qt.[sql_handle]
    メモ これらの変更は、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 を適用した後、delete ステートメント、snapshots.notable_query_plan テーブルが正しく参照しているために、sp_purge_orphaned_notable_query_text のストアド プロシージャのテキストを修正する必要があります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
データ コレクターのストアド プロシージャを更新するのには、完全なスクリプトは、次のブログにも参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2584903 - 最終更新日: 07/01/2013 05:07:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard

  • kbqfe kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbfix kbmt KB2584903 KbMtja
フィードバック