修正: クライアント コンピューターは L2TP または IPSec 端点は、ネットワーク負荷分散を使用して脅威管理ゲートウェイ 2010年サーバー経由でアレイ アクセスできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2592455
現象
次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1:

  • Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010年 (TMG) Service Pack 1 (SP1) 統合ネットワーク負荷分散 (NLB) を実行しているサーバーは、あります。
  • 少なくとも 2 つのネットワーク アダプターがあるし、インターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) およびレイヤー 2 トンネリング プロトコル (L2TP) のトラフィックを TMG アレイには、対象のリモートを使用できます。
  • ルート関係は、IPsec と L2TP over IPsec を転送するネットワーク間で TMG で構成されています。
  • 内部クライアント コンピューターによって、他のネットワーク上のサーバーに接続するのには、IPsec または L2TP over IPsec を使用します。その他のネットワークは外部または境界領域ネットワークにあります。

シナリオ 2:

  • TMG SP1 で NLB を実行しているサーバーがあります。
  • 少なくとも 2 つのネットワーク アダプターがあるし、TMG アレイには、リモート宛先からの IPsec または L2TP トラフィックを有効にします。
  • ネットワーク アドレス変換 (NAT) の関係は TMG で IPsec と L2TP over IPsec を転送するネットワーク間で構成されています。
  • 内部クライアント コンピューターによって、他のネットワーク上のサーバーに接続するのには、IPsec または L2TP over IPsec を使用します。その他のネットワークは外部または境界領域ネットワークにあります。
これらのシナリオで NLB と TMG 統合の障害は、IPsec または L2TP over IPsec を使用して、クライアント コンピューターは外部または境界領域のネットワーク上のサーバーに接続できません。
解決方法
この問題を解決するには、以下のサポート技術情報の資料に記載されている service pack をインストールします。
2555840 Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010年用の Service Pack 2 の説明

状況
Microsoft は、これは「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題であること確認しています。
関連情報
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語の説明

TMG2010 TMG2010sp1 sp1

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2592455 - 最終更新日: 10/17/2011 20:08:00 - リビジョン: 1.0

  • kbbug kbfix kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2592455 KbMtja
フィードバック