現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 の更新プログラムのリリース

中小企業のお客様は、中小企業向けサポートサイトで問題解決コンテンツや学習リソースもご利用ください。
はじめに
この資料では、Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 に新しいベスト プラクティスを追加する更新プログラムについて説明します。

Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 (Windows Server ソリューション BPA) は、Microsoft Baseline Configuration Analyzer (MBCA) テクノロジを基にして構築された診断ツールです。Windows Server ソリューション BPA は、次のいずれかのオペレーティング システムを搭載しているコンピューターをスキャンして、既存のサーバー設定と事前に定義された一連の推奨されるベスト プラクティスを比較します。
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
  • Windows Small Business Server 2011 Essentials
  • Windows Storage Server 2008 R2 Essentials
  • Windows Multipoint Server 2011
Windows Server ソリューション BPA は次のタスクを実行します。
  • サーバーに関する情報を収集します。
  • サーバーの設定が、マイクロソフトが推奨する一連のベスト プラクティスに従っているかどうかを確認します。
  • スキャン結果のレポートを提供します (レポートはサーバー設定と推奨されるベスト プラクティスとの相違点を明確にします)。
  • サーバーの問題の原因となる可能性がある状態を特定します。
  • 潜在的な問題の解決策を推奨します。
詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムを入手するには、Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 を実行します。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、コンピューターに以下のいずれかのオペレーティング システムが搭載されている必要があります。
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
  • Windows Small Business Server 2011 Essentials
  • Windows Storage Server 2008 R2 Essentials
  • Windows Multipoint Server 2011 Standard
  • Windows Multipoint Server 2011 Premium
さらに、Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 がインストールされている必要があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている更新プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

新規ベスト プラクティス

この更新プログラムをインストールした後で、Windows Server ソリューション BPA によって次の確認処理が実行されます。
  1. リモート Web アクセスのアプリケーション プールが既定のアカウントを使用しているかどうかを確認します。
  2. リモート Web アクセスのアプリケーション プールが既定のバージョンの .NET Framework を使用しているかどうかを確認します。
  3. リモート Web アクセスのアプリケーション プールが既定のマネージ パイプライン モードを使用しているかどうかを確認します。
  4. リモート Web アクセスのアプリケーション プールが既定のビット版を使用しているかどうかを確認します。
  5. ビルトイン Administrators グループが "バッチ ジョブとしてログオン" ユーザー権利を持っているかどうかを確認します。
  6. Windows ファイアウォールが有効になっているかどうかを確認します。
  7. DNS ホスト (A) リソース レコードで正しい IP アドレスが指定されているかどうかを確認します。
  8. 内部ネットワーク アダプターが DNS 内のネットワーク アダプターの IP アドレスを登録するように構成されているかどうかを確認します。
  9. DNS ForwardingTimeout レジストリ キーの値と RecursionTimeout レジストリ キーの値が同一かどうかを確認します。
  10. DNS の拡張機能 (EDNS) が有効になっているかどうかを確認します。
  11. Active Directory ドメインの DNS ゾーン転送がセキュリティで保護された更新を許可しているかどうかを確認します。
  12. DNS ゾーン転送がセキュリティで保護された更新を許可しているかどうかを確認します。
  13. Administrators グループの Internet Explorer のセキュリティ強化の構成が有効になっているかどうかを確認します。
  14. Users グループの Internet Explorer のセキュリティ強化の構成が有効になっているかどうかを確認します。
  15. ソース サーバーが Active Directory サイトとサービス スナップイン内にあるかどうかを確認します。
  16. ソース サーバーが SBSComputer 組織単位 (OU) 内にあるかどうかを確認します。
  17. MaxCacheTTL DNS パラメーターが設定されているかどうかを確認します。
  18. Windows Small Business Server (SBS) グループ ポリシーがあるかどうかを確認します。
  19. DNS ネーム サーバーのリソース レコードが前方参照ゾーン内にあるかどうかを確認します。
  20. DNS ネーム サーバー レコードが _msdcs ゾーン内にあるかどうかを確認します。
  21. 委任された _msdcs 前方参照ゾーンの DNS ネーム サーバー レコードがあるかどうかを確認します。
  22. Windows SBS がドメイン名前付けマスターかどうかを確認します (Windows SBS がドメイン名前付けマスターである場合は、確認メッセージが表示されます)。
  23. Windows SBS がインフラストラクチャ マスターかどうかを確認します (Windows SBS がインフラストラクチャ マスターである場合は、確認メッセージが表示されます)。
  24. Windows SBS がプライマリ ドメイン コントローラー マスターかどうかを確認します (Windows SBS がプライマリ ドメイン コントローラー マスターである場合は、確認メッセージが表示されます)。
  25. Authenticated Users グループが、Pre-Windows 2000 Compatible Access グループのメンバーになっているかどうかを確認します。
  26. Windows SBS が相対 ID (RID) マスターかどうかを確認します (Windows SBS が RID マスターである場合は、確認メッセージが表示されます)。
  27. DNS クライアントが正しく構成されているかどうかを確認します。
  28. Windows SBS がスキーマ マスターかどうかを確認します (Windows SBS がスキーマ マスターである場合は、確認メッセージが表示されます)。
  29. .NET Framework の RootVeer レジストリ エントリの値が正しいかどうかを確認します。
  30. サーバーに ping を実行できるかどうかを確認します。
  31. リモート デスクトップ プロトコル (RDP) ポートの値が既定値かどうかを確認します。
  32. SysvolReady レジストリ キーの値が正しいかどうかを確認します。
  33. Sysvol フォルダーが共有されているかどうかを確認します。
  34. 空きディスク容量が非常に少なくなっていないかどうかを確認します。
  35. 既定のアプリケーション プールの値が変更されているかどうかを確認します。
  36. 認証機関名が原因でエラーが発生するかどうかを確認します。
  37. OriginalMachineName(90) レジストリ キーの値が正しいかどうかを確認します。
  38. OriginalMachineName(100) レジストリ キーの値が正しいかどうかを確認します。
  39. Exchange Server 2010 のバージョンがリリース版かどうかを確認します。
  40. Windows SBS がジャーナル ラップ状態になっているかどうかを確認します。
  41. 外部リモート プロシージャ コール (RPC) の認証が既定の方法に設定されているかどうかを確認します。
  42. 内部 RPC の認証が既定の方法に設定されているかどうかを確認します
  43. Windows Server 2008 R2 のバージョンがリリース版かどうかを確認します。
  44. SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) がインストールされているかどうかを確認します。
  45. 空の Servers コンテナーがあるかどうかを確認します。
  46. Exchange の承認済みドメインが既定のドメイン以外かどうかを確認します。
  47. SharePoint のアプリケーション プールが既定のアカウントを使用しているかどうかを確認します。
  48. SharePoint のアプリケーション プールが既定のバージョンの .NET Framework を使用しているかどうかを確認します。
  49. SharePoint のアプリケーション プールが既定のマネージ パイプライン モードを使用しているかどうかを確認します。
  50. SharePoint のアプリケーション プールが既定のビット版を使用しているかどうかを確認します。
  51. PowerShell のアプリケーション プールが既定のアカウントを使用しているかどうかを確認します。
  52. PowerShell のアプリケーション プールが既定のバージョンの .NET Framework を使用しているかどうかを確認します。
  53. PowerShell のアプリケーション プールが既定のマネージ パイプライン モードを使用しているかどうかを確認します。
  54. PowerShell のアプリケーション プールが既定のビット版を使用しているかどうかを確認します。
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:2600333 - 最終更新日: 07/16/2013 03:01:00 - リビジョン: 3.1

  • Windows Small Business Server 2011 Essentials
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
  • Windows Multipoint Server 2011 Standard
  • Windows Multipoint Server 2011 Premium
  • Windows Storage Server 2008 R2 Essentials
  • kbfix atdownload kbsurveynew kbinfo kbexpertiseadvanced KB2600333
フィードバック
ment.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?"> ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");