現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX JDBC ドライバーが応答を停止可能性がありますまたは SQL Server 2008年データベースに接続するのには、ドライバーを使用する場合は、接続を開くしようとすると失敗します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2653857
Microsoft Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3) の修正プログラムは 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008年サービス パック 3 (SP3) に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Oracle Java 仮想マシン (JVM) のバージョン 6 に基づき開発されたクライアント アプリケーションがある 29 の更新またはそれ以降のバージョン。
  • SQL Server 2008年データベースに接続するには、アプリケーションでは、Microsoft JDBC ドライバーを使用します。

このシナリオでは、JDBC ドライバーが接続を開始しようとするときが応答が停止されます。さらに、JDBC ドライバーはすぐに失敗し、次の条件に該当する場合、コール スタックが生成されます。
  • 暗号化 プロパティを設定するには True を指定します。接続 url で。
  • SQL Server は、暗号化を強制的に構成されています。



注意
  • サード パーティ製の実装のセキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) を使用する場合は、この問題が発生する可能性がありますと同じ行動を含むトランスポート層セキュリティ (TLS) JVM バージョン 6 アップデート 29 以降のバージョンでの変更します。この動作の変更は、特定のセキュリティ上の問題を解決するに設計されています。サードパーティ製品がこのような変更が含まれている SSL/TLS の実装を含むかどうかが不明な場合は、製品のベンダーにお問い合わせください。
  • データ アクセス プロバイダーは、 OpenSSL ライブラリは、この問題が発生可能性があります。

原因
この問題は SSL データが複数の表形式のデータ ストリーム (TDS) のパケットに分割されると、SQL Server エンジン ログインのレコードを処理できないために発生します。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008年の SP3 の累積的な更新パッケージ 3

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの SQL Server 2008 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2648098 SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積的な更新パッケージ 3
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 Service Pack 3 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース後にリリースされたビルドします。


詳細
この問題の詳細については、次の web サイトを参照してください。


回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • JVM バージョン 6 よりも前の Oracle の JVM バージョンを使用して更新 29。
  • SSL のレコードは、Oracle の JVM レベルで分割を無効にします。
    メモ このメソッドは HTTP 通信のセキュリティへの影響があります。


JDBC。接続します。ハングします。デッドロック。リセットします。KB2653857
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2653857 - 最終更新日: 01/16/2012 17:34:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2653857 KbMtja
フィードバック