メールボックス ・ クォータの Office 365 専用/ITAR

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2673366
概要
この資料では、さまざまなメールボックス プランで Office 365 専用/ITAR で使用できる、対応するクォータについて説明します。
詳細
メールボックス ・ クォータは、ユーザー アカウント オブジェクトを Active Directory の拡張属性を設定されている値によって管理されます。特定の拡張機能またはカスタム属性は、顧客ごとに固有です。Microsoft 管理サービス サービス提供プロバイダー (MMSSPP) により、初期プロビジョニング中にクォータとメールボックスの種類のプロパティを設定この属性の値に基づいてが実現します。

Exchange のオンライン専用の ARUNA Exchange 2010 のプラットフォームでは、この属性はSetMailboxType のプロビジョニングの属性と呼ばれます。ANSI D Exchange 2010 と Exchange 2013 のプラットフォームでは、この属性は、プロビジョニングの属性をメールボックスの計画と呼ばれます。初期プロビジョニングした後は、ARUNA でSetMailboxTypeスクリプトおよび ANSI D でSetMailboxPlanスクリプトによって、メールボックスの計画と関連付けられているクォータを設定します。


メールボックスの計画


オンライン専用の Exchange では、顧客に提供される特定のメールボックス プランは、プラットフォームと、メールボックスをホストする Exchange のバージョンによって異なります。

ユーザーのメールボックスを Exchange 2010 と Exchange 2013 の ANSI D プラットフォーム用の標準的な 3 つの種類があります。
  • Exchange Online Kiosk D: メールボックス ・ クォータのサイズを小さくし、特定の種類のメールボックスにアクセスできる (一部のオプション機能) のみ
  • オンライン プラン 1 D の交換-最大メールボックス ・ クォータの多くのメールボックスのアクセス方法、およびその他の機能 (オプション機能がいくつか)
  • Exchange オンライン プラン 2 D: すべての利用可能なオプションを使用してメールボックス プランのプレミアム
各プランの詳細については、次を参照してください。 Exchange オンライン専用のリリース関連資料.

次の 3 つの種類の特殊な目的のメールボックスがあります。
  • リソース: 会議室の使用または ARUNA または ANSI D で 50 GB 10 gb (ギガバイト) の最大サイズと機器を共有
  • 共有-10 GB まで無料で利用可能な複数のユーザー アクセスの使用に ARUNA または ANSI D で 50 GB
  • アクティブでない-は、訴訟上を保持するメールボックスを保持するために使用
MBXの両方の値が、拡張機能は、顧客ごとに固有のカスタム属性に指定されているメールボックスのパラメーターの更新を担当するSetMailboxTypeSetMailboxPlanのスクリプトを必要とします。

メールボックス ・ クォータ

次の表は、種類の標準的なメールボックス、メールボックス ・ クォータは、Exchange のオンライン専用の ANSI D プラットフォームのオンライン ・ アーカイブのオプションを示します。

メッセージングの計画メールボックス ・ サイズ ・ オプション (MBX =)メールボックスの種類 (タイプ =)アーカイブ
(PA = 1)
アーカイブのサイズ
キオスク D プラン 200 MB、500 MB、1 GB、2 GBEKDN利用できません。
キオスク D 計画 + EOA アドオン 200 MB、500 MB、1 GB、2 GBEKDAY100 GB
キオスク D 計画 + EOA アドオン2 GBEKDA2Y200 GB
1 D を計画します。1 GB、2 GB、3 GB、4 GB、5 GB、10 GB、15 GB、20 GB、25 GB、50 GBEP1DYアーカイブは、省略可能です。主 MBX とアーカイブの合計は、50 GB を超えることはできません。アーカイブ クォータは、プライマリ MBX クォータのセットに基づいて自動的に計算します。

例:

1 GB の MBX はアーカイブで表示されますが 2 GB、MBX 49 gb、48 GB というようにアーカイブが表示されます。

注: <b>MBX を 50 GB の 1 GB のアーカイブが表示されます。
1 D + EOA アドオンを計画します。1 GB、2 GB、3 GB、4 GB、5 GB、10 GB、15 GB、20 GB、25 GB、50 GBEP1DAY100 GB
1 D + EOA アドオンを計画します。5 GB、25 GB、50 GBEP1DA_DumpsterY100 GB
1 D + EOA アドオンを計画します。50 GBEP1DA2Y200 GB
2 D を計画します。 1 GB、2 GB、3 GB、4 GB、5 GB、10 GB、15 GB、20 GB、25 GB、50 GBEP2D Y100 GB
2 D を計画します。5 GB、25 GB、50 GBEP2D_DumpsterY100 GB
2 D を計画します。 50 GBEP2D2Y200 GB
2 D を計画します。 5 GB、10 GB、15 GB、25 GB、50 GBEP2D2_DumpsterY200 GB

注:
  • Exchange Online Archiving (EOA) 機能の設定は、2 D プランのメールボックスの追加料金なしで提供されます。入手するのには、EOA 機能キオスク D または計画の 1 D のメールボックス、種類 = EKDA またはの種類 = EP1DA コードの準備が必要、それぞれ。EKDA または EP1DA のメールボックスの種類の使用は、EOA のサブスクリプション料金をトリガーします。PA であり、実際のアーカイブ メールボックスを作成する = 1 EPKDA、EP1DA、または EP2D の文字列を提供する準備を追加する必要があります (たとえば、MBX = 25 GB です。入力 = EP1DA; PA = 1)。
  • RecoverableItemsQuotaの標準的なサイズ (とも呼ばれる、ごみ箱をあさる) は、30 GB です。ANSI D には、新しいメールボックス プランのオプションが用意されています。これには、大きなごみ箱をあさると回復可能なアイテム サイズは 200 GB のメールボックス プランが含まれます。(EP1DA_Dumpster および EP2D_Dumpster)、これらの計画は、証拠保全、回復可能な項目である材料のフォルダーは削除できません上にあるメールボックスに対して使用します。これらの新しい方法と、メールボックスの回復可能な項目のクォータを増やすことに関する詳細については、次を参照してください。 2617079: 証拠保全のユーザーが Office 365 の専用のメッセージを削除できません.
  • ほとんどの種類のメールボックスには、次のクォータの制限があります。

    警告のセットのメールボックスのサイズの 98%
    送信を禁止する- メールボックスのサイズの設定の 99%
    送受信の禁止のセットのメールボックスのサイズの 100%

    これには、メールボックスのサイズが 1 gb 以内に設定されていて、次のクォータの制限値が除外されます。

    警告のセットのメールボックスのサイズの 90%
    送信を禁止する、一連のメールボックスのサイズの 95%
    セットのメールボックスのサイズの 100% を送信または受信を禁止する-
  • Office Outlook 2003 および Outlook 2007 でサポートされているメールボックスの最大サイズは、20 GB です。Outlook 2010 または Outlook 2013 で 50 GB のメールボックスの最大サイズになっています。ただし、Outlook クライアントのパフォーマンスとデータ センター間でメールボックス データのレプリケーションは、20 GB 以上のメールボックスのサイズが低下する可能性があります。
標準および非標準のメールボックスをその他の分類のMBXの値を設定する方法の詳細についてを参照してください、 専用の office 365 とハンドブックをプロビジョニング ITAR サポート プラン.

リソースの構成

Lync ルーム システム (LRS) を実装する方法の詳細については、次を参照してください。 3103746: Lync ルーム システム デバイスに Office 365 専用/ITAR を接続できません.

クラス分けメールボックスのサイズMBX 値型の値
メールボックスのリソース (5 GB) 5 GB MBX = 5 GB です。 種類 = リソースです。
メールボックスのリソース (10 GB) 10 GB MBX = 10 GB です。 種類 = リソースです。
メールボックスのリソース (50 GB)
ANSI D のみ
50 GBMBX = 50 GB です。種類 = リソースです。
メールボックスのリソース (その他) 50 GB まで MBX =種類 = EP1D です。またはの種類 = EP1DA です。またはの種類 = EP2D です。
注: 該当するメールボックスの種類の説明を参照してください、 メールボックスの計画の値は、EP1D または EP2D の計画に設定されている場合、値の設定方法についてはセクションです。注意してくださいの種類を設定 = の値をこれらのいずれかのオプションと、請求可能なサブスクリプションの変更、Exchange オンライン専用のサービスの説明で説明されているようです。

共有メールボックスの構成

クラス分けメールボックスのサイズMBX 値型の値
メールボックスの共有 (5 GB) 5 GB MBX = 5 GB です。 型 = 共有です。
メールボックスの共有 (10 GB) 10 GB MBX = 10 GB です。 型 = 共有です。
メールボックスの共有 (50 GB)
ANSI D
50 GBMBX = 50 GB です。型 = 共有です。
メールボックスの共有 (その他) 50 GB まで MBX =種類 = EP1D です。またはの種類 = EP1DA です。またはの種類 = EP2D です。
SharedMbx です。(省略可能)
注: タイプのメールボックス = 共有できない直接にログオンします。カスタム サイズの共有されているメールボックスが必要な場合、または共有メールボックスへの直接アクセスが必要な場合は、ユーザーのメールボックスを準備し、EP1D または EP2D のプランをカスタム共有メールボックスとして使用できます。メールボックス - を共有 (その他)と Exchange のオンライン専用のサブスクリプションのレポートでこのメールボックスを識別する省略可能なSharedMbxのフラグを追加できます。

該当するメールボックスの種類の説明を参照してください、 メールボックスの計画の値は、EP1D または EP2D の計画に設定されている場合、値の設定についてのガイダンスのセクションです。注意してくださいの種類を設定 = の値をこれらのいずれかのオプションと、請求可能なサブスクリプション料金では、Exchange オンライン専用のサービスの説明で説明されているようです。

各プランの詳細についてを参照してください、 Exchange オンライン専用のリリース関連資料.

地域の構成

Exchange 2010 メールボックス プロビジョニング属性使用できます、メールボックスの地理的領域を設定するのには。このプロセスと 2013年の地理的領域を設定するために使用されるメソッドは、「より 3107809: Office 365 専用/ITAR 内の異なる領域にメールボックスを移動することはできません.

メールボックスの計画を更新

指定されたユーザーのメールボックスのプロビジョニング コード値への変更は、24 時間以内に処理するのには起動ことがあります。変更は、メールボックスのサイズとプロトコルへの更新を反映するために 48 時間以内に処理を完了する必要があります。その時、管理者およびユーザーできるはずの新しいサイズとクォータは、更新後の属性に基づきます。

次のとおりに拡張属性を構成する必要があります。
  • MBX = <value></value> 、適切なメールボックスのサイズを指定するフラグ
  • 種類 = <value></value> (と、関連付けられている手当の制限) の適切なメールボックスの種類を指定するフラグ
たとえば、管理者は、次の値を使用して、1 GB のキオスク D メールボックスの拡張機能の属性を構成できます。
  • MBX = 1 GB です。種類 = EKD。
マネージ環境でのメールボックスの拡張属性を確認するには、管理者が次の Windows リモート PowerShell コマンドレットを実行できます。
Get-Mailbox <alias> | fl *custom*
このコマンドレットは特定のメールボックスのすべての拡張属性の値を表示します。プログラムでメールボックスの制限が正しく設定されているかどうかを確認するには、正しい拡張子属性を設定してください。この拡張機能の属性は、お客様の環境に固有です。

現在のメールボックスの制限を確認するには、管理者が次の Windows リモート PowerShell コマンドレットを実行できます。
Get-Mailbox <alias> | fl *quota*
メールボックスの拡張機能の属性が正しく構成されている場合、およびメールの送受信をエンド ・ ユーザーの機能が影響を受ける場合は、イミディ エイトの一時的なクォータが増加する、マイクロソフトに問題をエスカレーションします。クォータを増加を認識するように Exchange Server の 2 つの時間がかかります。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2673366 - 最終更新日: 04/28/2016 00:13:00 - リビジョン: 14.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2673366 KbMtja
フィードバック