修正: EDI の検証が失敗した場合送信パイプラインを先頭と末尾のゼロおよび BizTalk Server 内のスペースを含む EDI メッセージを処理するとき

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2678762
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • 受信 EDI メッセージのバッチを処理するのにには、Microsoft BizTalk Server 2010 または BizTalk Server 2009年を使用します。
  • BizTalk パーティを作成して、アグリーメントを作成します。
  • [ A B->一方向のアグリーメント タブを選択する次のオプションのいずれかの受信バッチ処理オプション 設定、交換の設定 セクション。
    • インターチェンジを保持する - エラー時にインターチェンジを中断
    • インターチェンジを保持する - エラーのトランザクション セットを中断
  • 選択する、先頭と末尾のゼロとスペースを許可する 検証設定のオプションで、トランザクションの設定 セクションです。
  • 先頭と末尾のゼロとスペースを含むメッセージが表示されます。たとえば、メッセージには、10 進数の値が含まれています。
このシナリオでは、EDI メッセージのパスの検証は受信パイプラインです。ただし、メッセージには、EDI 送信パイプラインでの検証が失敗します。この問題が発生すると、以下のようなエラー メッセージが表示されます。
データ要素に無効な文字
先頭または末尾にスペースが見つかりました
原因
この問題は、EDI 送信パイプラインでは、先頭と末尾のゼロとスペースを許可しないようにハードコードされているために発生します。そのため、EDI 送信パイプラインは、アグリーメントで指定された入力規則の設定を無視します。
解決方法
バッチの先頭と末尾のゼロをこの修正プログラムを適用すると、スペースは、EDI 送信パイプラインでアウト (BIBO) のシナリオをバッチ処理とします。さらに、EDI データの検証は、EDI 送信パイプラインの作業を続行します。

累積的な更新情報

この問題は、BizTalk Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ローカル ・ ホストの設定を構成する方法の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。 検証を構成する方法の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。 BizTalk Server のサービス パックと累積的な更新プログラムの一覧については、次を参照してください。 サービス パックおよび BizTalk Server の累積的な更新の一覧.
BizTalk の修正プログラムおよびサービスの詳細についてはパックをサポートしてを参照してください。 BizTalk の修正プログラムと service pack のサポートに関する情報.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2678762 - 最終更新日: 10/10/2015 20:57:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010, Microsoft BizTalk Server Branch 2010, Microsoft BizTalk Server Developer 2010, Microsoft BizTalk Server Standard 2010, Microsoft BizTalk Server 2009 Branch, Microsoft BizTalk Server 2009 Developer, Microsoft BizTalk Server 2009 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2009 Standard, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Standard, Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard

  • kbqfe kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbbiztalk2010presp1fix kbbts kbmt KB2678762 KbMtja
フィードバック