EdgeTransport.exe プロセスを繰り返し、Exchange Server 2010年のサーバーのクラッシュします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2709935
現象
Microsoft Exchange Server 2010年のサーバーでは、EdgeTransport.exe プロセスが繰り返しクラッシュし、アプリケーション ログに次のイベントが記録されます。
ログ名: アプリケーション
ソース: 上げる
作成日: 日付
イベント ID: 10003
タスクのカテゴリ: PoisonMessage
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター
説明:
メッセージ、次のコール スタックで処理中にトランスポート プロセスに失敗しました: System.InvalidOperationException: DetermineTlsDomainCapabilities() が呼び出される前に STARTTLS モードではプロパティを機能にアクセス
Microsoft.Exchange.Protocols.Smtp.SmtpInSession.get_Capabilities() で
Microsoft.Exchange.Protocols.Smtp.BaseDataSmtpCommand.SetOorg() で
Microsoft.Exchange.Protocols.Smtp.BaseDataSmtpCommand.ParserEndOfHeadersCallback (MimePart 部品、ブール値 & stopLoading) で
(Microsoft.Exchange.Data.Mime.MimeDocument.EndPartHeaders)
Microsoft.Exchange.Data.Mime.MimeDocument.BuildDom (バイト バッファー、Int32 オフセット Int32 の長さ、ブール値 eof)
Microsoft.Exchange.Data.Mime.MimeDocument.Write (バイト バッファーを Int32 オフセット Int32 の数) で
Microsoft.Exchange.Data.Mime.MimeDocument.PushStream.Write (バイト バッファーを Int32 オフセット Int32 の数) で
Microsoft.Exchange.Protocols.Smtp.SmtpInParser.Write (バイト データを Int32 オフセット Int32 の数) で
[Microsoft.Exchange.Protocols.Smtp.SmtpInDataParser.ParseAndWrite (バイト データ、Int32 オフセット、Int32 numBytes、Int32 & numBytesConsumed)
Microsoft.Exchange.Protocols.Smtp.BaseDataSmtpCommand.RawDataReceived (バイト データ、Int32 オフセット Int32 numBytes) で
Microsoft.Exchange.Protocols.Smtp.SmtpInSession.ReadComplete (IAsyncResult asyncResult) で
Microsoft.Exchange.Net.LazyAsyncResult.Complete (IntPtr userToken) で
Microsoft.Exchange.Net.NetworkConnection.InvokeRecvCallback (LazyAsyncResultWithTimeout asyncResult、結果のオブジェクト) に
Microsoft.Exchange.Net.NetworkConnection.ReadDataAvailable (IAsyncResult asyncResult) で
System.Net.LazyAsyncResult.Complete (IntPtr userToken) で
System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック オブジェクトの状態) で
System.Net.ContextAwareResult.Complete (IntPtr userToken) で
System.Net.LazyAsyncResult.ProtectedInvokeCallback (オブジェクトの結果、IntPtr userToken) で
System.Net.Sockets.BaseOverlappedAsyncResult.CompletionPortCallback (UInt32 errorCode、UInt32 numBytes、NativeOverlapped * nativeOverlapped) で
System.Threading._IOCompletionCallback.PerformIOCompletionCallback (UInt32 errorCode、UInt32 numBytes、NativeOverlapped * pOVERLAP)


ログ名: アプリケーション
ソース: MSExchange 共通
作成日: 日付
イベント ID: 4999
タスクのカテゴリ: 全般
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター
説明:
プロセス id の送信されようとしてワトソン博士のレポート: プロセス ID、パラメーター: e12,」と ビルドの種類, バージョン、edgetransport、M.Exchange.Transport、M.E.P.S.SmtpInSession.get_Capabilities、System.InvalidOperationException を XXXX, バージョン.
ErrorReportingEnabled: False
原因
EdgeTransport.exe プロセスの電子メール メッセージを処理すると、 InvalidOperationException例外を発生するため、この問題が発生します。
解決方法
この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2706690 Exchange Server 2010 Service Pack 2 用更新プログラムのロールアップ 4 の説明
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2709935 - 最終更新日: 08/14/2012 16:38:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2709935 KbMtja
フィードバック