現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

累積的な更新 1 をシステム センター 2012年の構成マネージャーの説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2717295
はじめに
この資料では Microsoft システム センターの 2012年の構成マネージャーの累積的な更新 1 (CU1) で修正される問題について説明します。

メモ この更新プログラムは、2780664 の更新プログラムによって置き換えられます。詳細については 2780664、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックしてください。
2780664 累積的な更新 2 システム センター 2012年の構成マネージャーの説明
詳細

修正される問題

管理者コンソール

  • パッケージを新しい配布ポイントを追加すると、100 以上の既存の配布ポイントが含まれています、新しい配布ポイントを追加することはできません、および管理者コンソールで、次のエラー メッセージが表示されます。
    SMS プロバイダーはエラーを報告しました。

    クリックすると、 タブを選択し、 エラー メッセージには、「クォータ違反」メッセージはスタック トレースの詳細が後に続きますが表示されます。

  • 管理者コンソールでのカスタマー エクスペリエンス向上プログラムのオンライン プライバシーに関する声明へのリンクが修正されています。

アプリケーション構成の管理

  • 配置の種類を追加または配布マネージャー、以前の変更を処理する前に変更された場合、コンテンツを子サイトに送信可能性があります。
  • 同一アプリケーションの複数の展開の種類が存在する場合、事前登録されたコンテンツ ファイルの展開の種類リモート配布ポイントのパッケージは作成されません。事前登録された内容の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。

資産インテリジェンス

  • 資産インテリジェンスの Installed_Software_data ハードウェア インベントリ クラスのボリューム ライセンス エディションの Microsoft SQL Server 2012年の重複します。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack (SP1) は、資産インテリジェンス ライセンス 01 D - マイクロソフト ライセンスの元帳製品は特定のコンピューターのレポートには表示されません。
  • Pre-provisioned の資産インテリジェンス同期ポイントの証明書には新しい期限の日付が更新されます。

クライアント

  • アプリケーションのインストール タスク シーケンスの動的リストを使用した場合、すべての展開の種類がインストールされます。この問題は展開の種類のいずれか、コンピューターを再起動するときに発生します。展開入力ここでは再起動しないインストールした後。各アプリケーションに関連付けられている状態のメッセージは成功を示します。ログ ファイルでは、CMTrace テキスト「アプリケーションをインストールする。」を含むエントリをフィルター選択される場合この問題を最も明確にクライアント上の smsts.log ファイルでされません。

    次に、例のシーケンスです。
    アプリケーションをインストールします。 ' アプリケーション 1'
    'ContentID App 1' をアプリケーションのインストールを開始しました。DCMAgent.log するには、このジョブの詳細を参照してください。ジョブ Id {JobID1} =

    アプリケーションをインストールします。 ' App 2'
    アプリケーション 'ContentID App 2 を' のインストールを開始しました。DCMAgent.log するには、このジョブの詳細を参照してください。ジョブ Id {JobID2} =

    アプリケーションをインストールします。 ' App 3 終了コード 3010'
    アプリケーション 'ContentID アプリケーション 3 を' のインストールを開始しました。DCMAgent.log するには、このジョブの詳細を参照してください。ジョブ Id {JobID3} =

    アプリケーションをインストールします。 ' App 4'
    アプリケーション 'ContentID App 2 を' のインストールを開始しました。DCMAgent.log するには、このジョブの詳細を参照してください。ジョブ Id {JobID4} =

    両方とも ' App 2'' App 4' 同じコンテンツ ID を共有します。この例のシーケンスでは、 ' App 4' 再起動後にインストールされていないこと ' App 3' 発生します。

帯域外の管理

  • 外部でプロビジョニングされた AMT クライアントの電源制御、および監査ログの消去のコレクションに基づいてアクションが失敗します。Amptopmgr.log ファイルには、次のエントリのようなエントリが含まれます。

    エラー: CSMSAMTDiscoveryTask::Execute を探索するには client_computer 失敗しました。一般的なワーカー スレッドのプール: エラー、できます実行タスクが正常に。タスク一覧から削除します。

サイト データベース

  • レプリケーション リンクのアナライザーは、誤って syscommittab システム テーブルの問題が検出され、SQL のエラー ログに次の文字列が含まれている場合は、再初期化をお勧め。
    3999
  • デバイス構成マネージャー クライアントのインストールがあるない場合は、ユーザー ベースの展開前に、プライマリ ・ デバイスを選択できません。

サイト システム

  • レポート サービス ポイントがインストールされていない可能性があります。 または 1 分以内に、SQL レポート サービスが起動しない場合開始します。Srssp.log ファイルに次のエントリのようなエントリが含まれます。

    'レポート ' サーバーのサービスを開始
    タイムアウト期限が切れているし、操作を完了していません。

  • Exchange コネクタの PowerShell コマンドレットが失敗した場合、SMS Executive サービスが突然停止します。EasDisc.log ファイルに次のエントリのようなエントリが含まれます。
    エラー: [管理] のコマンドレットが失敗しました: 次のエラー メッセージがリモート サーバー上でコマンドを起動に失敗しました:、WinRM クライアントは、指定した時間内で操作を完了できません。コンピューター名は無効ですし、ネットワーク経由では到達可能だかどうかは、Windows リモート管理サービスをファイアウォールの例外を有効に確認してください。詳細については、about_Remote_Troubleshooting のオンライン ヘルプを参照してください。
  • サイト システム ステータス サマライザー コンポーネント、SMS Executive サービスの場合は、サイト サーバーの完全修飾ドメイン名が予期せず停止する可能性があります。(FQDN) が、50 を超える文字は、既定のインストール パスが使用されます。Crash.log ファイルの例外情報のセクションから該当するエントリには、次のエントリが含まれて。

    スレッドの名前です SMS_SITE_SYSTEM_STATUS_SUMMARIZER =
    実行可能ファイル C:\Program ファイル構成 Manager\bin\x64\smsexec.exe =
    例外 eeeeffff (EXCEPTION_SMS_FATAL_ERROR) =

既知の問題

管理コンソールの更新

管理者コンソールを初めてインストールすると、Adminconsole.msi ファイルのコピーは、%temp% フォルダーのインストールを開始したユーザーにキャッシュされます。MSI ファイルが存在しない場合は、Configmgr2012adminui-rtm-kb2717295-i386.msp の更新プログラム ファイルを適用できません。ソフトウェア配布を使用してこの更新プログラムが配布され、インストールに失敗する可能性があります、終了コード 1603年は、excecmgr.log ファイルに記録されます。

この問題を解決するには、Consolesetup.exe を使用して、オリジナル リリース版の管理コンソールを再インストールし、この更新プログラムを適用します。
関連情報
この累積的な更新プログラムをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2717295 - 最終更新日: 12/14/2012 07:57:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft System Center 2012 Configuration Manager

  • kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug kbmt KB2717295 KbMtja
フィードバック