現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

マージ エージェントは SQL Server のマージ レプリケーションの同期中に失敗する可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2733630
現象
Microsoft SQL Server 2008年でマージ レプリケーションの同期と SQL Server のそれ以降のバージョンでは、マージ エージェントは失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
検出の保有期間に基づきメタデータがクリーンアップされメタデータが削除されたサブスクライバーの変更のない、まだパブリッシャーに送信された後、マージ エージェントが失敗しました。(アップロード) せずにサブスクリプションを再初期化する必要があります。(ソース: MSSQL_REPL、エラー番号: MSSQL_REPL 2147199401)

ヘルプを表示する: http://help/MSSQL_REPL-2147199401

この問題は、複数の理由により発生する可能性があります。特定の状況で予想される多くの理由が含まれます。突然このエラーが発生したかどうかを確認するのには、「原因」セクションに記載されているメタデータ詳細を確認します。
原因
この問題の原因は、サブスクライバーでは、次のシステム テーブルを参照してください。
  • dbo.sysMergeSubscriptions
  • dbo.MsMerge_Genhistory

マージ エージェントが同期しないことを確認します。次のクエリを実行し、結果を確認します。
sentgen を SubscriberDB.dbo.sysMergeSubscriptions から選択して、pubid = subid、sentgen が null でないです。


クエリの結果

Sentgen列は、サブスクライバーがパブリッシャーに送信される変更の最も古いグループをマークします。複数の値が返された場合は、適切なパブリケーションのメタデータが表示されるかどうかを確認するのには、dbo.sysMergeSubscriptions テーブル内の列を確認します。次に、次のクエリでこのクエリが返す値を使用します。
トップ 20 を選択 * SubscriberDB.dbo.MSmerge_genhistory から、生成 > = sentgen_value 生成順
クエリの出力は次のようになります。

生成によってクエリの結果

次の条件すべてに該当する場合が予期せず、エラーが発生した可能性があります。
  • 最初の行のgeneration列の値は、前のクエリでのsentgen値よりもわずかに大きくします。
  • Genstatus列の値は4です。
  • Changecount列の値は0です。

注: <b>Coldate最初の行の列の値は、通常、他の行にその列の値よりも古いもあります。
解決方法
この問題を解決するには、エラーが発生したサブスクライバーを再初期化します。

いくつかのシナリオでは、完全な再初期化しなくてもこの問題を解決できる場合があります。回避策については、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。

この問題の将来の発生を防ぐためには、SQL Server のバージョンに応じて、次の修正プログラムのいずれかを適用します。

累積的な更新情報

SQL Server 2008

SQL Server 2008 では、この問題の修正プログラムはありません。

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の入手方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2754552 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の累積的な更新パッケージ 3
注: <b> ビルドは累積的であるためは、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
2730301 SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2 のビルド

SQL Server 2012

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 4 で最初にリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2012年の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2758687 SQL Server 2012年の累積的な更新プログラム パッケージ 4
注: <b> ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012年で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
2692828 SQL Server 2012 のリリース後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 8 で最初にリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の入手方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2723743 SQL Server 2008 R2 SP1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8
注: <b> ビルドは累積的であるためは、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
2567616 ビルドの SQL Server 2008 R2 SP1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2733630 - 最終更新日: 10/22/2015 19:50:00 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core
  • Microsoft SQL Server 2012 Express
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • Microsoft SQL Server 2014 Developer
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core
  • Microsoft SQL Server 2014 Express
  • Microsoft SQL Server 2014 Standard
  • Microsoft SQL Server 2014 Web
  • kbtshoot kbexpertiseinter kbprb kbsurveynew kbmt KB2733630 KbMtja
フィードバック
+ (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");