現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

モバイル デバイスで Exchange Online に接続する際に断続的に切断する

現象 
Microsoft Office 365 Exchange Online で Exchange ActiveSync (EAS) を使用してモバイル デバイスを同期しようとしても、モバイル デバイスから Exchange Online に接続できません。モバイル デバイスによっては、以下のいずれかのエラー メッセージが表示される場合があります。
Cannot Get Mail (メールを取得できません)
The connection to the server failed. (サーバーへの接続が失敗しました)

Cannot Get Mail (メールを取得できません)
An error occurred while delivering the message. (メッセージの配信中にエラーが生じました)

Unable to open server connection due to a security update. (セキュリティ更新によりサーバー接続を開けません)Cannot Get Mail
The connection to the server failed.
Exchange コントロール パネル (ECP) を使用してモバイル デバイスの詳細を閲覧する場合、またはデバイスの同期ログを収集する場合、以下のエラー メッセージが表示されます。
AccessState :
Access Denied
[Access set by] 列には、以下のような追加情報が含まれます。
Too many identical commands (同一のコマンドが多数あります)
Office 365 テナント管理者が ECP でこの問題を特定するために使用できる手順については、[追加情報] セクションを参照してください。
原因 
モバイル デバイスが、Exchange Online サービスの性能パフォーマンスに悪影響を及ぼすような動作をする場合、このデバイスは短時間、Access Denied の状態に設定されます。たとえば、この現象は、デバイスから短時間に Exchange Online サービスの特定フォルダーに対し、同一の Sync コマンドを多数送信すると発生します。

Exchange Online では、Office 365 Exchange Online 環境の最適な操作を管理および維持するために、EAS スロットリングを実装しています。ECP を使用する際にモバイル デバイスのアクセス状態を確認する方法、および EAS ログを収集する方法については、以下の「追加情報」セクションを参照してください。
回避策 
この問題を回避するには、以下の手順に従ってください。また、デバイス販売業者または通信事業者にも回避策について問い合わせてください。
  1. 同期の遅延が生じた場合、モバイル デバイス上の [同期] ボタンを繰り返し押さないでください。また、同期をする際にフォルダーの瞬時の切り替え操作、またはボタンを繰り返し押す操作は行わないでください。
  2. スロットリングがサービスから自動的に削除されるのを待機するため、次の操作をする際は、10分以上待機してから実行します。
  3. 手動による同期に切り替え、メールボックスとデバイス間での接続と同期が行われるかどうか確認します。この操作により、デバイスから多数の同一コマンドが送信されることを防ぎます。
問題が引き続き生じる場合は、ローカル ネットワークでのデバイスのワイヤレス接続を確認します。デバイス ログを取得および確認するには、デバイスの製造元や通信事業者に問い合わせが必要となる場合があります。

上記によっても問題が解決しない場合は、モバイル デバイスの販売業者に連絡し、この問題を報告して調査を依頼してください。

注:Exchange Online サービスにコマンドを送信する頻度は、デバイス上に実装された EAS プロトコルにより制御されます。Microsoft Support では、デバイス上のソフトウエアを変更できません。デバイスの更新については、デバイスの製造業者によってのみ行われます。
追加情報 

モバイル デバイスの詳細を確認する

モバイル デバイスの詳細を確認するには、 ユーザーのモバイル デバイス情報の表示を参照してください。

EAS ログの収集

EAS ログを収集する詳細な情報については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2461792 「ActiveSync デバイス ログを収集し、モバイル デバイスと Exchange Online 間の同期に関する問題をトラブルシュートする方法」

ログ ファイルを開くには、メモ帳などの、テキスト エディターを使用します。ログ ファイルでは、以下の情報を含む「503 エラー」を検索します。
  • AccessState : Blocked と共に表示される ResponseHeader
  • AccessStateReason : SyncCommands または AccessStateReason : RecentCommands
このエラーが生じる前に、デバイスは同じコマンドを多数送信する可能性があることに注意してください。たとえば、デバイスは、同一のパラメーターと一緒に SyncKey や CollectionId 等の 同期コマンドを送信する場合があります。

送信時間からエラーを確認するには、「503 Service Unavailable」というエラー表示を確認することにより、短時間に繰り返し送信されたコマンドを確認できます。これにより、Exchange Online サービスに対してスロットリング保護が有効となり、デバイスがサービスの性能に影響を及ぼすことを防ぐという、デバイスの動作を確認できます。
追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2748176 - 最終更新日: 10/21/2014 09:34:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Exchange Online

  • o365 o365e o365a o365p o365022013 o365m KB2748176
フィードバック
>