フェデレーション組織のユーザーはことはできません anotherExchange 組織の空き時間情報を参照してください。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2752387
現象
Microsoft Exchange Server 組織をローカルとリモートの Exchange Server 組織間のフェデレーション信頼を構成するときからのユーザーは、リモート組織内のユーザーの空き時間情報を表示できません。

さらに、次のエラーは、ローカルの Exchange サーバーのイベント ログに記録されます。

イベント ソース: MSExchange 可用性
イベント ID: 4001
説明:
Microsoft.Exchange.InfoWorker.Common.Delayed'1[System.String を処理]:<>に失敗しました SMTP:user@domain.com。返される例外は、Microsoft.Exchange.InfoWorker.Common.Availability.AutoDiscoverFailedException: 電子メール アドレスの自動検出に失敗しました<>SMTP:user@domain.com System.Web.Services.Protocols.SoapHeaderException の例外: メッセージのセキュリティを検証するときにエラーが発生しました。

イベント ソース: MSExchange 可用性
イベント ID: 4002
説明
:
Https://autodiscover.domain.com/ews/exchange.asmx に S-1-5-21-3124261755-470644396-3029476549-1139 から ProxyWebRequest の FederatedCrossForest が失敗しました。呼び出し元の Sid: WSSecurity。Microsoft.Exchange.InfoWorker.Common.Availability.ProxyWebRequestProcessingException は、例外が返されます: System.Web.Services.Protocols.SoapHeaderException: メッセージのセキュリティを検証するときにエラーが発生しました。


また、リモート フォレストの Exchange サーバーの可用性の要求に対して返される HTTP 500 応答は、W3SVC ログに次のように記録されます。

投稿/autodiscover/autodiscover.svc/WSSecurity - 443 - 10.0.0.20 ASAutoDiscover/CrossForest/EmailDomain/500 0 0 15

原因
この問題は、ローカルの Exchange Server 2010年組織内のクライアント アクセス サーバーの仮想ディレクトリ"EWS"または「自動検出」仮想ディレクトリのWSSecurityプロパティが無効になっているために発生します。
解決方法
2016 の Exchange または Exchange 2013
この問題を解決するには、リモート組織内の各サーバーのバックエンド Exchange サイトの仮想ディレクトリの WSSecurity の認証をリセットします。

  1. Windows Powershell を開き、Exchange の管理スナップインを追加します。
    Add-PSSnapin Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.SnapIn
  2. セット WebServicesVirtualDirectory コマンドレットを使用して、EWS 仮想ディレクトリの WSSecurity の認証を無効にします。
    Set-WebServicesVirtualDirectory "<ServerName>\ews (Exchange Back End)" -WSSecurityAuthentication:$False
  3. セット WebServicesVirtualDirectory コマンドレットを使用して、EWS 仮想ディレクトリの WSSecurity の認証を有効にします。
    Set-WebServicesVirtualDirectory "<ServerName>\ews (Exchange Back End)" -WSSecurityAuthentication:$True
  4. セット AutodiscoverVirtualDirectory コマンドレットを使用して、自動検出仮想ディレクトリの WSSecurity の認証を無効にします。
    Set-AutodiscoverVirtualDirectory "<ServerName>\Autodiscover (Exchange Back End)" -WSSecurityAuthentication:$False
  5. セット AutodiscoverVirtualDirectory コマンドレットを使用して、自動検出仮想ディレクトリの認証を Eable WSSecurity。
    Set-AutodiscoverVirtualDirectory "<ServerName>\Autodiscover (Exchange Back End)" -WSSecurityAuthentication:$True
  6. 再起動 WebAppPool コマンドレットを使用してアプリケーション プールを再起動します。
    Restart-WebAppPool MSExchangeAutodiscoverAppPoolRestart-WebAppPool MSExchangeServicesAppPool

Exchange 2010
この問題を解決するには、リモート組織のクライアント アクセス サーバーごとに仮想ディレクトリの WSSecurity の認証をリセットします。

  1. Exchange 管理シェルを開きます。
  2. セット WebServicesVirtualDirectory コマンドレットを使用して、EWS 仮想ディレクトリの WSSecurity の認証を無効にします。
    Set-WebServicesVirtualDirectory "<ServerName>\ews (Default Web Site)" -WSSecurityAuthentication:$False
  3. セット WebServicesVirtualDirectory コマンドレットを使用して、EWS 仮想ディレクトリの WSSecurity の認証を有効にします。
    Set-WebServicesVirtualDirectory "<ServerName>\ews (Default Web Site)" -WSSecurityAuthentication:$True
  4. セット AutodiscoverVirtualDirectory コマンドレットを使用して、自動検出仮想ディレクトリの WSSecurity の認証を無効にします。
    Set-AutodiscoverVirtualDirectory "<ServerName>\Autodiscover (Default Web Site)" -WSSecurityAuthentication:$False
  5. セット AutodiscoverVirtualDirectory コマンドレットを使用して、自動検出仮想ディレクトリの WSSecurity の認証を有効にします。
    Set-AutodiscoverVirtualDirectory "<ServerName>\Autodiscover (Default Web Site)" -WSSecurityAuthentication:$True
  6. 次の構文を使用してアプリケーション プールを再起動します。
    appcmd stop appPool /appPool.name:MSExchangeAutodiscoverAppPoolappcmd start appPool /appPool.name:MSExchangeAutodiscoverAppPoolappcmd stop appPool /appPool.name:MSExchangeServicesAppPoolappcmd start appPool /appPool.name:MSExchangeServicesAppPool

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2752387 - 最終更新日: 09/24/2016 01:11:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB2752387 KbMtja
フィードバック