FIX Visual Studio 2010 で IP 切り替えを有効にすると、ロード テストを実行するときの仮想ユーザーの IP アドレスを変更します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2769120
現象
次のような状況で発生します。
  • テスト コント ローラーを使用してロード テストを実行し、Microsoft Visual Studio 2010 のテスト エージェントに必要な。
  • IP 切り替えを有効にするのには、テスト エージェントを構成します。
  • テストを実行します。
このシナリオでは、1 人の仮想ユーザーの IP アドレスは、テスト中に変更できます。

注: IP アドレスの変更は、インターネット インフォメーション サービスのログに表示されます。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、これはこの資料で説明する問題のみを修正するものです。この特殊な問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号一覧とサポートの費用に関する情報については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 特例として、Microsoft のサポート担当者が特定の更新プログラムにより問題が解決されると判断した場合、電話サポートに対して通常は発生する料金をいただかない場合があります。問題となっている特定の更新プログラムに関する内容とは見なせない、他の質問や問題についてのサポートに対しては、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、Visual Studio 2010 SP1 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されていない場合は、修正プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。この修正プログラムをインストールする前に、Visual Studio 2010年に関連するすべてのコンポーネントを終了することをお勧めします。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.visualstudio.qualitytools.loadtest.dll10.0.40219.4411,108,70426-2 月-201300:57x86
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2769120 - 最終更新日: 04/19/2013 06:24:00 - リビジョン: 2.0

, ,

  • kbqfe kbHotfixServer kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2769120 KbMtja
フィードバック