現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX SQL Server 2008 SQL Server 2012年でまたは SQL Server 2008 R2 では、AUTO_UPDATE_STATISTICS_ASYNC 統計オプションを有効にするとメモリ リーク

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2778088
現象
非同期的自動更新の統計情報に統計オプションは、データベース内の Microsoft SQL Server 2012年、Microsoft SQL Server 2008年または Microsoft SQL Server 2008 R2 を有効にして、データベースでクエリを実行すると、メモリ リークを発生します。

オブジェクト単位での統計の非同期更新するタスクを送信するたびに、リークしたメモリ構造は 80bytes とについてです。このリークの症状では、このリソースのグローバル メモリ オブジェクトを確認できます。次のクエリを使用して、リソースのグローバル メモリ オブジェクトの KB を割り当てられているメモリを確認するこのリークを監視できます。

SQL Server 2012

select [Memory Used KB] = pages_in_bytes /1024 from sys.dm_os_memory_objects where type = 'MEMOBJ_RESOURCE'
SQL Server 2008

select [Memory Used KB] = (pages_allocated_count * page_size_in_bytes)/1024 from sys.dm_os_memory_objects where type = 'MEMOBJ_RESOURCE'





解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012年の SP1 用の累積的な更新 2

この問題に対する修正は累積的な更新 2 で最初リリースされました。SQL Server 2012年の SP1 ではこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2790947 SQL Server 2012年の Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012年の SP1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2772858 SQL Server 2012年の Service Pack 1 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2012年のビルドします。

SQL Server 2012年の累積的な更新 5

この問題に対する修正は累積的な更新 5 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2012 の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2777772 累積的な更新プログラム パッケージの 5 の SQL Server 2012
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012 で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2692828 SQL Server 2012 のリリース後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド

SQL Server 2008 R2 SP2 用の累積的な更新 4

この問題に対する修正は累積的な更新 4 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 SP 2 を取得する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2777358 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 4
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 SP 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2730301 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 10 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 R2 SP1 ではこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2783135 SQL Server 2008 R2 SP1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前 SQL Server 2008 R2 SP1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2567616 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

累積的な更新 8 で SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3)

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 8 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2771833 SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 Service Pack 3 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース後にリリースされたビルドします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2778088 - 最終更新日: 01/24/2013 17:33:00 - リビジョン: 28.0

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2778088 KbMtja
フィードバック