新しいオプションが使用可能ですが、PermanentlyDelete 保存アクションは、Exchange Server 2010年組織で無効に

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2793274
現象
この記事はPermanentlyDeleteDisabledパラメーターのセットを OrganizationConfigコマンドレットに追加する新しいオプションを紹介します。パラメーターでは、Microsoft Exchange Server 2010年組織のメッセージ アイテムを完全に削除するPermanentlyDelete保持アクションを無効にすることができます。

メモ PermanentlyDelete保存操作は、メールボックスからメッセージを完全に削除されます。[回復可能なアイテム] フォルダーを使用して完全に削除されるというメッセージを回復できません。さらに、完全に削除されたメッセージは返されない訴訟または 1 つの品目がある限り、探索検索によって回復メールボックスを有します。
解決方法
この問題を解決するのには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2746164 Exchange Server 2010 Service Pack 2 用更新プログラムのロールアップ 6 説明
更新プログラムのロールアップの適用後は、 PermanentlyDelete保存アクションは、Exchange Server 2010年組織で無効にするのには、次のコマンドを実行します。
Set-OrganizationConfig [-Identity OrganizationName] -PermanentlyDeleteDisabled $true

注意
  • 既定では、 PermanentlyDeleteDisabledパラメーターがfalseに設定されます。したがって、 PermanentlyDelete保存アクションが有効になります。
  • PermanentlyDeleteDisabledパラメーターがtrueに設定されている場合は、 PermanentlyDelete保存アクションは無効になります。この設定では、他のリテンション ・ ポリシーは変更されません。実行されてこのブロックのみが永続的に設定アクションを削除します。

詳細
セット OrganizationConfigコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。保持ポリシーと保持タグの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています