現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 2 の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2854009
概要
この資料では Microsoft システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 (SP1) の累積的な更新プログラム 2 (CU2) で更新された機能と修正される問題について説明します。

注: <b>この更新プログラムは、更新プログラム 2978017 で置き換えられます。詳細については 2978017 の更新は、以下をクリックして、資料、マイクロソフト サポート技術資料を参照します。
2978017 システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 用の累積的な更新 5 の説明

詳細

修正される問題

管理者コンソール

  • サイト システムの役割の追加ウィザード正しくをブロックしないサイトのサーバーの追加、サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) の最初の単語が 15 文字より長い場合にします。
  • 複数のノードと、管理コンソールで、プロパティ シートをここで発表されます正しくスクリーン リーダー ソフトウェアで。

アプリケーションの仮想化

  • 仮想アプリケーション パッケージを保存で、分散ファイル システム (DFS) 共有は Configuration Manager 2007 の構成マネージャー 2012年に移行できません。MIGMCTRL.log ファイルに次のようなエラーが記録されます。

    \\Production\dfs\Virtual Applications\App ソースの共有への接続に失敗しました: エラー 0x80070520
    偽装が戻されます。
    仮想アプリケーション 1 のエンティティの状態を失敗に設定します。
    仮想アプリケーション 1 ジョブ エンティティの状態を失敗に設定します。
    Microsoft.ConfigurationManagement.Migration.MigrationException: \\production\dfs\Virtual Applications\App ソースの共有に接続できませんでした: エラー 0x80070520

    注: <b>この問題が発生した場合 CU2 用 Microsoft システム センター 2012年構成マネージャーの SP1 をインストールした後に接続マネージャーをソース階層に接続する方法を変更する必要があります。具体的には、先の階層のトップレベルのサイトのコンピューター アカウントを使用する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 構成マネージャー管理コンソールで、[管理/概要/移行/ソースの階層構造のノードに移動します。
    2. ソース階層を選択し、リボンの [構成] をクリックします。
    3. SMS プロバイダーと、サイトのデータベース接続に対して、コンピューター アカウントを選択します。
  • CertificateIssuers 文字列内の英数字以外の文字に動作しないサイトの割り当てを原因します。 環境では、システム センター 2012年構成マネージャーのサイト。

オペレーティング システムの展開

  • ダウンロードは、Windows PE ではなく、完全なオペレーティング システムで実行したときに、タスク シーケンスがマルチキャストのみのフラグを無視してください。
  • 複数インストール アプリケーション] の手順を実行しているタスク シーケンスが失敗します。詳細については、次の文書番号をクリックし、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    2837395 システム センター 2012年構成マネージャーの SP1 では、「アプリケーションのインストール] タスク シーケンスが失敗します。
  • タスク シーケンスの問題に関する詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    2838585 FIX システム センターの構成マネージャー 2012 SP1 でのカスタムのポート設定を使用すると、オペレーティング システムをインストールするタスク シーケンスを実行しません。
  • クライアントがカスタム ポートは、サイト サーバーを定義するときに、新しいオペレーティング システム イメージをダウンロードできません。SMSTS.log ファイルには、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    WinHttpQueryHeaders() の返すステータス コード 404 (見つかりません)
    SendWinHttpRequest が失敗しました。80190194。
    ダウンロードファイルに失敗しました。80190194。
    Http://siteserver.contonso.com:80/SMS_DP_SMSPKG$/CAS0000A/sccm?/install_ipremote.cmd から C:\_SMSTaskSequence\Packages\CAS0000A\install_ipremote.cmd へのファイルのダウンロード エラー
    DownloadFiles が失敗しました。80190194。


  • 累積的な更新 2 Windows PE 3.1 ベース イメージの展開の限定的なサポートを提供します。サイト サーバーを追加する前にこれらのイメージを完了する必要があります。それ以降の変更が必要な場合は、展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使用することができます。古いイメージが配布ポイントを更新する必要があります。

    次のオプション コンポーネントをあらかじめインストールする必要。
    • WinPE Scripting.cab
    • WinPE WMI.cab
    • WinPE の WDS-TOOLS.cab
    次の操作はサポートされていません。
    • インストールする追加のオプションのコンポーネントの構成マネージャーを使用
    • ドライバーを追加します。
    • スクラッチ領域の設定
    • Prestart コマンド プロンプトの構成
    • 背景画像ファイルを構成します。
    • 有効にして、コマンド プロンプト (デバッグ モード) のサポートを無効にします。

資産インテリジェンス

  • 「使用頻度の低いソフトウェアがインストールされてソフトウェア 09B - コンピューター」レポートでは、Windows インストーラー ベースのアプリケーションで更新される正確なデータは含まれません。

モバイル デバイスの管理

  • Windows Mobile 6.5 のデバイス 2012 Service Pack 1 の構成マネージャーをサイト サーバーの構成マネージャー 2012年のリリース バージョンからアップグレードした後で、なったアプリケーション ポリシーが表示されます。

ソフトウェアの配布

  • パッケージのコンテンツの状態がでスタックしている、"実行中の内容を待機」状態 システム センター 2012年構成マネージャー sp1。
  • 構成マネージャー 2012 構成マネージャー 2007年セカンダリ サイトの配布ポイントが更新されると、パッケージのコンテンツの状態が [不明] と表示されます。

    注: <b>この問題は累積的な更新プログラム 2 をインストールした後、移行したパッケージが発生しません。この問題は、累積的な更新プログラム 2 をインストールする前に移行されているパッケージのみに影響します。これらのパッケージについて、この問題を解決するには配布ポイントの更新ウィザードを再度実行します。
  • プル配布ポイントからのステータス メッセージがサイト サーバーに直接の代わりに、管理ポイントを介してルーティングされるように。これは複数のプル配布ポイントのサイト サーバーのパフォーマンス効果が低下します。

更新されたサポートされている Linux や UNIX のクライアントのリスト

  • UNIX および Linux のサポートされているプラットフォームの一覧は、次の x86 と x64 のバージョンに更新されます。
    • Ubuntu の 12.04
    • Ubuntu の 10.04
    • Oracle の Linux 5
    • Oracle の Linux 6
    • CentOS 5
    • CentOS 6
    • Debian の 5
    • Debian の 6

サイト システム

  • ステータス マネージャーには構成マネージャーのローカライズされたインストールでの組み込みのステータス フィルターの規則の変更は処理されません。STATMGR.log ファイルには、次のようなエントリが記録されます。

    エラー: マスター サイト コントロール ファイルに SMS_STATUS_MANAGER のコンポーネント品目を含まないという「SMS_STATUS_MANAGER」では、ステータス フィルターのリスト項目のプロパティやそのプロパティの一覧が破損しているまたは不適切な形式です。


  • サイトがカスタム web サイト (SMSWEB) に定義されているカスタムのポート、クライアント通知コンポーネント (bgbisapi.msi) のインストールは失敗します。BGBSetup.log は、次のエラー メッセージが表示されます。

    bgbisapi.msi のリターン コードで終了しました: 1603年
    X:\Program ファイル構成 Manager\logs\bgbisapiMSI.log.LastError に X:\Program ファイル構成 Manager\logs\bgbisapiMSI.log のバックアップ
    MSI の致命的なエラー - bgbisapi.msi をインストールできませんでした

    BgbisapiMSI.log には、次のようなエラーも含まれます。

    エラー: sms ポート '0x80020009' を構成できません。
    エラー: ポートの情報を処理できませんでした。
    @ @ ERR: 25011
    製品: BGB http プロキシ - 25011 内部エラーです。80020009
    内部エラー 25011.80020009
    返される実際のエラー コードは 1603年の CustomAction CcmCreateIISVirtualDirectories


  • 「デルタ検出有効にする」オプションが選択されているときに active Directory のユーザーおよびグループ探索の方法可能性がありますグループ関係データを更新できません。
  • インストールするか、セカンダリ サイトを回復しようとするとエラーが表示される既知の post-Cumulative 更新 2 問題の修正プログラムを入手するには、[次の文書番号、資料、マイクロソフト サポート技術情報」でに移動するをクリックします。
    2867422 インストールまたはシステムのセンター 2012年構成マネージャーでセカンダリ サイトを回復しようとするときに、FIX エラー

構成マネージャーの SDK

  • CPApplet.CPAppletMgr のオートメーションオブジェクトは、構成マネージャー互換性 Shim (32BitCompat.msi) がインストールされている 64 ビット オペレーティング システムで、このオブジェクトを使用すると、エラー 0x80040154 を返します。

クライアント

セットアップ ラッパーの累積的な更新プログラム (インストーラー)

  • インストーラーを作成するか、展開支援項目 (パッケージとプログラム) を再作成するのには、同じサイト サーバーの再度今すぐ実行できます。
  • インストーラーは、サイト サーバー上またはコンソールがインストールされているワークステーション、インストーラーの実行時に管理者コンソールを直接更新できます。インストーラーの以前のバージョンのみ、ファイル ・ システムを管理コンソールの更新プログラム (.msp) をコピーし、コンソールの更新プログラムを個別にインストールする必要があります。更新プログラムを手動でインストールするのには、前のインストール方法は、まだサポートされています。
  • インストール エラーのトラブルシューティングまたは進捗状況を追跡するための詳細を向上させる、ログ形式が向上します。

システム センター 2012年構成マネージャーの SP1 用の累積的な更新 2 の入手方法

更新プログラムはマイクロソフトから入手可能です。ただし、この更新プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生したシステムにのみこの更新プログラムを適用します。この更新プログラムは、テストを受ける可能性があります。したがって、深刻なこれらの問題によって影響をしない場合ことをお勧めこの修正プログラムを含む次の service pack まで待つこと。

更新プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、更新プログラムを入手するには、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートに問い合わせてください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定のアップデートの対象にはなりませんが、問題は、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>修正プログラム ダウンロード利用可能」フォームにはこの更新プログラムが利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、更新プログラムはその言語で利用できるではないためです。

この累積的な更新プログラムの詳細について

サイト サーバーにこの累積的な更新プログラムをインストールした後、オペレーティング システムのブート イメージが更新されます。ブート イメージを更新、修正プログラムを適用した後、以下の手順を実行します。
  1. 構成マネージャー コンソールで、ソフトウェア ・ ライブラリをクリックします。
  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、オペレーティング システムを展開し、[ブート イメージ] をクリックします。
  3. 更新するブート イメージを選択します。
  4. 右クリックし、[配布ポイントの更新アクションを選択します。

    注: <b>この操作は、すべての配布ポイントが更新され、多くの配布ポイントが含まれている環境に悪影響を与える可能性があります。
  5. 以前に配布された、すべてのブート イメージを手順 3 と 4 を繰り返します。
ブート イメージを更新するを参照してくださいする方法について説明します。 構成マネージャーでのブート イメージを管理する方法.

必要条件

この更新プログラムを適用するにはシステム センター 2012年構成マネージャー SP1 をインストールが必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムの概要] ページには、次のメッセージが表示されます。

インストールを完了するにはこのウィザードでは、閉じ、コンピューターを再起動します。

このメッセージは、ローカル コンピューターの名前変更の操作を保留中のファイルがあることを示します。これらのメッセージは更新プログラムのインストール前に存在されている可能性があります。さらに、メッセージが SMS_Notification サービスを再起動、更新プロセス時にクライアント要求を処理するため発生した可能性があります。再起動は、この更新プログラムを完全に機能するために必要です。ただし、保留中のファイルの名前変更の操作は、システムの再起動によって解決されるまでに残ります。

注: <b>この更新プログラムをインストールする前に、構成マネージャー管理コンソールと関連するアプリケーションなど、リモート コントロール ビューアーまたはステータス メッセージ ビューアーを終了することをお勧めします。
管理コンソールの更新プログラムが適用されるリモート コントロール ビューアー (CmRCViewer.exe) が、更新処理中に使用されている場合は、コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示可能性があります。
これを回避するに、更新プログラムをインストールする前に、リモート コントロール ビューアーを終了するかを追加して、を再起動インストーラー =パラメーターは、更新プログラムのインストールのプロパティをします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムが置き換えられます。 システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 用の累積的な更新 1.

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンが、ファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表のとおりです。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
システム センター構成マネージャー sp1 で 2012
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
32bitcompat.msi該当なし286,7202013-01-6 月13:00該当なし
Baseobj.dll5.0.7804.13002,178,2242013-01-6 月13:00x64
Basesvr.dll5.0.7804.13004,038,8322013-01-6 月13:00x64
必要な5.0.7804.13001,569,9682013-01-6 月13:00x64
Ccmgencert.dll5.0.7804.1300253,1042013-01-6 月13:00x64
Ccmpdist.dll5.0.7804.1300578,7362013-01-6 月13:00x64
Ccmsetup sup.cab該当なし560,7392013-01-6 月13:00該当なし
Ccmsetup.cab該当なし9,6122013-01-6 月13:00該当なし
Ccmsetup.exe5.0.7804.13001,457,3282013-01-6 月13:00x86
Ccmutillib.dll5.0.7804.1300515,2482013-01-6 月13:00x64
Certmgr.dll5.0.7804.1300200,8802013-01-6 月13:00x64
Cm12-sp1cu2-kb2854009-x 64 の出力該当なし786, 4322013 年 6 月 18 日18:43該当なし
Configmgr2012ac sp1 kb2854009 i386.msp該当なし3,821,5682013-01-6 月13:00該当なし
Configmgr2012ac sp1 kb2854009 x64.msp該当なし5,148,6722013-01-6 月13:00該当なし
Configmgr2012adminui sp1 kb2854009 i386.msp該当なし74,022,91225-月-201302:35該当なし
Ddm.dll5.0.7804.1300312,4962013-01-6 月13:00x64
Distmgr.dll5.0.7804.13001,304,7522013-01-6 月13:00x64
Dmclientsetup_arm.exe5.0.7804.1104282,97624-月-201317:21ARM
Dmclientsetup_x86.exe5.0.7804.1104224,60824-月-201317:21x86
Dmclientxfer.exe5.0.7804.1300288,9442013-01-6 月13:00x86
Dmp.msi該当なし4,698,1122013-01-6 月13:00該当なし
Enroll_arm.exe5.0.7804.1104122,20824-月-201317:21ARM
Enroll_x86.exe5.0.7804.110489,44024-月-201317:21x86
Extractcontent.exe5.0.7804.13002,671,2802013-01-6 月13:00x64
Hman.dll5.0.7804.1300820,9122013-01-6 月13:00x64
Librdc.dll5.0.7804.1300177,8402013-01-6 月13:00x64
Mcs.msi該当なし10,461,1842013-01-6 月13:00該当なし
Microsoft.configurationmanagement.applicationmanagement.macinstaller.dll5.0.7804.130033,9682013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanagement.exchangeconnector.dll5.0.7804.130067,7602013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanagement.migrationmanager.dll5.0.7804.13001,083,0562013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanager.cloudservicesmanager.dll5.0.7804.1300133,8082013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanager.dmpconnector.connector.dll5.0.7804.130061,6162013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanager.dmpconnector.dataupload.dll5.0.7804.130032,4322013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanager.dmpconnector.messagedownload.dll5.0.7804.130029,8722013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanager.dmpconnector.usersync.dll5.0.7804.130041,1362013-01-6 月13:00x86
Microsoft.configurationmanager.replicationconfigurationandmonitoring.dll5.0.7804.1300368,8162013-01-6 月13:00x86
Microsoftpolicyplatformsetup.msi該当なし1,798,1442013-01-6 月13:00該当なし
Mp.msi該当なし10,145,7922013-01-6 月13:00該当なし
Offlineservicingmgr.dll5.0.7804.1300166,5762013-01-6 月13:00x64
Osdcore.dll5.0.7804.13001,049,2642013-01-6 月13:00x64
Osdsetuphook.exe5.0.7804.13002,978,9922013-01-6 月13:00x64
Outgoingcontentmanager.dll5.0.7804.130072,8802013-01-6 月13:00x64
Pkgxfermgr.dll5.0.7804.1300396,4642013-01-6 月13:00x64
Policypv.dll5.0.7804.1300862,8962013-01-6 月13:00x64
Pulldp.msi該当なし6,209,5362013-01-6 月13:00該当なし
Replicationconfiguration.xml該当なし76,1412013-01-6 月13:00該当なし
Rolesetup.exe5.0.7804.1300885,9362013-01-6 月13:00x64
Ruleengine.dll5.0.7804.1300277,6802013-01-6 月13:00x64
Scepinstall.exe4.2.223.024,813,0082013-01-6 月13:00x86
Sitecomp.exe5.0.7804.1300772,7842013-01-6 月13:00x64
Smp.msi該当なし5,488,6402013-01-6 月13:00該当なし
Smsappinstall.exe5.0.7804.1300311,9842013-01-6 月13:00x64
Smsdpmon.exe5.0.7804.13001,987,2482013-01-6 月13:00x64
Smsprov.dll5.0.7804.130011,618,4802013-01-6 月13:00x64
Smspxe.dll5.0.7804.1300607,9202013-01-6 月13:00x64
Softwarelibrary.objectserialization.dll5.0.7804.13001,373,8722013-01-6 月13:00x86
Srsrp.msi該当なし4,956,1602013-01-6 月13:00該当なし
Tscore.dll5.0.7804.13002,795,6962013-01-6 月13:00x64
Tsmessaging.dll5.0.7804.13001,463,9842013-01-6 月13:00x64
Update.sql該当なし242,3162013-01-6 月13:00該当なし
Wsyncmgr.dll5.0.7804.1300165,0402013-01-6 月13:00x64
関連情報
この累積的な更新プログラムをインストールする方法については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。


参照してください。 マイクロソフトではソフトウェアの更新を用語集.

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2854009 - 最終更新日: 05/29/2015 21:08:00 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1
  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2854009 KbMtja
フィードバック
lementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?"> >>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");