現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

005010 x 306 (820) と BizTalk Server 2013年、BizTalk Server 2010 の BizTalk Server 2009年の 005010 x 220 (834) を修正: HIX の EDI トランザクションをサポートします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2882453
概要
Microsoft BizTalk Server 2013 年 Microsoft BizTalk Server 2010 用の修正プログラムをし、2009.This の修正プログラムを Microsoft BizTalk Server 005010 x 306 (820) および 005010 x 220 (834)、健康保険の交換 (HIX) EDI トランザクションのサポートを有効にします。この修正プログラムには、HIPAA 5010 準拠のスキーマ ビルドおよび BizTalk 電子データ交換 (EDI) アプリケーションに展開することにはが含まれています。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題は、BizTalk Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。
詳細
820 トランザクション スキーマの以前のバージョンが、以前の BizTalk Server に付属。したがって、この修正プログラムは、既存のトランザクションの 820 スキーマとして同じ、doctype。820 の新しいと古いトランザクション スキーマは、BizTalk の展開時に共存できません。トランザクション 820 スキーマの両方をしている場合、BizTalk の展開で使用される両方のスキーマを一意に識別し、BizTalk アプリケーションで使用できるように、新しいスキーマの名前空間を変更する必要があります。この場合は、新しいスキーマは、カスタム スキーマとして扱われるが。


状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2882453 - 最終更新日: 04/08/2015 06:30:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft BizTalk Server 2009 Branch, Microsoft BizTalk Server 2009 Developer, Microsoft BizTalk Server 2009 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2009 Standard, Microsoft BizTalk Server Branch 2010, Microsoft BizTalk Server Developer 2010, Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010, Microsoft BizTalk Server Standard 2010, Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbfix kbqfe kbbts kbmt KB2882453 KbMtja
フィードバック