Windows RT 8.1、Windows 8.1、または Windows Server 2012 R2 の共有フォルダーにドキュメントを送信するのに特定のサード パーティ製のデバイスを使用することはできません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2896636
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Windows RT 8.1、Windows 8.1 の場合、または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターには、多機能プリンターなどのサードパーティ製のデバイスを接続します。
  • 1 (SMBv1) のものがファイルを転送するサーバー メッセージ ブロックのバージョンの adeprecated の方言を使用するサードパーティ製のデバイスを構成するとします。
  • コンピューター上の共有フォルダーを作成します。デバイスは、読み取りし、共有フォルダーへの書き込みアクセス。
  • デバイスを使用して共有フォルダーにドキュメントを送信しようとするとします。
このシナリオでは、共有フォルダーにドキュメントを送信できません。したがって、共有フォルダーにファイルは作成されません。
解決方法

更新プログラムの情報

この問題を解決するのに 2887595 の更新プログラム ロールアップをインストールします。この更新プログラムのロールアップ パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2887595 Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 の R2 の更新プログラムのロールアップ: 2013年 11 月

状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラム用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
サードパーティ情報の免責事項

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2896636 - 最終更新日: 09/05/2015 07:49:00 - リビジョン: 7.0

Windows RT 8.1, Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Standard

  • kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2896636 KbMtja
フィードバック