現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

マイクロソフトのユーザー エクスペリエンスの仮想化 2.0 の修正プログラム パッケージ 1

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2927019
概要
Microsoft のユーザー エクスペリエンスの仮想化 2.0 (UE V2.0) の修正プログラム パッケージ 1 について説明します。

<b>それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、セキュリティ修正がすべてに以前の更新プログラム パッケージに含まれていた。最も必要な修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。

この修正プログラム パッケージでは、以下の問題を修正します。

次のような状況を考えます。このシナリオ、アプリケーション起動しますが、データがあります。さらに、次のメッセージが表示されます。

プログラムにコマンドを送信中にエラーが発生しました。
解決方法
この問題を解決するには、このセクションに記載されている修正プログラム パッケージを適用し、コンピューターを再起動します。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトのサポートから使用できます。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

<b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、マイクロソフトのユーザー エクスペリエンスの仮想化 2.0 エージェントがインストールされてが必要です。

再起動に関する情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Uev2.0-agent-kb2927019.exe2.0.319.211,577,4802014-02-2 月20:26x86 と x64

<b>Uev2.0-エージェントの kb2927019.exeファイルには、x86 と x64 の両方のプラットフォームがサポートされています。ツールの制限のためのダウンロード ページ、x64 のみを表示します。 プラットフォームです。
回避策
この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • エラー メッセージを閉じるし、ファイルを再び開きます。関連付けられたアプリケーションが既に開始されているため、ファイルが正常に開きます。
  • DDE が有効なアプリケーションで DDE を無効にします。など以下、Excel でこれらの手順を実行します。
    1. オープンExcel のオプション、] をクリックし、高度な.
    2. で、全般セクションをクリックして選択しますダイナミック データ エクス チェンジ (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視します。チェック ボックスをオンします。
    3. [[Ok].
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2927019 - 最終更新日: 07/03/2016 15:01:00 - リビジョン: 13.0

Microsoft User Experience Virtualization 2.0

  • kbtshoot kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug kbmt KB2927019 KbMtja
フィードバック
/html>