修正: のインストールし、無人の非対話型モードで BizTalk Server を構成することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2954606
現象
インストールし、BizTalk Server をサービス テンプレートの一部として自動的に構成 (たとえば、スタートアップ スクリプト、ポリシー、またはリモートのスクリプトでは、または Virtual Machine Manager (VMM) で)、次のスクリプトを使用してにログオンして、ユーザーがいない状態にしようとすると仮定します。
Configuration.exe /s MyBizTalkConfig.xml /l MyBizTalkConfigLog.txt
この状況でクラッシュが発生して次のエラー メッセージが表示されます。
ログ名: アプリケーション
ソース: Windows エラー報告
日付:日付>時刻>
イベントID:1001
レベル: 情報
コンピューター:ComputerName.domain>
説明:
バケット 94514951244、タイプ 5 を障害します。
イベント名: CLR20r3
応答: 利用できません
Cab Id: 0
問題の署名:
P1: configuration.exe
P2: 3.10.229.0
P3: 50fe360e
P4: 次のコード
P5: 4.0.30319.18408
P6: 52311103
P7: 2 d 77
P8: ee
P9: System.InvalidOperationException
P10。
ログ名: アプリケーション
ソース: アプリケーション エラー
日付:日付>時刻>
イベント ID: 1000
レベル: エラー
コンピューター: ComputerName.domain>
説明:
エラーが発生したアプリケーション名: Configuration.exe、バージョン: 3.10.229.0、タイムスタンプ: 0x50fe360e
エラーが発生したモジュール名: KERNELBASE.dll、バージョン: 6.2.9200.16451、タイムスタンプ: 0x50988950
例外コード: 0xe0434352
障害オフセット: 0x00014b32
エラーが発生したプロセス id: 0x1298
障害が発生してアプリケーションの開始時刻: 0x01cf44a20a602d49
エラーが発生したアプリケーションのパス:ディスク名>: \Program ファイル (x86) \Microsoft BizTalk Server 2013\Configuration.exe
モジュールのパスの障害が発生します。ディスク名>: \Windows\SYSTEM32\KERNELBASE.dll
レポート Id: 5f389614-b095-11e3-940a-00155da23448
エラーが発生したパッケージの完全名。
エラーが発生したパッケージ相対アプリケーション ID:

次のクラッシュ イベントの詳細が表示されます。
<?xml version="1.0" encoding="utf-16"?>
<WatsonInfo xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
<osVersion></osVersion></WatsonInfo>OSVersion>
<AppName>Microsoft® BizTalk® Server 2013</AppName>
<AppVersion>3.10.229.0</AppVersion>
<exceptionString>System.InvalidOperationException: UserInteractive でアプリケーションが実行されていない場合、モーダル ダイアログ ボックスまたはフォームの表示モードは有効な操作です。サービス アプリケーションから通知を表示するのには、ServiceNotification または DefaultDesktopOnly のスタイルを指定します。
System.Windows.Forms.Form.ShowDialog (IWin32Window 所有者) に
System.Windows.Forms.Form.ShowDialog() で
Microsoft.BizTalk.Configuration.Program.RunConfigProgressUIThread() で
System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart_Context (オブジェクトの状態) で
System.Threading.ExecutionContext.RunInternal (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック オブジェクトの状態) で
System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart() で</exceptionString>
<exceptionMessage>UserInteractive でアプリケーションが実行されていない場合、モーダル ダイアログ ボックスまたはフォームの表示モードは有効な操作です。ServiceNotification または DefaultDesktopOnly サービス アプリケーションから通知を表示するスタイルを指定します</exceptionMessage>。
<exceptionStackTrace>System.Windows.Forms.Form.ShowDialog (IWin32Window 所有者) に
System.Windows.Forms.Form.ShowDialog() で
Microsoft.BizTalk.Configuration.Program.RunConfigProgressUIThread() で
System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart_Context (オブジェクトの状態) で
System.Threading.ExecutionContext.RunInternal (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック オブジェクトの状態) で
System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart() で</exceptionStackTrace>
<targetSite>System.Windows.Forms.DialogResult ShowDialog(System.Windows.Forms.IWin32Window)</targetSite>
<HResult>80131509</HResult>

注: (ShowDialog) の進行状況ウィンドウを表示できません。ただし、インストールと構成は成功した同じスクリプトにログオン中のユーザー対話形式で使用するとします。
原因
ユーザーが、サイレントに進行状況ウィンドウを使用して更新ができないために、この問題が発生した (または s) インストールします。場合ないユーザーがコンピューターにログオンするには、更新プログラムは、対話型ユーザー セッションの進行状況ウィンドウを表示するように動作しません。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この修正プログラムを適用すると、無人の Configuration.exe を実行するときに新しいパラメーター /noprogressbarに使用してください。

注: <b>
  • Configuration.exe を持つすべてのパラメーターをチェックするとしますか?
  • BizTalk Server 2013 R2 の/noprogressbarパラメーターが含まれても解放します。
この問題は、BizTalk Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
BizTalk Server のサービス パックと累積的な更新プログラムの一覧については、次を参照してください。 KB 2555976: サービス パックと BizTalk Server の累積的な更新の一覧.

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、次を参照してください。 BizTalk の修正プログラムと累積的な更新プログラムのサポートについては KB 2003907。.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2954606 - 最終更新日: 03/14/2016 10:50:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2954606 KbMtja
フィードバック