SQL Server 2014 RESOURCE_SEMAPHORE_QUERY_COMPILE になるまでの大規模なクエリのコンパイル

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3024815
現象

2014 の Microsoft SQL Server で同時に複数の大きいクエリを実行しようとするRESOURCE_SEMAPHORE_QUERY_COMPILEのいくつかのクエリが待機します。コンパイルする ( DBCC MEMORYSTATUSコマンドの出力で提供される) のように大きなゲートウェイのしきい値より多くのメモリを必要とする 1 つのクエリ サーバーに十分なメモリが使用できる場合でも続行できます。

これは正常な動作です。ただし、データ ウェアハウスなどの大規模なバッチ システムでは多くのクエリの同時実行でのパフォーマンス ダウン グレードこれでした。

解決方法
累積的な更新プログラムの情報
問題最初に SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されました。

に関する推奨事項: 最新バージョンの累積的な更新を SQL Server のインストールします。
ごと新しいの累積的な更新 SQL Server にはのすべての修正プログラムが含まれていて、以前の累積的な更新プログラムとセキュリティ修正がすべて付属します。ダウンロードして SQL Server の最新の累積的な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。
この修正プログラムにより、新しいトレース フラグ T 6498。このトレース フラグは 1 つ以上の大きなクエリ コンパイルが十分なメモリがある場合、ビッグのゲートウェイにアクセスできます。あたり 25 gb) のメモリの 1 つの大きなクエリ コンパイルの対象メモリを SQL Server、80 の割合に基づいています.64 GB メモリをターゲット コンピューターに 2 つの大きなクエリのコンパイルに使用できます。

トレースを有効にこの修正プログラムを適用した後がある T 6498 新しい動作を有効にするフラグを設定します。

DBCC TRACEONコマンドを使用してトレース フラグを有効にした場合は、トレース フラグを有効に、サーバーを再起動する必要はありません。新しい大きなゲートウェイ構成を適用する 10 秒をかかることがあります。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。
詳細

原因

SQL Server は、スロットルをコンパイルするコンパイルのゲートウェイを使用します。ゲートウェイ アーキテクチャは SQL Server の管理下にある着信するクエリのコンパイルのメモリ使用量を維持するための手段です。ゲートウェイの 3 つがある: 小、中、大。

DBCC MEMORYSTATUSコマンドを使用してメモリの使用状況を監視する方法の詳細についてを参照してください。 KB 907877。 DBCC MEMORYSTATUS コマンドを使用して SQL Server 2005 のメモリ使用率を監視する方法.
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3024815 - 最終更新日: 06/24/2015 06:59:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3024815 KbMtja
フィードバック