現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP でファイルを共有するのには、簡易ファイルの共有機能を使用する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP304040
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:304040

Windows 用のセキュリティ更新プログラムを受信し続けるためには、Windows XP Service Pack 3 (SP3) が適用されていることを確認してください。詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください。いくつかのバージョンの Windows のサポートを終了します。

概要
Windows XP では、他のコンピューター上のユーザーとは、ネットワーク上の他のユーザーのファイルやドキュメントを共有することができます。簡易ファイルの共有と新しい共有ドキュメント機能は、新しいユーザー インターフェイス (UI) があります。この資料では、新しいファイルの共有の UI と、次のトピックについて説明します。
はじめに
Windows XP ベースのコンピューターでは、ローカルとリモートの両方のユーザー間でファイルを共有できます。ローカル ユーザーは、直接を介して自分のアカウントまたは Guest アカウントでコンピューターにログオンします。リモート ユーザーはネットワーク上のコンピューターへの接続し、コンピューター上の共有ファイルにアクセスします。

フォルダーのプロパティを表示すると、簡易ファイルの共有の UI にアクセスできます。単純なファイル共有の UI を共有と NTFS ファイル システムのアクセス許可の両方をフォルダー レベルで構成できます。これらのアクセス許可をフォルダーにすべてのファイル、フォルダー、サブフォルダー、およびサブフォルダー内のすべてのファイルに適用されます。ファイルやフォルダーの作成またはフォルダーにコピーは、親フォルダーに対して定義されているアクセス許可を継承します。この記事は、アクセス許可のレベルに応じて、ファイルへのアクセスを構成する方法について説明します。この資料が含まれているアクセス許可レベルに関する情報は、オペレーティング システム ファイルやヘルプ ファイルには記載されていません。
詳細
Windows XP のファイル共有に、5 つのレベルのアクセス許可を構成できます。レベル 1、2、4、および 5 は、簡易ファイルの共有の UI を使用して構成できます。これを行うには、フォルダーを右クリックしをクリックしてください [共有とセキュリティ 簡易ファイルの共有の UI を表示するのには。レベル 3 に構成するのには、ファイルまたはフォルダー「マイ コンピューターします。」下の"共有ドキュメント"フォルダーにコピー電源を入れますまたは簡易ファイルの共有を無効にする場合は、この構成は変更されません。レベル 1 レベル 5 は、一般的ですが、最もプライベートで安全な設定をし、最も少なく (セキュリティで保護されない) の設定です。

オンにして、簡易ファイルの共有を無効にすること

メモ Windows XP Home Edition ベースのコンピューターは、簡易ファイル共有が有効に常にあります。

既定では、簡易ファイルの共有の UI は、ワークグループに参加している Windows XP Professional ベースのコンピューターで有効です。Windows XP Professional ベースのコンピューター上で、ドメインに参加して、従来のファイル共有およびセキュリティ インターフェイスのみを使用します。簡易ファイルの共有 (つまり、フォルダーのプロパティの UI を使用すると、共有およびファイルの両方のアクセス許可を構成します。

簡易ファイルの共有を無効にすると、個々 のユーザーにアクセス許可の詳細に制御があります。ただし、フォルダーやファイルのセキュリティを強化するのには、NTFS および共有のアクセス許可の詳細がする必要があります。簡易ファイルの共有を無効にすると、共有ドキュメント機能オフになっていません。

Windows XP Professional で [簡易ファイルの共有をオンまたはオフ有効にするのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートは、デスクトップの [マイ コンピューター ] をクリックします。
  2. [ツール] メニューのフォルダー オプションをクリックします。
  3. [表示] タブをクリックし、[ (推奨) 簡易ファイルの共有を使用します。 簡易ファイルの共有を有効にするチェック ボックスします。(この機能を無効にするのには、このチェック ボックスをオフにします。)

共有およびファイルへのアクセス レベルを管理します。

5 つのレベルの共有およびファイルへのアクセスを構成するのには、簡易ファイルの共有を使用できます。
  • レベル 1:マイ ドキュメント (プライベート)
  • レベル 2:マイ ドキュメント (デフォルト)
  • レベル 3:共有ドキュメントのローカルのユーザーに利用可能なファイル
  • レベル 4:共有ネットワーク上のファイル (読み取り誰でも可能)
  • レベル 5:共有ネットワーク上のファイル (設定の参照と全員が書き込み可能です)
注:
  • 既定では、「マイ ドキュメント」に保存されているファイル レベル 2 が適用されます。
  • レベル 1、2、および 3 のフォルダーは、ローカルでログオンしているユーザーにのみ使用できます。ローカルでログオンするユーザーには、Windows XP Professional ベースのコンピューターにリモート デスクトップ (RDP) セッションからのログオンするユーザーが含まれます。
  • レベル 4 および 5 のフォルダーは、ネットワークから、ローカルでログオンしたユーザーおよびリモート ユーザーに使用できます。
次の表に、アクセス許可について説明します。
アクセス レベルEveryone (NTFS/ファイル)所有者システム管理者すべてのユーザー (共有)
レベル 1利用できません。フル コントロールフル コントロール利用できません。利用できません。
レベル 2利用できません。フル コントロールフル コントロールフル コントロール利用できません。
レベル 3読みフル コントロールフル コントロールフル コントロール利用できません。
レベル 4読みフル コントロールフル コントロールフル コントロール読み
レベル 5変更フル コントロールフル コントロールフル コントロールフル コントロール

レベル 1: マイ ドキュメント (プライベート)

ファイルまたはフォルダーの所有者を読んだし、ファイルまたはフォルダーへの書き込みアクセス許可。その他のユーザー可能性があります読み取りまたは、フォルダーまたはフォルダー内のファイルへの書き込み。親フォルダーのアクセス許可を変更しない限り、プライベートとしてマークされているフォルダーに含まれるすべてのサブフォルダーはプライベート残っています。

コンピューターの管理者であるユーザー アカウントのコントロール パネルのツールを使用してユーザーのパスワードのアカウントを作成するは、ファイルとフォルダーをプライベートにします。

メモ フォルダーをプライベート (レベル 1) にするのにはマイ ドキュメント フォルダー内のユーザー アカウントにのみ使用可能です。


フォルダーとすべてのファイルをレベル 1 に設定するのには、次の手順を実行します。
  1. フォルダーを右クリックしをクリックしてください [共有とセキュリティ.
  2. 詳細 このフォルダーをプライベートにします。 チェック ボックスをオンし、[ OK] をクリックします。
ローカルの NTFS アクセス許可:
  • 所有者: フル コントロール
  • システム: フル コントロール
ネットワーク共有のアクセス許可。
  • 共有しません。

レベル 2: マイ ドキュメント (デフォルト)

所有者、ファイルまたはフォルダー、およびローカルのコンピューター管理者が読み書き権限、ファイルまたはフォルダーを。その他のユーザー可能性があります読み取りまたは、フォルダーまたはフォルダー内のファイルへの書き込み。これは、すべてのフォルダーと各ユーザーのマイ ドキュメント フォルダー内のファイルの既定の設定です。


フォルダーとすべてのファイルをレベル 2 に設定するのには、次の手順を実行します。
  1. フォルダーを右クリックしをクリックしてください [共有とセキュリティ.
  2. 確認してください両方の このフォルダーをプライベートにします。 と、 ネットワーク上でこのフォルダーを共有します。 チェック ボックスがオフになっているし、[ OK] をクリックします。
ローカルの NTFS アクセス許可:
  • 所有者: フル コントロール
  • 管理者: フル コントロール
  • システム: フル コントロール
ネットワーク共有のアクセス許可。
  • 共有しません。

レベル 3: ファイル共有ドキュメントのローカル ユーザーが使用できます。

ファイルは、ローカルでコンピューターにログオンするユーザーと共有されます。ローカル コンピューターの管理者は読み取り、書き込み、および共有ドキュメント フォルダー内のファイルを削除することができます。制限ユーザーは、共有ドキュメント フォルダー内のファイルのみ読み取ることができます。Windows XP Professional では、パワー ユーザー可能性がありますも読み取り、書き込み、または [共有ドキュメント] フォルダー内のファイルを削除します。Power Users グループは、Windows XP Professional でのみ利用可能です。リモート ユーザーは、ファイルやフォルダーのレベル 3 にアクセスできません。リモート ユーザーのファイルへのアクセスを許可するのは、ネットワークで (レベル 4 または 5) を共有する必要があります。

ファイルまたはフォルダー、およびすべてのファイルをレベル 3 に構成するのには、Microsoft Windows エクスプ ローラーを起動してコピーまたはファイルまたはフォルダーを [マイ コンピューター] の下の [共有ドキュメント] フォルダーに移動します。


ローカルの NTFS アクセス許可:
  • 所有者: フル コントロール
  • 管理者: フル コントロール
  • ユーザーの電源: 変更
  • 制限ユーザー: 読み取り
  • システム: フル コントロール
ネットワーク共有のアクセス許可。
  • 共有しません。

レベル 4: (読み取り専用) は、ネットワーク上の共有

すべてのユーザーがネットワーク経由で読み取るにはファイルが共有されます。Guest アカウントを含むすべてのローカル ユーザーはファイルを読み取ることができます。しかし、内容を変更することはできません。すべてのユーザーは読み取りし、ファイルを変更できます。

フォルダーとすべてのファイルをレベル 4 に設定するのには、次の手順を実行します。
  1. フォルダーを右クリックし、[共有とセキュリティ] をクリックします。
  2. オンにし、 ネットワーク上でこのフォルダーを共有します。 チェック ボックスをオフにします。 [ネットワーク ユーザーによるファイルの変更を許可します。 チェック ボックスをオンし、[ OK] をクリックします。
ローカルの NTFS アクセス許可:
  • 所有者: フル コントロール
  • 管理者: フル コントロール
  • システム: フル コントロール
  • すべてのユーザー: 読み取り
ネットワーク共有のアクセス許可。
  • すべてのユーザー: 読み取り

レベル 5: (読み書き)、ネットワーク上の共有

このレベルは、最も利用可能な最もセキュリティの低いアクセス レベルです。すべてのユーザー (ローカルまたはリモート) によって、読み取り、書き込み、変更、またはこのアクセス レベルでは共有フォルダー内のファイルを削除をすることができます。このレベルは、ファイアウォールの設定を持つ、閉じたネットワーク以外で使用することをお勧めします。Guest アカウントを含むすべてのローカル ユーザーも読み取りし、ファイルを変更します。

フォルダーとすべてのファイルをレベル 5 に設定するのには、次の手順を実行します。
  1. フォルダーを右クリックしをクリックしてください [共有とセキュリティ。
  2. オンにし、 ネットワーク上でこのフォルダーを共有します。 チェック ボックスで選択しますが [ネットワーク ユーザーによるファイルの変更を許可します。 チェック ボックスをオンし、[ OK] をクリックします。
ローカルの NTFS アクセス許可:
  • 所有者: フル コントロール
  • 管理者: フル コントロール
  • システム: フル コントロール
  • Everyone: 変更
ネットワーク共有のアクセス許可。
  • Everyone: フル コントロール
メモ すべての人を参照してくださいすべての NTFS アクセス許可には Guest アカウントが含まれます。


この資料で説明するすべてのレベルでは、相互に排他的です。プライベートでなくなる場合を除き (レベル 1) のプライベート フォルダーを共有できません。共有まで (レベル 4 および 5) の共有フォルダーをプライベートにすることはできません。

(レベル 3) の [共有ドキュメント] フォルダー内のフォルダーを作成はネットワーク上で共有して、(レベル 5) ファイルを変更するのには、ネットワーク ユーザーを許可する場合は、レベル 5 のアクセス許可は、フォルダー、フォルダー、およびサブフォルダー内のファイルに対して有効になります。その他のファイルとフォルダー内の共有ドキュメント フォルダー レベル 3 に設定されたままです。

メモ 唯一の例外は、フォルダー (がそれぞれ) レベル 4 の内のフォルダー (共有されてとき) レベル 5 で共有されます。リモート ユーザーは各共有フォルダーに適切なアクセス許可があります。ローカル ログオンのユーザーが書き込み可能な (レベル 5) のアクセス許可をその親 (があります。とき) と子 (それぞれ) のフォルダー。

メモ 快適で表示され、このセクションの情報がない場合は、問い合わせまたはサポートにお問い合わせください。サポートへの問い合わせ方法については、マイクロソフト ヘルプとサポート センターの連絡先情報の Web サイトを参照してください。

ガイドライン

他のコンピューター上のリモート ユーザーがアクセスする必要があります、ネットワーク上のフォルダーのみを共有することをお勧めします。システム ドライブのルートを共有することをお勧めします。これを行うと、コンピューターは悪意のあるリモート ユーザーからの攻撃を受けやすいです。を 共有 タブのドライブ プロパティ ルート フォルダー (たとえば、C:\) を共有しようとするとダイアログ ボックスに警告が含まれています。続行するのには、クリックする必要があります、 リスクを認識したドライブのルートを共有するには場合は、ここをクリックします。 リンクします。コンピューターの管理者は、ドライブのルートを共有できます。

レベル 4 またはレベル 5 で共有、CD-ROM などの読み取り専用デバイス上のファイルは、CD-ROM が CD ドライブにある場合にのみ使用可能です。CD-ROM を CD ドライブに入っている場合は、ネットワーク上のすべてのユーザーに利用可能です。

次の条件のいずれかに該当する場合、ファイルのアクセス許可が親フォルダーから異なる場合があります。
  • フォルダーからフォルダーにアクセス許可が異なるが同じドライブにファイルを移動するのには、コマンド プロンプトでmoveコマンドを使用します。
  • スクリプトを使用して、フォルダーからフォルダーにアクセス許可が異なるが同じドライブにファイルを移動します。
  • コマンド プロンプト、またはファイルのアクセス許可を変更するのには、スクリプトで Cacls.exe を実行します。
  • Windows XP をインストールする前にファイルをハード ディスク上に存在します。
  • 簡易ファイルの共有を Windows XP Professional でオフになったときに、ファイルのアクセス許可を変更します。
メモ NTFS のアクセス許可がオンになっている簡易ファイル共有 Windows エクスプ ローラーを使用するとファイルの移動操作では維持されません。

オンにし、簡易ファイルの共有を無効にする場合は、ファイルのアクセス許可は変更されません。インターフェイスでのアクセス許可を変更しない限り、NTFS および共有アクセス許可は変更されません。簡易ファイル共有が有効で、アクセス許可を設定すると、簡易ファイルの共有に使用されるファイルのアクセス制御エントリ (Ace) のみが影響を受けます。随意アクセス制御リスト (DACL) のファイルまたはフォルダーの以下の Ace は簡易ファイルの共有インターフェイスによって影響を受けます。
  • 所有者
  • 管理者
  • すべてのユーザー
  • システム

Windows XP のファイル共有を構成するためのトラブルシューティングの詳細

メモ ここは上級レベルのコンピューター ユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、問い合わせまたはサポートにお問い合わせください。サポートへの問い合わせ方法については、マイクロソフト ヘルプとサポート センターの連絡先情報の Web サイトを参照してください。

正常なアップグレードの動作

Windows 2000 Professional ベースまたは Windows NT 4.0 ベースのコンピューター、ドメイン、または Windows XP Professional にアップグレードするワークグループに参加しているそれぞれのドメインまたはワークグループのメンバーシップを管理し、従来のファイル共有があるし、セキュリティ UI オンにします。NTFS および共有アクセス許可は、アップグレードでは変更されません。

Microsoft Windows 98、Windows 98 Second Edition、または Windows Millennium Edition [1] は、共有アクセス許可を Windows XP が実行されているコンピューターをアップグレードする場合は既定では、簡易ファイルの共有は常に有効です。パスワードが設定されている共有は削除され、パスワードなしの共有はアップグレード後は共有されたまま.

アップグレード コンピューターが共有レベルのアクセスがある場合は、Windows 98、Windows 98 Second Edition、または Windows Millennium Edition に Windows XP Professional を実行しているコンピューターとそのコンピューターがドメインにログオンが有効で、セットアップ プログラムの実行中にドメインに参加する場合は、簡易ファイル共有がオフで、コンピューターを起動します。
既定では、簡易ファイル共有が有効で、Windows 98、Windows 98 Second Edition、または Windows Millennium Edition ベースのコンピューター上で Windows XP Home をアップグレードするがあります。

既知の問題

(レベル 4 および 5)、ネットワークからファイルにアクセスするリモート ユーザーは、リモート ユーザーが接続するネットワーク インターフェイスのインターネット接続ファイアウォール (ICF) を無効にします。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
298804インターネット ファイアウォール参照やファイルの共有
簡易ファイルの共有を有効にすると、リモート管理およびリモート レジストリ編集が機能しなく、リモート コンピューターから期待どおりに、すべてのリモート ユーザーが Guest として認証するため、管理共有 (c$ など) への接続は機能しません。Guest アカウントは、管理者権限は必要はありません。特定のユーザーの Ace を設定する場合は、簡易ファイルの共有を有効にすると、簡易ファイルの共有を有効にするとすべてのリモート ユーザーが Guest として認証するため単純なファイル共有を有効にするとリモート ユーザーに反映されません。

リモート ユーザーは、「アクセス拒否」のメッセージを正常にする前に接続した共有が表示されます。この現象は、ハード_ディスクを NTFS に変換した後に発生します。この問題を Windows XP ベースのコンピューターで簡易ファイルの共有は、Windows 98、Windows 98 Second Edition、または Windows Me からアップグレードした電源があることが発生します。この現象は、ハード_ディスクを NTFS に変換するの既定のアクセス許可は、Everyone グループが含まれないために発生します。Everyone グループは、ゲスト アカウントのアクセス許可のリセットは、共有を中止するのには、ファイルにアクセスするを使用して、影響を受けるフォルダーを共有するリモート ユーザーに必要です。

簡易ファイルの共有を有効にすると、影響を受ける動作

  • [簡易ファイルの共有 UI プロパティはフォルダーの共有とファイルの両方のアクセス許可を構成します。
  • リモート ユーザーは常に Guest アカウントとして認証します。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    302927[コンピューターの管理にゲストとしてログオンするときのユーザー アカウント名が表示されます。
  • Windows エクスプ ローラーに移動されたファイルのアクセス許可、同じ NTFS ドライブでは保持されません。アクセス許可は、常に、親フォルダーから継承されます。
  • Windows XP Professional ベースのコンピューターで簡易ファイルの共有を有効にし、Windows XP Home Edition ベースのコンピューターは、共有フォルダー (Fsmgmt.msc) およびコンピューターの管理 (Compmgmt.msc) ツールは、単純な共有とセキュリティ UI に反映します。
  • [共有] アイコンを右クリックすると、[コンピューターの管理および共有フォルダー コンソールで、新しいファイルの共有] コマンドがないです。一覧表示された共有を右クリックし場合は、プロパティおよび共有の停止コマンドは利用できません。

簡易ファイルの共有をオンにすると発生しない動作

  • Windows XP Home Edition で、[コンピューターの管理スナップインが表示されない、 ローカル ユーザーとグループ ノード。[ローカル ユーザーとグループ スナップインはカスタム スナップインに追加できません。この現象は、Windows XP Home Edition の制限事項です。簡易ファイルの共有では発生しないします。
  • Guest アカウントには、ユーザー アカウントのコントロール パネルを無効にする場合は、ローカル ログオンを許可するには、ゲストの能力だけが影響を受けます。アカウントが無効になっていません。
  • 空白のパスワードを持つアカウントを使用して、リモート ユーザーを認証することはできません。認証とは別に構成されています。
  • Windows XP Home Edition をドメインに参加することはできません。ワークグループのメンバーとしてのみ構成できます。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    303606Guest アカウントを使用して、Windows 2000 からアップグレードした後パスワードなしをログオンすることができます。
関連情報
Windows Vista で共有ファイルを構成する方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:304040 - 最終更新日: 06/28/2013 06:12:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbresolve kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbpubtypekc kbnetwork kbhowto kbarttypeshowme kbenv kbcip kbmt KB304040 KbMtja
フィードバック