Windows Server 2008 R2 SP1 以降のバージョンの Windows で動作する WinVerifyTrust 関数を有効にするための SIP 用更新プログラム

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3054205
この更新プログラムについて
サブジェクト インターフェイス パッケージ (Sip) は、特定のファイルの種類のデジタル署名を読み取るために必要があります。Sip を有効にするこの更新プログラムをインストールした後、WinVerifyTrust 関数Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) サーバー上で Windows の新しいバージョンを処理します。Sip では、読み取り、それ以降のバージョンの Windows でアップグレードを使用できる新しいファイルの適当に下位レベルの WSUS 環境も有効にします。
この更新プログラムの入手方法
重要: この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、 言語パックを Windows に追加します。.

方法 1: Windows Update

この更新プログラムが提供されている Windows Update 上の重要更新プログラムです。Windows Update を実行する方法の詳細については、次を参照してください。Windows Update から更新プログラムを取得する方法.

方法 2: マイクロソフト ダウンロード センター

次のファイルはマイクロソフト ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2ダウンロードダウンロード パッケージ
サポートされているすべての IA 64 ベース バージョン のWindows Server 2008 R2ダウンロードダウンロード パッケージ
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールする必要があります。 Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 (SP1).

レジストリ情報

この更新プログラムをインストールするには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンは、次の表に記載されている属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2008 R2 のファイル情報とメモ

  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は、次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別できるとします。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.1.760 1.18xxxWindows Server 2008 R2 SP1GDR
    6.1.760 1.23xxxWindows Server 2008 R2 SP1LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされているそれぞれの環境には、します。 別に一覧表示 。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Esdsip.dll6.1.7601.1883018,4322015 年 4 月-14-03:27x64
Esdsip.dll6.1.7601.2303518,4322015 年 4 月-15-03:25x64
Esdsip.dll6.1.7601.1883019,4562015 年 4 月-14-03:05x86
Esdsip.dll6.1.7601.2303521,5042015 年 4 月-15-03:11x86
サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Esdsip.dll6.1.7601.1883046,5922015 年 4 月-14-02:22IA-64
Esdsip.dll6.1.7601.2303546,5922015 年 4 月-15-02:21IA-64
Esdsip.dll6.1.7601.1883019,4562015 年 4 月-14-03:05x86
Esdsip.dll6.1.7601.2303521,5042015 年 4 月-15-03:11x86

追加ファイル情報

Windows Server 2008 R2 の追加のファイル情報
サポートされている全ての x 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の追加ファイル
ファイルのプロパティValue
ファイル名Amd64_d6f329c686ec0a4de02e092a076440cc_31bf3856ad364e35_6.1.7601.18830_none_e4abce0c5bb99109.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,036
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)18:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_e313cf3d50867b60371d23fce35e4a6d_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23035_none_d3c1463de7c41a3b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,036
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)18:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.18830_none_2267d05af252cb41.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,006
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)04:06
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23035_none_22f646ba0b6c1d00.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,006
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)04:44
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.18830_none_c64934d739f55a0b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,004
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)03:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23035_none_c6d7ab36530eabca.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,004
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)04:29
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース) の追加ファイル
ファイルのプロパティValue
ファイル名Ia64_145f526e9414afadd441fe3ca5de7a2c_31bf3856ad364e35_6.1.7601.18830_none_84e49fa4cd09d1c8.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,034
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)18:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_32543ee5a5614d58dcd5e0dc745095ee_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23035_none_a2fdb9739014e67b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,034
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)18:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.18830_none_c64ad8cd39f36307.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,005
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)03:22
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23035_none_c6d94f2c530cb4c6.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,005
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)03:41
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.18830_none_c64934d739f55a0b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,004
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)03:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-esdsip_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23035_none_c6d7ab36530eabca.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ5,004
日付 (UTC)2015 年 4 月-15-
時刻 (UTC)04:29
プラットフォーム該当なし
状況
マイクロソフトでは、この問題を対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3054205 - 最終更新日: 06/11/2016 20:13:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

  • kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB3054205 KbMtja
フィードバック